俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

目指すなら、100点より、100%。

「目指すなら、100点より、100%。」

東京海上日動さんの広告です。きょう電車の中で見ました。

この広告が目に入った瞬間、しばらく見入ってしまいました。感心したとか琴線に触れたとかじゃないですよ。違和感を感じたからです。

「挑戦する人の保険」だそうなので、この言葉の意味、わたしは「結果より全力で取り組むことが大切」と認識しましたがどうでしょう。違うのかな。まぁそうだとしましょう。だってそうしないと話が進まないんだもの。

保険会社ですよね、東京海上日動さんって。「お金払えるかどうか分かんないけど、ウチら全力を尽くすぜ!! 」ってこと? そんな「行くぜピカチュウ!!」みたいなノリで言われんのヤダな。意図はどうあれ、保険会社の広告にはそぐわないような気がする。

 

そもそも論でこれはどうなんだろう? わたしはこの言葉をそのまま娘たちに「父の教え」として伝えられるのか?

「お父さん。わたし今度のテスト100点は目指さない。50点を目標にする。そして50点を取るために全力でガンバる!!」って長女(10)に言われたら、この父は果たして納得できるのか?

50点を取るための全力って何だ? よく分からないな。そこは100点を目指してこそ全力じゃないの? それに本来70点くらい取れる実力がある人だったら、50点を取るとか逆に難儀じゃん。

いやでも待てよ? 達成できない目標を掲げることに意味はあるのか? 例えば成長した長女が、数学が苦手でいつもテストでは30点くらいしか取れないのに、高校の入試で突然「わたしは数学のテストで100点を取る!!」って言い出したらどうするだろう?

「バカやめとけ」って言っちゃうかも。数学のテストで100点を取ることに労力を費やした結果、他の科目の点数が軒並み低くなりそう。そして桜が散りそう。そして泣いちゃう!!

 

ということはアレか? ムリして100点を目指さなくていいから、自分の持てる力の範囲で最大限頑張んなさいよってこと?

えぇー? そうなの?

オリンピックあるでしょう? 陸上の100メートル走で日本人が金メダルを取るのは、今のところ事実上不可能でしょう?でもだからといって出場選手が「目指すは銅メダルです!  それ以外は考えていません! 銅メダルに向かって全力を尽くしますので皆さん応援願います!!」って言ったら、なんだか妙に気持ちの折り合いが付かないぞ。

完全にこちら側の勝手なんだけど、目指すは金。それに全力で立ち向かって結果が銅。この流れが欲しい。

 

ということは、やはり目標は達成不可能だとしても限りなく大きく高く有るべきなのか?

限りなく大きな目標……。

例えばさらに成長した長女に「わたしは世界一のパティシエールになるためにガンバる!!」って言われたらどうか。あ、これなら「うんうんガンバんな」って目を細めて見守れるな。

待て違う。これはただ「どうせ出来ねえんだから」と思って半笑いで聞いているだけだ。麦わら帽子を被った少年が「海賊王にオレはなる!!」って言ってるのと一緒だ。

 

そうなると、やはりもう少し現実味を帯びた目標を据えることが肝要なのか?

いやいや妙に現実的でも困るぞ。

例えばさっきのパティシエールで言うなら「世界一は無理だけど街で評判のケーキ屋さんくらいにはなりたいので、つきましては3年の期間とフランスへの留学費500万円をご都合願います。今すぐ。耳を揃えてここへ」とか妙に具体的且つ現実的なことを言われると「ちょっえっ?!まっ!」ってなる。

 

もう分かんないなこれは。

たかだか40年の時を生きて来たわたしの現時点の答えとしてはこれかな。

・やる時は手を抜かずにやりなさい。

・疲れたら休みなさい。

 上手くできませんけどね。

 

二回目の羊毛フェルト リス

午前中に届くはずの荷物が一向に届かず。

調査の結果、クロネコヤマトさん側の問題ではなく、発送側がそもそも午前指定していなかったというオチに、多少なりとも心にさざなみが立ってしまった日曜のアフタヌーン。このままではいけません。

心を落ち着かせるため、羊毛フェルトなど嗜んでしまいましょうか。

以前に制作しました羊毛フェルトの「ハリネズミ」。ブログでもご紹介しました。

http://wp-dandy.hatenablog.com/entry/2017/02/27/072238

続く第二弾として、リスを制作すること致しました。ダイソーさんでの購入です。

 
f:id:wp-dandy:20170306121508j:image

 

まだ作り方のイロハなど分かりませんので、ただ一心にニードルを羊毛にブッサブッサしておりましたれば、何とか無事に頭と胴体が出来上がりました。


f:id:wp-dandy:20170306122104j:image

 

ここから耳や手足、目鼻を作ってリスへとなるわけですが……。この造形を見ているうちに、どうもこれは「マツタケ」ではないかと。

こう考えてしまったわたしはもう止まりません。

やってしまいましてございます。

 


f:id:wp-dandy:20170306122347j:image

 

……。

なんと言いましょうか。R指定? 18禁?

わたしの認識が世間一般のそれと大きくズレていないとすれば、これはまごうこと無き「Dang−Kong」ではないでしょうか。

きっと土の質感を出そうと黒い羊毛を巻き付けたことが、見事に功を奏さなかったのでしょう。

 

大変な事をしてしまいました。恐らく私はこの先、どんな動物の羊毛フェルトキットを買って作っても、頭と胴体が完成した時点で再びDang−Kongなキノコにしてしまうでしょう。もう二度と動物が作れない。このままではDang−Kongなキノコを作る能力ばかりが上達してしまい、ゆくゆく私は「Dang−Kongなキノコ専門の羊毛フェルト作家」となってしまいます。

まぁ、それはそれで良いのかもしれません。

とりあえず今回の作品、Dang−Kongなキノコは、前回制作のハリネズミの隣にチン座させました。

また次に頑張るとしましょう。


f:id:wp-dandy:20170306174720j:image


どこで誰の恨みを買っているか分かったもんじゃねぇ話。

あと150メートルも歩けばバス停に着くんです。それなのに。

時を同じくして、反対側の道路沿いにある駐車場から一台のバスが出ようとしていたんです。わたしが目指すバス停に向かって。

ここは数分おきにバスが来るほどの都会ではありません。このバスを逃すと次が来るのは10分以上先になってしまう。

いつもなら気にしません。海のような広い心で次のバスを待ちます。しかしその日は事情が違った。なぜならその日の夕食がミートソースパスタだったからです。

わたしは奥さんが作ってくれるミートソースパスタが大好きなんです。だから一刻も早く帰りたかった。わたしは心だけではなく、胃袋もガッシリと奥さんに掴まれているんです。

一瞬だけ躊躇したあと、ここはプライドを捨てて早足になる覚悟を決めました。が、すぐに思い留まりました。なぜなら車の通りが多いため、バスがなかなか道路に出られない様子だったからです。

勝った。間に合う。

わたしはそれまでと変わらない優雅な足取りで、ゆっくりと、それでいて大胆にバス停へと歩みを進めました。安心してください。なぜ「大胆に」なのかはわたしにも不明です。

しかし、バス停まで残り100メートルほどのところで事態は大きく動きました。一台の黒いミニバンが、あろうことか走りを止めてバスに道を譲ったのです。

f:id:wp-dandy:20170305072221j:image
小さく短いクラクションを鳴らしてバスは道を横切り、あっという間にバス停に辿り着いてしまいました。

さっきまで勝利の美酒に酔いしれ優雅に歩いていた男が、今さら小走りになるわけにはいきません。わたしのちっぽけなプライドがそうはさせてくれない。

わたしはそのバスに乗れなかった。

バスに道を譲った黒いミニバンを運転していた方は、思いやりのある優しい方だ。それは間違いない。バスの乗客十数人からも感謝の意を表される事でしょう。

しかし英雄的行為のその一方で、ただひたすらにミートソースパスタを求めた「わたし」という人間から、自分勝手な恨みを向けられているとは夢にも思わないでしょう。

我ながら小物だと恥じつつも、人間、どこで誰の恨みを買っているのか分かったもんじゃねぇなって思った話でした。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)買ってもらいました。

2017/1/21の朝。

ずっと時計とにらめっこしながら9:00ちょうどにamazonにアクセス。なんとか予約できました。これ。

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 

ネット関係のことは奥さんの方が詳しいので、奥さんがお化粧しながら予約のためにiPhoneとにらめっこしている間、わたしはポテチ食べてました。箸で。コンソメ味のやつ。

 

そんで昨日(2017/3/3)届きました。面倒なので開封の儀などはしませんけど、ちょっとビックリしたのはね、いわゆる据え置きの本体がないんですよね。

あるのはこのドッグ。

f:id:wp-dandy:20170304091238j:image

このドッグはこの携帯機を……

f:id:wp-dandy:20170304091116j:image

グサッと差すためのもので……

f:id:wp-dandy:20170304091419j:image

そうすると携帯機の映像がテレビに映し出される仕組みなんです。改めて思いましたけど、ニンテンドースイッチって携帯機が本体だったんですね。

 

ソフトはこれ。

 

1-2-Switch

1-2-Switch

 

ホントは違うゲームが欲しかったんだけど、家族みんなで出来そうなのはこれだけだったので。子どもたちの友だちもよく遊びに来ますしね。親としてはできる限り友だちと遊べる環境を整えたいので。

どんなゲームかというと、スイッチの機能を生かしたミニゲーム集です。

スイッチのコントローラーには様々なセンサーが付いているので、二人で向き合って荒野のガンマンよろしく早撃ちをしたり。コントローラーを刀に見立てて真剣白刃取りをしたり。子どもたちはキャッキャ言いながらとても楽しそうでした。

ただね。今回はわたしも新しいゲーム機ということもあって、ムダにテンションが高かったですからね。ガンマンの時は「お前か。ここいらで噂の早撃ちマックってのは……」とか。真剣白刃取りの時は「ここであったが100年目!父のカタキ!!」とか言いながらね。誰も聞いてませんでしたけど。

そんな風にテンションが見合う時にはいいですけど、会社で超イヤなことがあった日に誘われでもしたら、ホントにコントローラーでぶん殴っちゃいそう。

ゴリラになってドラミングをするミニゲームもあるんですけど、いったいどんなテンションになればそんなことができるのか?

だから、このソフト単体で普通に遊ぶとすぐ飽きるでしょうね。負けた方に何かしらのバツゲームを課すとか、何かを決めるためにジャンケンではなくこのゲームで決めるとか。何かの付加的な要素として活用するのが長く遊べそう。

まぁ、これからしばらくは楽しめそうです。

Amazon Dash Buttonで感謝の行方が分からなくなった話。

ヤマトさん。時間帯指定の配送見直しを検討しているらしいです。

そうですよねぇ。アマゾン川の氾濫でドライバーさんは大変なことになっているんでしょう? 指定の時間帯に届けに来たのに家主が留守で再配達。そんなパターンも多いのでしょう。そしてアマゾンによる配送量の増加を「アマゾン川の氾濫」に例えるところなど、わたしの才能が非凡すぎて震える。

この見直しが実現したとして、果たしてドライバーさんの負担がどの程度減らせるのかは分かりません。でも少しでも改善されるといいですね。そのためなら注文した荷物の配達が多少遅くなっても一向に構いません。えぇ構いませんとも。

車を運転する職業についておられる方達の労働環境は過酷ではいけません。ドライバーさんの余裕がなくなれば事故も増えてしまうかもしれないですしね。わたしは荷物の配送スピードより安全を求めます。

 

だいたいアレですよ。「アマゾンダッシュボタン」とかいう、ボタンポチーで日用品1コから届けてくれるサービス。これがいけない。このサービス過剰なアイテムがドライバーさんたちを苦しめているに相違ないだらう。アマゾンは我々に優し過ぎる。あんまり優しくすると、我々アマゾンのことスキになっちゃうお? 我々、メンドくさいお客だお?

あ、もしかしてご存じないですか? アマゾンダッシュボタン。

コレですよ。これ我が家のヤツ。キュキュット

f:id:wp-dandy:20170301182628j:image

えっ? あるよ我が家に。えっ? 何でって買ったからだよ。発売されてすぐに。新しいものは試したくなるのが人のサガでしょう? 何より試してみないことにはいいも悪いも判断できないし。500円だし。実質タダだし。

ちなみにわたしは圧倒的にジョイ派なんです。泡持ちがいい気がするんですよジョイ。ちょっと泡がヌルヌルしてて食器を落としそうになるのがタマにキズなんですけど、除菌もできるし。でも奥さんがキュキュット派なんですよね。いずれ雌雄を決さなければならない時が来るでしょう。

 

それはともかく。このアマゾンダッシュボタン、ヤバイっす。そう言えばどっかの中学校で「ヤバイ」が使用禁止になったみたいな記事を見た気が。語彙が少なくなるとかそういう理由だったかな? わたしも常々そう思っていたので是非継続してその効果のホドを教えてほしいものですね。

えっと話が逸れてしまったので戻しましょう。アマゾンダッシュボタン、ヤバイっす。

何がヤバイってね。先ほどのドライバーさんの負担増もモチロン問題ですけど、家庭内において感謝の行方が分からなくなるんですよ。

というのもね。日用品などはいつも奥さんが買っておいてくれるんです。よく気が付いてくれる人で、例えばわたしが独り言のように「あ、歯磨き粉のストックないんだ」ってつぶやくと、仕事から帰ってきたら買ってあるんです。

「買っておくね」とか「買っておいたよ」じゃないんです。ただ買ってあるんです。ここ! ここが現場ですよ。ともすれば気付かれないかもしれない、押し付けがましくないさりげなく清らかな善意。相手のためという気持ちはもちろんあるにしても、自分がそうしたいからしている。軸が自分にある人の行動なんです。ここに感謝してもし尽くせないほどの大きな感謝を感じるんです。

別にわたしが仕事帰りに買っていくこともできるのに「そんなことはしなくていい」と言ってくれるんです。奥さん出来た人でしょう? 出来てなくてもいいんですけど。でもこんなことをされるとありがとうって自然に思うでしょう? だから言いますよ。

「買っておいてくれてありがとう」

 

そんである日。「あ、キュキュットなくなりそう」って独り言をつぶやいたんです。次の日キュキュットあったんです。

私「あ、買っておいてくれたの?」

奥「うん。アマゾンダッシュボタン押した」

 

うーん。うーん。うん?

いやしてる! 感謝してるよ! 何言ってんの当たり前じゃん、ありがとうってなるよね? なる? なるさ! だってボタン押してくれたんだもん大変じゃん! 大変か? ホントに大変なのかこの野郎! この野郎はさすがにないかごめん奥さん。

ストックがないことに対する「気付き」にこそ意味があるわけだからね。実際の購入方法が自分の足を使おうがネットで注文しようが不問ですよ。何も不正な手段で入手したわけでもないでしょうから。

でもなんだろう。折り合いが付かないカンジ? 感謝したい気持ちと同時に「えっ? ワザワザ食器用洗剤一個のためにボタン押したの? ひどくね?」って気持ちが芽生えてしまったんですよ。じゃあ買うなよアマゾンダッシュボタンを。これはそういうサービスを享受するためのアイテムぞ?

 

わたし「グランドセフトオート」っていうゲームが好きなんです。このゲームって、やろうと思えば街を歩いている市民を攻撃することもできるんですね。でも最初はなかなか出来ないんです。ボタンひとつでいつでも攻撃できるんですよ? でもいざやろうとすると自制心が働いて出来ない。「できる」と「やる」の間にものすごく高くて厚い壁があるんです。

ある時、そのゲームの中で歩いていてた市民の男性とぶつかったんです。いつもだったら素通りするんだけど、その時はミッション中で人を追いかけていたのに逃げられちゃった。わたしどうしたと思います? 散々悩んだ挙句、後ろから殴り倒しましたよ。

そんなわたしは何処へやら、今はもう「ヒャッハーッ!!」で「ボカッ!!」ですよ。世紀末。北斗の拳の世界を地でいくわたしです。

 

おんなじ。アマゾンダッシュボタンもおんなじ。このボタンを押すことになんの抵抗もなくなったとしたら、それは確実に自分が変わったということです。それがいいことが悪いことかはともかくとして。

ちなみに我が家は現在、アマゾンダッシュボタンを使っていません。

まるで収穫を忘れられた果実のように、ひっそりとキッチンのフックにぶら下がっています。

ドッジボール大会の後、次女(7)に言われたことが忘れられない。

先日、ドッジボール大会に関する記事を書きました。 

ドッジボール大会で目撃した光景が忘れられない。 - 俺があいつを見返す日。

そこで人様のことをいろいろと偉そうに書いたけど、わたしも本当は人をとやかく言えたもんじゃないんですよね。親としては二流三流、日々もがきながらの父親業です。

このドッジボール大会の時もね。実はわたし、長女(10)のプレーを観て内心すっげぇ怒ってたんですよ。長女より一足早く家に着き、ダイニングテーブルに着くやいなや奥さんに言いましたもん。

 

******

私「今日という今日はもう我慢ができねぇ。俺は〇〇ちゃん(長女の名前)を叱らなきゃならねぇ」

奥「何かあったの?」

私「プレーにやる気が感じられねぇ。投げるにしても逃げるにしても、もう少しまともな動きができるはず。なのにそれをしてねぇ。およそ勝とうという気概がねぇ」

奥「緊張してたんだと思うよ。私は行ってないから観てないけど、たぶん〇〇ちゃんなりにがんばったんじゃない?」

私「これは個人戦ではなくチーム戦だぜ? みんな勝つつもりでやってんのよ。しかも自分から出場すると決めている以上、そこで全力を出さないでいい理由などねぇ」

******

 

思わず奥さんに怒りをぶつけるように一気にまくし立ててしまいました。奥さんはまたわたしの「怒りタイフーン」が吹き荒れちまうと、暗澹たる思いだったことでしょう。

そこでですよ。今までおとなしく聞いていた次女(7)が、カウンターの向こうから声だけで参戦してきたんです。

 

******

次「おとうさんはーちいさいときー、うんどうかいとかにおとうさんとかおかあさんがきてくれたことあった?」

私「 ……あったと思う。覚えてないけど」

次「じゃあそのときー、ぜんぜんきんちょうしないでぜんりょくだせた?」

私「……わかんない。出せなかったかもしんないけど……」

次「じゃぁ〇〇ちゃんもそれとおんなじなんじゃない?」

私「でも……! だって!!」

次「〇〇ちゃんのこと、おこらなくていいとおもうよー!」

******

 

ハイ解決!!

齢43にしてわたし、10年も生きていない幼女に諭されました。そしてまさかの論破。一切の曇りがないまっすぐな気持ちから出たであろう正論に太刀打ちする術を持っていませんでした。

 

娘たちが小さい頃から、事あるごとに言い続けてきたんですよね。

「緊張するのはいい。恥ずかしがるのも当たり前。でもやらなければいけない時は一生懸命にやれ。そうすれば、結果がどうあろうと俺は君たちを誇りに思う」

うちの長女、学校では何もできなくなっちゃうんです。家や外では全っっっ然そんなことないんですけど。こういうのは内気ではなく、どうやら「緘黙症(かんもくしょう)」と言われる症状っぽいんですよね。

緘黙症の発症と家庭環境には明確な因果関係はないらしいんですけど、いま思えばこのわたしの教えが長女を必要以上に内気にさせてしまったのではないかと考えてしまうんですよ。

というのも、きっとね。緊張しても恥ずかしくても、いつもずっと一生懸命に頑張ってたんでしょう。でもいくら頑張ったところで、それがわたしの考える基準まで到達していないとわたしは認めなかったんですねぇ。

頑張ってもわたしに認めてもらえなくて、どうしていいかわからなくなってしまったのでしょう。分からないから自信が持てずに言動も消極的になる。それを見てわたしがまた叱る。この悪循環です。わたしは気づくのが遅かったんです。

長女にしてきたことを思うたび、取り返しが付かないことだけに「ウキィッ!! ングフゥッ!!」って枕に顔を埋めて足をバタバタしたくなります。

ドッジボール大会も、参加することを決めただけで良しとすべきと決めたのになぁ。 

 

親というのは難しいですよねぇ。

羊毛フェルトをやってみました。

いっつもくだらないことばかりを垂れ流している下水の如きわたしのブログにもね。読者になってくれる方っていらっしゃるんですよねぇ。まことにありがたいことです。

でね。読者の方の中に羊毛フェルト作家の方がいらっしゃって。こういうところに名前を載せていいものかな? id:kao-kao-nさんっていう方。

よくこんなに上手に作れるなぁって思いながら読んでるんですけど、先日ふと思い至りまして。「そういえばダイソー羊毛フェルトキットが売っていたな」と。

そう思ったら急に興味が湧いてきて、買ってきました羊毛フェルト。いくつか買ったんですが、今回はコイツを作ってみたんです。

f:id:wp-dandy:20170226234113j:image

ハリネズミ。なんかいちばん簡単そうに見えたので。

 

f:id:wp-dandy:20170226234433j:image

開けるとこんなんなってんですけどね。開けた瞬間に羊毛がファッと舞ったんですよ空中に。もーう大惨事。わたし短気ですからカッときてもうこのまま荼毘に付してやろうかとも思ったんですけど、なんとか踏みとどまりましたよ。これは羊毛というものがこうなのか、100均だからなのか。

さて。気を取り直して制作に移ったんですけど、わたし決められたやり方でやるのが苦手というか、自由にやりたいんですよね。手順どおりにやったところで羊毛フェルト初めてですし、見本に似せて作ろうとしてもどうせ似ても似つかない物の怪が出来上がってしまうことは分かりきってます。

そうなると途端に「似てねー。全然似てねー。もうやる気でねー」ってなってやめちゃうんです。分かってるんです自分の性分が。

これは授業じゃないですからね。楽しむためにやっているのであって、初めから似せようとは思わないで気楽に作りました。

結論としては見本のこれが、

f:id:wp-dandy:20170227011722j:image

 

こうなって、

f:id:wp-dandy:20170227065536j:image

 

これですわ。

f:id:wp-dandy:20170227011601j:image

f:id:wp-dandy:20170227065659j:image

f:id:wp-dandy:20170227065705j:image

似てねぇ。これはハリネズミではないですね。ちょっとオリジナル感を出したくなってリーゼントにしてみたのが敗因でしょう。背中とか毛並み揃っちゃってますからね。ぜんぜん針じゃない。

現在、我が家のカウンターに鎮座しております。

f:id:wp-dandy:20170227011913j:image

けっこう雑にやったけど30分くらい掛かったかな。

でも面白かった!

また時間があればチャレンジしたいと思います。

新しいことをやるっていいですよねぇ。