俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

俺があいつを見返す日。

2016/11/18(金)の夜。 

わたしにとって非常に近しい間柄にある人、仮にその人をKさんとします。そのKさんが、小学5年生になるわたしの長女にこう言ったんです。 

「○○ちゃん(長女の名前)は、いい大学を出て、いい会社に就職して、お金持ちの人と結婚しなさいね」

 

いや、オレ高卒だぜ? だからそもそも大学出てないぜ?

いいかどうかはともかくとして、決して大きくはない中小企業に勤めてるぜ?

ついでに言うと、上司にも嫌われてるぜ?

あと金も持ってねぇぜ?

 

Kさんがどういうつもりで発言したのか、その真意は分かりません。まぁKさんの性格上、私に対する当てつけのつもりではないでしょう。 

ただ、なんだかとてつもなく申し訳ない気持ちになりまして。なぜなら、わたしは常日頃からKさんに認めてほしいと思っているのものですから。

「きっとわたしはKさんが考える理想像に近くはないんだな」なんて落ち込んでしまったわけです。

 

その夜は枕を濡らして床につきました。

でも朝起きたら前日の失意が見事に怒りに代わっていました。

 

一体どういうつもりなんですかね。

Kさん、あなたがどんな考えを持とうと構いませんがね。俺の目の前で長女に向かって「いい大学がー」「金持ちと結婚しろー」っつうのは、ちっとばかしデリカシーがなさ過ぎやしねぇかっつう話ですよ。

俺のこれまでの人生を全否定された気分ですよ。

 

と、まぁこんなことがありまして。

わたしの勝手な被害妄想なんでしょうけど、ここは一つ、本格的にKさんを見返す必要があるなと思ったわけです。

このブログを始めたのは、その決意の表れです。

これからよろしくお願いします。