読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

梅の花は儚いロックだった。

東京で桜が開花したようですね。いよいよ本格的な春の到来でしょうか。

 

2月の話ですけど、前から行きたかった大田区の『池上梅園』に梅の花を愛でに行きました。

写真は撮ってないので、せめて公式ページのリンクを。

池上梅園 大田区

6〜7分咲きだったけど十分壮観でした。でも2分で飽きました。だって梅しかないんだもの。

やっぱりあれです。なんでもないところにポツンと梅の木がある。それがいいんですよ。なんつーの? 掃き溜めに鶴?泥中の蓮?

キレイなモデルさんが集まっている中にいるキレイなおねえさんよりより、普通の会社にいるキレイなおねえさんの方が5倍は魅力的だもの。女子校にいるなんでもない男性教師が異様にモテるのもそう。

 

ところでわたし、梅の花が好きなんです。あのロックな意気がたまらない。

だってあいつら2月に咲きはじめるんですよ? おかしいでしょう。2月っていったら寒さのピークじゃないですか。まだまだ大多数の草花は咲きません。だって寒いんだから。

狙って咲いてんすよ梅のヤツら。

「他の花はみんな前へならえでおとなしくしてるけどさ。冬に咲いちゃいけないなんてルール、誰が決めたんだろうな。なんとなくだけどさ、オレらいま咲こうぜ。オレらルールは破るかも知んねえけど、花が花として花を咲かせるっていう、一番大事な表現は破っちゃいない。オレらいま咲こうぜ」

な感じで咲いているに決まってます。うーむロック。

他の花が咲いてない、そんな灰色の世界にポッと小さな梅の花が咲く。ムチャクチャ映える。すごい好き。

 

咲いたからといって誰かが見るとは限らないですよ。

温かい時期ならね、みんな歩みを止めて花だって愛でますよ。でも梅が咲くのは極寒の時期。みんな背中を丸めて足早に通り過ぎる。咲いたところで梅などに目を向ける保証はない。

でも咲く。ここがロック。ロックのなんたるかは分かんないけど、なんとなくロック。すごい好き。

 

そして始まったものはいずれ終わりを迎える。梅の花とて例外ではありません。

ここでも梅はロック。

「オレら全力で咲いたよな。誰かが見てくれたのか、誰かの心を癒せたのか、それは分からない。でもやることはやった。あとは散るだけだ」

そしてみんな大好き『桜先輩』が咲き始める少し前から散り始める。この執着のないところが潔し。

 

桜の花は好みません。まるでアイドルグループのようで派手過ぎる。

梅の花は大好きです。まるで孤高のロッカーのようで。それでいて全体的に、なんか儚さが漂う。

梅は儚いロック。

好きだなぁ梅。

梅酒もロックが好きだなぁ。

 

バイアグラに関するテレビ番組が気持ち悪かった話。

先日、テレビでバイアグラの偽物についての検証をしている番組を観たんです。

本物のバイアグラには運動量を抑制する効果があるらしく、2匹のマウスにそれぞれ本物と偽物らしき方を投与して比較。偽物らしき方には運動量を抑制する効果がなかったと。「果たして偽物なのか?」とナレーション。

その後なんやかんやあって、最終的に金沢大学の研究室で薬自体の成分を調べてもらい、偽物らしき方には本物に含まれている主要な成分がほぼ入っていないことが判明。おそらく偽物だろうと。

これ、本当にマウスでの検証は必要だったのかな。はじめから薬の成分を調べたらそれで良かったんじゃないの?

薬剤の真偽を検証しようとする上で、真っ先に考えるのは成分分析だと思うんだけど。そんな簡単じゃないのだろうか。

実験にマウスを使うなとか、いまさらそんなきれい事は言わないけど。でも『テレビでの絵面がいい』というだけの理由で、生き物を使って必要のない実験をして「果たして偽物なのか?」とか言っているのなら、それは気持ち悪いや。

バーミヤン✕モンハンのコラボキャンペーンでレンゲもらった。

バーミヤン ファミレス コラボ

バーミヤン好きです。

モンハンも好きです。

同じくらいレンゲも好きです。

チャーハンを食べる時はレンゲじゃないとヤダです。ラーメンを食べる時はレンゲでスープを飲みたいです。

そんなわたしにこのコラボ。


f:id:wp-dandy:20170321194254j:image

オリジナル肉球レンゲがもらえるんだって! シールとポチ袋はいらないけどレンゲは欲しいや。
f:id:wp-dandy:20170321194237j:image

これは食べないわけにはいかない。

と言うわけで注文させてもらいました。奥さんが頼んでいいよって言ってくれたから。これ。
f:id:wp-dandy:20170321194416j:image
こういう企画モノって写真と現物との違いが激しかったりするんだけど、さすがにチャーハンにゆで卵を載せるだけだから、そうそうヘンテコなことにはならないんだな。ただちょっと肉球が汚いな。

問題のレンゲ。
f:id:wp-dandy:20170321194435j:image
取っ手に『BAMIYAN 』って書いてある。かわええ。取っ手の穴の加工がイマイチで、手で触るとバリバリしてたのが惜しいな。でもかわええ。

シールはともかく、ポチ袋ってこの紙製の袋のことだったんだな。イラナイ。

 

メニューの右下に載っているステーキガストとのコラボも魅力的だけど、わたしお肉食べられないのでダメです。残念だなぁ。


f:id:wp-dandy:20170321194709j:image

あの日、気持ちの折り合いがつかなかったこと。

私が勤める会社には、フロアやトイレを掃除してくれる清掃業者の方々が毎日出入りしてくれています。

ある朝トイレに入ろうとしたら、ちょうど清掃業者のおじさん、というかおじいさんなんですけど、その人が掃除道具を抱えてトイレから出てくるところでした。掃除が終わったんでしょう。

おはようございますと挨拶をして中に入ろうとすると、そのおじいさん「あぁ」っと言ってまたトイレに入ってしまったんです。

忘れ物でもしたかな? ちょっと外で待ってたんだけどなかなか出てこない。きっと掃除し忘れた箇所があったんだろうと、いったん戻りました。

で、5分くらい後です。再びトイレに行ったら、さっきと同じように業者のおじいさんがちょうど出て来るところでして。

「もう入っても大丈夫ですか?」って聞いたら「すいませぇん」って言って去っていったんです。

掃除は終わったと判断したので中に入ったんですけど、どうやらおじいさん、ビッグベンをされたようでして。いやロンドンの時計台の方ではなくて。なんだよ「方」って。大便だよ大便。ウンコ。

いや見てませんよ? 見てはいませんが、流れる水の音、そしてオイニー。状況証拠としては完璧すぎるほどでしょう。

 

いいよ? ホントに全然いいんだけど。

掃除しに来てくれてんだよね?

トイレをピカピカにした状態で依頼元に引き渡して掃除完了だよね? 契約履行だよね?

まず自分で真っ先に汚す?

注文された料理を作って客に提供する前に、料理人が自分でちょっと食っちゃったりするかな?

新築の家を建てたのに、引き渡しの直前にハウスメーカーの人がカレーうどん食って壁を汚したりしないでしょう?

 

いやホントに全然いいんだけどさぁ。 

付かないよね。折り合いは。

いつの間にか後ろばかり振り返っている話。

ウチの奥さん太鼓習ってましてね。もう一年半くらい経ちます。

さすがに素人のわたしから見ても上手になっているのが分かるんですよ。最初の頃は観ていてヒヤヒヤしたものですけど。やっぱり継続は力ですね。

奥さんは運動神経が無い。鈍いんじゃなくて無いに等しい。自身もすすんで運動するような人ではないです。

そんな奥さんがなぜ和太鼓を始めたかというと、長女(11)のためなんです。

うちの長女は内気でして。学校ではどうしても自分を出せない。一生懸命な姿を見られるのが恥ずかしいと。

その度にわたしは「お前は一生懸命やっている人を見てかっこ悪いと思うのか?」なんて諭したり、時に叱ったりしたのですがどうにもうまく行かず。

そんな時、奥さんに太鼓を体験する機会がありまして。

もちろん太鼓が面白そうだったという気持ちが前提としてあったのでしょうが『運動の苦手な私が太鼓を一生懸命にやる姿を見て、娘たちが少しでも何かを感じてくれれば』と思い、太鼓を始めたんです。

今は純粋に太鼓が好きで楽しいみたいですけど。


そんな奥さんが太鼓を初めて一ヶ月くらい経ったある日。わたしに言ったことがあります。

・太鼓が全然上手にならない

・周りの先輩たちがスゴ過ぎて自分は全然ダメ

わたし言ってやりましたよ。ビシッとね。

『何を勘違いしているんだ? 先輩たちは何年太鼓に打ち込んできたと思っている? 始めて一ヶ月しか経っていないド新人が、元より先輩たちと同等なわけがあるか。比べる対象が違う。先輩たちと比べたら自分の成長など見えるわけがない。比べるならば周りの誰かではなく過去の自分だ。始めたばかりの自分と一ヶ月経った今の自分とを比べてみろ。バチなど持ったこともなかった自分が、今はそのバチで太鼓を叩いている。それが成長だ』

わたしは20年以上前に拳法をやってまして。全くおんなじ悩みを抱えたことがあった時に先輩に同じことを言われましてね。その時に思ったんです。

先輩に憧れるのはいいけど、先輩と自分を比べるのはまだ早い。まだ先でいいと。

さぁそして。奥さんに偉そうな講釈をたれた今のわたしはどうかと言えば、人と比べていることが多くなった気がします。

40歳を過ぎてから過去を振り返ることが多くなりましたが、そのせいなのかな。

自分の通ってきた後ろにちゃんと道ができているのか、ちゃんと道を作れてきたのか気になるから振り返るんだろうけど、まだまだ前だけを向いて進んでもいいんだろうなぁ。

とても他人とは思えない人がいた話。

勝手に最近覚えたテク「idコール」ってやつをさせてもらっちゃいます。

id:shiomametaroさんという、奇特にもわたしのブログの読者になってくれている方なんですけど。

この人の物事の捉え方とか考え方や嗜好がね、異様ーーーに自分と似通っている時があるんですよ。

ご本人は気持ち悪がると思うけど、たまに「この人もしかしてわたし?」って思うときすらあって、勝手に親近感を感じてしまいます。

改めてその方のブログをざっと読み返してみたら、結構ありました似てるとこ。

以下、まことに勝手ながら抜粋させていただきました。

 

1.「伝説の教師」というドラマが大好き

ダウンタウン松本人志さんと中居正広さんが出演しているドラマでしてね。大好きなんですわたしも。何回でも観られる自信があるのでDVDとか欲しかったのに、権利関係の問題なのか発売されてないんですよ。動画配信もされてないし。

あと、ドラマを観た方なら分かるかもしれないけど「ふんころがさせられ」のくだり。ここに衝撃を受けたところも一緒なんです。

受けましたねぇわたしも衝撃を。間違いなく私の考え方に大きな影響を与えたシーンです。

 

2.人と関わることが苦手なこと。

人が苦手です。明るい自分を演じたりもします。付かず離れず希薄な人間関係を望んでしまうんです。傷つく前にこちらから離れるという防衛本能が働いてしまいます。

 

3.キライな人に愛想よくできない

出来ませんねぇ。キライな人には愛想笑いのひとつすら出来ません。愛想よくするくらいなら泥を飲んだ方がマシです。

 

4.本人にバレてもいいことしか言わない

わたし人に対して否定的なことバンバン言います。時に「それ本人にバレたらヤバくない?」ってことも。でもヤバくない。わざわざ自分から本人には言うことはしないけど、もしその話が本人に伝わっても良いと思うことしか言いません。

 

5.嫌いな食べ物の克服の仕方について

嫌いな食べ物を細かく刻んで分からないようにして食わせてなにが「食べられたね!」だこの野郎とか思ってます。ました。

でもこの方のブログを読んで、食べられたとういこと自体が自信につながるという考え方もあると再認識しました。

 

6.「THE WORLD OF GOLDEN EGGS」が好き

大っ好きです。好き過ぎてDVD全部買ってもらいました。

 

7.「ハロー!オズワルド」が好き

わたしも奥さんも大っ好きです。映画も借りました。タイミングが合わず観られませんでしたけど。確かオズワルドの声はBEGINの人です。

 

8.「何かをしてあげる」という行為について

まったく同感です。わたしも誰かのために何かをしてあげたいという気持ちは、結局は自分の「してあげたいという欲求を満たすため」だと考えています。わたしこの考えを披露して、涙ながらに説教されたことがあります。

 

以上です。いちばんビックリしたのは4番と8番かな。

 

あとこの方が崇拝してやまない模様の「THE BLUE HEARTS」については分かりません。分からないというのは、単にわたしがこの方たちを語れるほどの知識を有していないという意味ですが。

ただ、THE BLUE HEARTSについてはひとつだけ語れる思い出があるんです。

それはわたしが中学卒業の時。卒業関連のイベントで、クラス全員で先生たちに歌を披露したいということになり、クラスメイトの女の子が提案したのが「TRAIN-TRAIN」という曲。

全く知らなかったんですけど、曲の入ったテープとわら半紙にプリントされた歌詞を渡されて。

20年以上前にほんのわずかな期間で覚えただけなのに、いまだに2番まではソラで歌えます。これはメロディも歌詞も本当にいい曲だと思っています。

あと覚えているのが、

******

TRAIN-TRAIN 走って行け

TRAIN-TRAIN どこまでも

******

って歌詞なんですけど、「『走って行く』じゃなくて『走って行け』なんだな」って感じたことを妙に覚えてます。多感だったんですね。

 

最後にid:shiomametaroさんにおすすめしたいのは「いっぽう日本昔話」という作品。もし観られる環境にあるならぜひ。わたしはamazonビデオで観たかな。

 

さらに最後にすいません。ストーカーじゃないので安心してください。

マリコの部屋へ電話をかけた真意が数十年後に理解できた話。

中島みゆきさんの「悪女」という歌があるんです。今より若い時に聴いたんだけど、意味がずーーーっと理解できなくて。

出だしはこんな歌詞なんです。

******

マリコの部屋へ 電話をかけて

男と遊んでる芝居 続けてきたけれど

あの娘もわりと 忙しいようで

そうそうつきあわせてもいられない

******

なんで? なんで悪女はわざわざマリコに対して男と遊んでる芝居を続けたりすんの?

「マリコぉー。アタイ男と遊んでるわー。毎日違う男と遊んでるから名前が覚えられないほどにー。だから全員ダーリンって呼んでるのアタイー」

その行為の意味は? マリコの事がキライなの? それとも好きゆえの敵対心?

 

最初はそう思ってたんです。でも歌詞が続くと新事実が明らかになるんですよ。

******

土曜でなけりゃ 映画も早い

ホテルのロビーも いつまでいられるわけもない

帰れるあての あなたの部屋も

受話器をはずしたままね 話し中

******

ね? ここでやっと男の影らしき存在が明らかになるわけです。

要するに悪女には彼がいて、理由は知らないけど彼と別れたいんだ。だからあえて彼の目の前で他の男に電話をするんだけど、実は電話先はマリコの部屋というカラクリ。そんで実際に遊んでるフリを装うために、遅い時間になるまで外で時間を潰すというね。なるほど合点がいった。

 

この通り、ここまででわたしの疑問はすべて解消されたというのに、この先の歌詞がこれですよ。

******

悪女になるなら 月夜はおよしよ

素直になりすぎる

隠しておいた 言葉がほろり

こぼれてしまう『行かないで』

悪女になるなら 裸足で夜明けの

電車で泣いてから

涙ぽろぽろぽろぽろ 流れて涸れてから

******

いや何がしたいの? 別れたいんじゃないの? 『行かないで』ってナニよ? なんでわざわざ夜明けの電車に裸足で乗り込んで泣かなきゃならんの。駅員さんの迷惑になるでしょう? 別れたくないなら調子こいて悪女を気取るんじゃない。

結局のところこの歌は「なんで?」の連発なんですよ。もう迷宮。ラビリンス。

「理解できないけど何だかヤな女がいるぞ」

これがわたしのこの歌に対する解釈だったんです。

 

で。そのまま何十年か過ぎて。

キッカケも覚えてないんですけど、何気なく、本当になんの気なしに調べたんですよ。一昨日のお昼休みに、この歌の全歌詞を。

******

涙も捨てて 情けも捨てて

あなたが早く私に 愛想を尽かすまで

あなたのかくす あの娘のもとへ

あなたを早く 渡してしまうまで

******

なんと……。

悪女になるのに月夜を避けなければいけなかったのは、素直になりすぎて『行かないで』の言葉が口をついて出てしまうからだったんだ。

夜明けの電車で涙が涸れるまで泣き続けるのは、彼の前で絶対に涙を流さないためだったんだ。

泣きすがるでもなく、罵るでもなく、悪女を演じることを選ぶかよ……。

なんという悲しき想い。

なんという強き心。

そしてなんという気高き愛。

 

そしてわたしは涙腺大崩壊。いやこれホントの話。

会社ですよ? お昼休みですよ? 向かいの机でおっさんがくるみパン食ってんすよ? そんな状況下にも関わらず、恥ずかしながらわたくし「とめどなくあふれくる涙」の止め方を知りませんでした。40年も生きて来たのにね。

そりゃそうですよ。数十年の誤解が一瞬で氷解するんだから。溶け出した感情が身体の内側から一気に押し寄せて来れば、そりゃ涙腺も崩壊します。

 

家に帰って家族に話した時も泣きましたし、この文を書いている今も涙が頬を伝いそう。

奥さんは一番の歌詞をおぼろげに知っていただけで、その真意を的確に理解していたみたいだけど。もしかしてコレ、わたしが恐ろしいほどに鈍いということか? 世の男性は一番の歌詞だけで普通に悪女の気持ちを理解できるというのか?

人間40年。まだまだです。