俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

エレベーターの乗り方を知らなかった長女の話。

1年前。当時10歳だった長女に1人で近所の眼科に行ってもらったことがあるんですけど。

その眼科はビルの3階にあるのですが、後で聞いたら長女はエレベーターを使わず、非常階段を使って3階まで行ったと言うんです。


非常階段ってのも防犯上ちょっと怖いなって思ったので、なぜエレベーターを使わなかったのか長女に聞きました。

 

******


私「どうしてエレベーターを使わなかったの?」

長「だってエレベーターが3階にあったから」

私「3階にあるから▽のボタンを押してエレベーターを降ろして乗るんでしょ?」

長「それは知ってるけど」

私「え?」

長「え?」

私「じゃあなんで▽ボタンを押さなかったの?」

長「だって3階の人が使ってるから3階にあるんでしょ? わたしが▽ボタンを押したらエレベーターが下にきちゃって3階の人が困ると思って」

私「え?」

長「え?」


******

 

優しさなのか何なのか。

もともと長女はこういうおっとりしたところはあるんですけど、たぶんエレベーターというものをよく分かってなかったんだと思うんですね。

なぜなら我が家が原則エレベーターを使わないから。

エレベーターって本当に使いたい人たちが使えてんのかなって思うんですね。お年寄りや妊婦の方、体の不自由な方や体調が優れない方、小さなお子さんを連れている方など。


難しいこと考えずに単純に言ってしまえば、若い人や健康な人はエスカレーターや階段を使えばいいのにね。そうすれば本来エレベーターを必要としている方たちがもっとスムーズにエレベーターに乗れるんだから。


昔はわたしも普通にエレベーターを使っていましたけど、次女(8)がベビーカーを必要としなくなったことを境に乗らなくなりましたね。


自分がベビーカーを押す立場になって初めて実感しまくったんですよね。ベビーカーを押している時にエレベーターに乗れないもどかしさを。

待っていたエレベーターの扉が開いた瞬間、ギュウギュウ詰めで乗れずに何度もやり過ごしたことが何度もありました。


『ベビーカーを押している我、是なり』なんて思ってなかったと思いますけど、それでも「この中の半分くらい別にエレベーターじゃなくてもいい人たちなんじゃねえの?」って自分勝手には思いましたね。


だからその時、わたしは今後、本当に必要な時以外はエレベーターに乗るのをやめようと決めたんです。


段差をなくす物理的なバリアフリーも大切ですが、こういう個人的なやり方でもバリアフリーになれば少しは意味があるのかと。

2018年 バレンタインデーのチョコ収穫数発表。

 

 

ゼロだよーん。


ゼロですゼロ。

ナニ? 違う言い方をして欲しい? しからば『れい(零)』。

ところで何でカウントダウンする時って『さん、にぃ、いち、ゼロ!!』なんだろう? ゼロって英語じゃないの? そこは正しくは『さん、にい、いち、れい!!』じゃないのかな? 『ゼロ!!』って。何かカッコつけてっけど『ゼロッ!!』って。もっと言えば『ズエロッ!!』。ヤダ先輩エッロ。

ホントの話では『零=取るに足らないほど小さい』らしく、ほんの少しは有るって意味みたい。

 

話を戻しますとね。今年も安定して誰からももらえませんでしたよ(家族・親族を除く)。

去年に唯一もらえた保険のおばさんからも貰えませんでした。つーかそもそも回ジャニ来てないしね。回ジャニっつうのは別にジャニーズの新しいグループじゃないですよ。回復ジャニーズ? 回覧ジャニーズ? 回転? 回遊?回答? もういいですけど『回ジャニ=会社に』です。打ち間違え。

 

正直言ってショックでした。

いや、チョコをもらえなかったことなんぞ何でもないんですけどね。

負け惜しみじゃないですよ。大体わたしは結婚していますから。そもそもが奥さん以外からの本命チョコなんて望まないわけでして。もらっても困っちゃうんですよ。もらえないけど。


じゃあ義理チョコっつっても、バレンタインデーってのはホワイトデーでのお返しが事実上の義務でしょ。そんなね、大して気持ちもこもっていないものに対してお返しをしなければいけないなんて、正直言えば面倒でしかない。

従いまして、既婚者であるわたしにとって、他所様からのバレンタインデーのチョコなど、本命でも義理でもいらないんです。

 

じゃあ何がショックなのかというと、チョコをもらえなかったことを完全に受け入れ始めている自分に、ですな。

なんて言うのか、また一つ男として老いたような気がしてしまって。


前頭部の毛量もだんだんと寂しくなり、残されている髪も徐々に白髪の野郎が幅を利かせるようになり、体の節々にガタが来て、何にもないところで頻繁につまずくし。

最近、とみに自分の老化を実感しておりまして。


最もショックだったのは、わたしが街で見かけるオジサンが、大体において恐らくはわたしと同年代か、それよりも年下の方であるということに気がついたこと。

わたし、自分が誰かを『オジサン』と言う時って、完全に自分が年下の感覚で言ってましたもん。いやお前あの人より『よりオッサンだからな』ってことに気がついてしまったんですよ。


だからね。やっぱりこれからもしがみついていこうと思うわけです。バレンタインデーのチョコに。

「チョコなんていらねえよこの年で」って言うより

「ぐえぇー今年もチョコもらえなかったー」

って足をばたばたさせる気持ち悪いオッサンになろう。

ビッグになろう。

そうだ、京都に行こう。

100均のビニールカッパで防寒対策をしてみましたよ。

自衛隊員の方たちがオススメする最強の防寒対策に、Tシャツなどの上から100均のビニールカッパを着て、その上から上着を着るというやり方があるらしいです。

確かに暖かいだろうけど、通勤やお出かけで実践するにはビニールカッパがワシャワシャして不快だし、ファッション的にもちょっとアレかなって思う。

かと言って、ずーっと屋外で寒さに耐えなければいけない様な状況もわたしにはないわけで。

わたしの日常で使い道はないかなって思ってたんですけど、あったんですよ使い道がごく身近に。

それはなんと屋外ではなくまさかの家の中。

灯台下暗しです。灯台下暗しと大正デモクラシーは似てんなぁ!!

リビングから廊下に出てトイレに行く時、そしてトイレで座って用を足している時、耐え難い寒さです。これはまさにビニールカッパの出番。

 

というわけで買ってきました。

f:id:wp-dandy:20180214071155j:image

DAISOさんで買いました。家の中で着るとは言え、いざ着るとなったら100円の味気ないビニールカッパでは嫌になったので250円のやつを買いました。

f:id:wp-dandy:20180214071213j:image

 

さっそくこれをTシャツの上から着てですね、その上からフリースを羽織って過ごしてみたんですね。

 

結論から言うと、3日くらいで着るのをやめちゃいました。

理由は三つ。

一つ目。効果の実感がないこと。これは家の中だからだと思うんですけど、確かに『寒くはない』ような気はするんですけど、だからといって『暖かい』と実感できるわけでもなかったので。

 

二つ目。しばらく着ていると自分の身体から何かムレたような香りが漂ってくること。

サウナスーツみたいなものですからね。自分では分からないけどどうやら微量の汗をかいているみたいなんです。これが不快でした。

 

三つ目。ビニールカッパを脱いだ瞬間、前述の汗が蒸発する時の気化熱で一気に体温が奪われていくこと。

いったんビニールカッパを脱いだが最後、すぐにでもお布団に入らないと間違いなく風邪を引きます。

 

以上。大して効果が感じられないのに脱いだ時だけ大いに寒いという現象に心の折り合いが付かず、着るのをやめた次第です。あと臭いし。

屋外なら効果が実感できると思うし、非常用としては利用価値があるので、防災リュックの中に突っ込んでおこうかな。

『汚いから洗って』は成長の証なのかな。

スボンという言葉は死語で、パンツやボトムスって言うのが『今』らしいんだけど、そんなこと言われても自分的に違和感なさ過ぎて普通に言っちゃう。

ジーパンはデニムパンツだって言われても、昔からわたしにとっては良いも悪いもなくジーパンはジーパン。いまさら違うと言われても困る。

ジャンパーはブルゾンだって言うけど、わたしの若い頃はむしろブルゾンって言う方がオッサンぽくてカッコ悪かった気がするんだけどな。

そういう今風の言い方をね、知らないわけではないのよ。

ただちょっと恥ずかしくて言えないだけ。若い人は「死語を使ってるオッサン恥ズィー」って思うかもしれないけれど、こっちにしてみたら『ママ』から『お母さん』に呼び方を変えるようで超恥ズィーのです。そこんとこヨロシク。

 

さて。長女(11)と次女(8)が、たいして汚れてもいない衣類をすぐに洗わせようとするから奥さんがイラっちイラっちしています。

特に長女はセーターとかも1日着ただけで洗濯かごに放り込むものだから、奥さんと長女でバトルになることも。

上着や校帽は毎日洗わないでしょうと奥さんが言っても、長女は「だって汚いから……」と。

 

何でしょうね。こういうのは成長の証しなのでしょうかね。それならそれで割り切って洗濯した方が良いのかもしれないけれど、必要以上に潔癖になられても困るしなぁ。

『大変なんだから自分で洗濯しなさい』ってのもまぁアリなのかもしれないけど、根本の問題は洗濯の大変さよりも、洗濯する必要のないものを洗濯することの無意味さにあるわけで。

我が家ではこういう場合、基本的には話し合いによる解決を図りますね。
親の立場から強引にねじ伏せることはしたくないので、可能な限り同じ位置から互いの考えを主張し合うのです。

そして子ども側が親を納得させるような主張ができれば受け入れます。なかなかそうはなりませんけどね。

でも『どうすれば相手が理解してくれる言い方になるのか』とか『相手を説得するにはどう言えばいいか』などについて、わたしたち親も娘たちも学ぶことができるのです。

 

いやそんなことよりですよ。

娘を持つ父としては『汚い』という言葉には敏感にならざるを得ないものでして。

汚い対象が自身の服に留まっている内は良いのですが、いつわたしが娘の『汚いものアウォード』にノミネートされ、そして大賞を受賞してしまうのか、もう毎日戦々恐々としておりますよ。

 

だいたいですね。

わたしなどは今の時期ならジーパンは多分1ヶ月くらいは洗いませんよ。セーターだってもしかしたら冬を乗り切るくらい洗わないし、Tシャツすら3日くらい洗わない時もあります。

ヤダーもしかしてみんな引いてる?

だってジーパンもセーターもそんなに汚れないでしょ?Tシャツだって臭くなければいいじゃん。元々わたしは体臭は少ない方みたいなのでTシャツは数日間大丈夫なんです。

さすがに夏はそうは問屋が卸さないですけどね。

 

加齢臭も、家族いわくですけどまだ発していないしらしいです。まぁそれは自分では分からないから本当かどうかは分かりませんけどね。

過去に奥さんがわたしの耳の後ろの匂いを義妹に嗅がせた時「普通におっさんのニオイがする」って言われましたけど。

うっせぇお前だってババァなんだかんな!!

 

あとパンツと靴下は毎日換えてますからね。そこはさすがに臭いので。いや知らないですよ? 別にわたしは毎回パンツや靴下の匂いを嗅いでいる妖怪じゃないのでね。

 

それより『嗅ぐ』って漢字はどうして口と臭いなのかな?

お嬢さん。事実と真実は違うのだよ。

わたしはかつてタバコを嗜んでおりましたが、4年ほど前にやめました。

『嗜む』と言えば聞こえは良いですが、タバコ吸いたさに喫煙所を探して回る程度の必死さはあったので、それなりの中毒者だったと思いますね。


ただ、喫煙者として最低限のマナーは守ってきたつもりです。喫煙場所以外では決して吸わなかったし、灰皿があっても分煙がなされていない場所では自重しました。

それでも玄関先では吸ってたし、車の中で吸う時は窓を開けたりしてましたからね。いま考えれば受動喫煙に対してまだまだ認識が甘かったんですね。

このように、過去に過ちを犯した元喫煙時であるがゆえ、マナーの悪い現役喫煙者に対してはとても厳しかったりします。
特に歩きタバコをする喫煙者には反吐が出るほど、歯グキッから血が出るほど苦虫をギリギリ噛み潰しています。ごめんね苦虫。あと打ち間違えで歯グキが肉離れを起こしたようだけど気にしないでください。


本田イエス。いや本田がイエスだろうがノーだろうが知ったことかよまた打ち間違えた本題です。
昨日の朝。歩いているわたしの目の前に火の付いたタバコが捨てられていました。朝からイヤーンな感じです。

どこの誰かは存じませんがね。あなたが歩きタバコをするのを良しとするわけにはいかないけど、もう仕方がないよね。なぜならあなたが空前絶後の馬鹿者だから。

それと吸い殻を天下の往来に捨てることについても、まぁ良いとは言えないけれどコレも仕方がないね。だってアンタが超絶怒涛の大馬鹿者だからさ。

さて。お前が空前絶後超絶怒涛でイエーイな超大馬鹿者であったとしてもだね。せめて火は消そうよ危ないからね。自分の行動の先に起こり得る最悪の事態をもう少しだけ想像してみることを提案するよ。

なぜ火を消さないの?いったいどういう考えをすれば吸い殻の火を消さずに捨てられるの?しかも真冬の乾燥している時期に。
火が大事なの?お前にとってそんなに火が大事なものなの?
何だお前は。初めて火の有用性に気が付いた原始の諸先輩方かよ。大丈夫だ火はまたつける事ができるから。だから消せ。


話を戻して。
わたしは火を消すために吸い殻を靴底で踏みました。グリグリッと。でも一回じゃ消えなかったから何回かグリグリッとしたんです。

時間にして5秒くらいのことだったと思うんですけどね。グリグリしているわたしの横を通り過ぎた20代後半くらいの女性が、蔑んだ目でわたしに一瞥をくれたんです。

違う。違うよお嬢さん。きっとあなたが考えていることは真実じゃない。そうじゃない。これはわたしの仕業じゃないんだ。事実と真実は違う。そこを分かって欲しい。

例えばだね。お嬢さんあなたが空に向かって両手を拡げていたとするじゃない?
この場合『若い女性が空に向かって両手を拡げている』これが実際にあったこと。すなわち事実ね。

そしてあなたがそんなことをしている理由は『木の上から今にも落ちそうになっている仔猫を両手で受け止めようとしていた』これが本当のこと。すなわち真実よ。

でもそれをハタから見てた人はそう思うとは限らないね。もしかしたらあなたが空に向かって宇宙人と交信しているちょっとアレな人だと解釈するかもしれないよね。
でもそれは違うよね。真実じゃないよね。

同じ。今のわたしも同じ。あなた今こう思ってるでしょ?『いい年したおっさんが歩きタバコをして吸い殻をポイ捨てですか?マジ最悪』
違うんだよわたしじゃないんだ。あなたは事実と真実の区別がついていないんだよ。


と、そんなことを歩きながら考えていたらですね。ふとこんな風に思ったんです。
実はこのお嬢さん、そんなこと全然思っていないんじゃないかなと。わたしが勝手に蔑みの目で一瞥くれられたと思っただけで、わたしこそ事実と真実の苦別がついていないんじゃないかと。

もしかしたらわたしがあまりにナイスミドルで大人の魅力に満ち溢れていたから、視線を外すことが出来ずに見つめ続けていただけかもしれない。

或いは自分の前を歩いていたおっさんが突然道の真ん中でツイストを踊り出したもんだから、つい好奇の目を向けてしまっただけとかね。

アレ?さらに言うならちょっと待って?
もしかしてこの火が付いた吸い殻も、わたしが勝手に歪んだ真実を導き出してしまっているだけで、実は真実は違うんじゃないか?

ボルサリーノをイキにきめ、ダークなスーツに身を包んでいかすクツを履いているシュッとした男性ですよ。
自分の家でタバコを吸っている時に電話が鳴るんです。
電話の主はボス。ボスは震える声でこう言うんです。

「やばいことになっちまった。トニーのやつがしくじった!!」


「何ですって!? トニーのやつがしくじった!?」

男性は取るものも取らず急いで家を飛び出すんですけど、吸っていたタバコをその時に落としてしまった。それがさっきわたしがグリグリした吸い殻だと。こういう筋書きですわきっと。

そしてスタッガーリーと決着をつけるべく、港にある第三倉庫に急ぐんですよ。約束は夜の8時半。あぁ行かないで男性、それワナだから!どうかホームの端で待っている彼女の元へ!!


このように、事実と真実は違うものです。そして往々にして自分の思い描く真実は真実じゃなかったりするんです。気を付けたいものですね。

余談ですが、どこの誰が残したかも分からない負の遺産を処理したばかりに、朝からいわれもない中傷を受けたかも知れないわたしは、せめてもの慰めにコンビニでいつもより少し良いおにぎりを買ってしまいました。鮭のハラスのやつ。

人感センサーライトを設置しました。

かねてより実現したかったことの一つが『玄関(廊下)のライトを人感センサーライトに交換する』です。人が近づくとセンサーが感知してライトを点けてくれるやつ。昨年末にようやく設置しました。

ようやくと言っても別に手間のかかることではなくて。基本的には人感センサーライトを買ってきて取り付ければそれでおしまい。

外から帰ってきて玄関のドアを開けたり、リビングから廊下に出たりすれば勝手に点くし消し忘れもない。うーむ快適。

 

こんなに簡単で便利な物を、なぜもっと早くに設置しなかったのか。

それは娘たちの教育上よろしくないかなと二の足を踏んだからですな。

というのも、そもそものキッカケが娘たちのライトの消し忘れなんですよね。何度注意してもなかなか習慣づかないものだから、じゃあいっそのこと人感センサーライトにするかと。

でもこれじゃ抜本的な改善になっていないですよね。ライトを消し忘れるから消さなくてもいいようにするっていうのは、宿題を忘れるから代わりに親が宿題をやってあげるようなものじゃないですか。うーんちょっと違うかもだけど、要するに問題に対する解決方法が適切じゃないってことです。

人生の折り返し地点を過ぎたわたしの様なおっさんはそれでもいいんですよ。これからどんどん老いてゆくわけですからね。本人がいくら忘れたくないと思っても、絶対的な老いの進行によって本人の意思や努力むなしく忘れちゃうんだから。

でもまぁ、あーだこーだ考えるよりやってみた方が早いですからね。とりあえず設置してみた次第でございます。やらずの後悔よりやって後悔ってやつです。

 

最初に書いた通り、いざ付けてみればこれがもう快適過ぎていやんなっちゃう。だって何も言わずとも勝手に点いてくれるんだから。玄関のドアを開ける時とリビングから廊下に出る時だけ、わたしの気分は王族です。

 

ただですね。多少の難点もありまして。

中途半端に明るいと点灯してくれないんですね。朝とか昼間でも廊下だとそれなりに暗かったりするんですけどね。そういう場合はセンサーの部分を手で覆うなどして一時的に暗い状況を作り出してあげないとダメなんです。

これはわたしが比較的安価なライトを購入したせいだと思います。中にはセンサーの感度を調整できる商品もあるので。

 

あと、今までの習慣でたまに元のスイッチを消しちゃうもんだから、未来永劫ライトが点くはずのない真っ暗な廊下で延々とタコ踊りに没頭してしまうことでしょうか。

これもそのうち何とかなる問題ですけど。

 

ということで、総じて人感センサーライトは良いです。オススメ。

でも多分ですけどトイレはやめた方がいいかも。我が家のように換気扇とライトのスイッチが別になっていると、結局換気扇のオンオフはしないといけないですからね。

あとスマホや本などに集中して大便などしようものなら、突然の消灯でヒッってなりますね。

そして壮絶なヘッドバンギングをするハメになりますね。

気分はもうロックのライブコンサートですね。

恵方巻きを作りました。


昨日の節分。我が家も恵方巻きを食べましたよ。

恵方巻きについてはその由来にいかがわしさがあるとかないとかでちょっとした賛否がある模様ですが、わたしとしては恵方巻きの由来とか意味はどうでもよくて。イベントの一つとして家族と楽しく過ごせるのならそれでいいのです。

だから別に恵方を向いて無言で食べるなどということはしませんでした。おいしい食べ物を家族全員の顔を見ることなく無言で食べ切ることに、わたしは意味を見い出せません

娘たちは恵方を向いて食べたいとのことだったので、『それはご自由に』です。

ただ、モノの1分で楽しくないことに気が付いたのか「やっぱり普通に食べるね」と。

 

それでですね。普通に恵方巻きを買ってきて恵方も向かないで食べるのであればね。それはもはや夕食が太巻きなだけですから。

楽しいイベントに昇華させるために、太巻きは自分たちで作りましたよ。

 

まずは太巻きの設計からです。

なんの具材を巻くかをスーパーに行ってから考えていては効率も悪いし、結局普通の太巻きになってしまいかねませんから。

それに自分で作るからにはお店では売っていないオリジナリティ溢れるものにしたい。

 

これがそれぞれの設計図と実際。

■奥さん
f:id:wp-dandy:20180204083747j:image
f:id:wp-dandy:20180204090434j:image

 

■長女(11)
f:id:wp-dandy:20180204083948j:image
f:id:wp-dandy:20180204084014j:image

 

■次女(8)
f:id:wp-dandy:20180204084047j:image
f:id:wp-dandy:20180204090515j:image

■わたし
f:id:wp-dandy:20180204084129j:image
f:id:wp-dandy:20180204084501j:image

 

みんなそれなりに設計図通りに出来たみたいですが、中でも奥さんはほぼ設計図通りですね。見事。

わたしは『人と違うものを』という考えが高じ過ぎてご飯の代わりにマッシュポテトを使うことにした結果、マッシュポテトを使うからにはやはりベーコンだろうチーズだろうミートソースも合うんじゃないか炒めたら美味しそうということであれよあれよという間に太巻きとはかけ離れてただの『マッシュポテトのミートソースグラタン』になるというオチ。
f:id:wp-dandy:20180204085257j:image

 

材料費の総額︰8,000円

家族との楽しいひと時︰プライスレス

 

あと、次女の発案で細かく砕いたポテチを入れたんですけど、カリカリ感と香ばしさが加わってすごく美味しかったですよ。

オススメ。