俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

結果発表:2017年バレンタインデーチョコ収穫数(家族等除く)

ゼロっす。ゼロっすわー。

2017/2/14。バレンタインデー。

この日、わたしは誰からもチョコをもらえませんでした。
わたしに好意を寄せてくれていたはずの、

通勤の道すがらでいつもすれ違う女性からも。

電車の中でいつも一緒になる女子高生からも。

改札横の窓口にいつもいる駅員さんからも。

毎日買い物をするコンビニの店員さんからも。

たまに会話をするパートのおばちゃんからも。

搬入搬出の時に会う仕出し弁当のお姉さんからも。

だーれからも。もらえませんでした。

おいおいどうしたわたしの行動範囲にいる女性。ふざけているのか? なぜチョコをくれない? 気は心という言葉を知らないのか? チロルチョコ1個でいいんだよ。くれよ。もらったという事実が大切なんだよ。それさえあれば明日も何とか前向きに生きていけるんだからさぁ。チョコを買う金がないのか? なら金はやる。だからくれよ。もしやわたしの居場所が分からないのか? ここぞ? 我はここぞ?


フッ……。
分かっていたさ。全ては妄想だということは。
おのれの最大のモテ期は20年も前に過ぎ去っている。そしてそれ以降モテ期が再来していないことにも気付いていたよ。
ただ……さ。見たかったんだ。「夢」ってやつを。


だからヤなんだよなバレンタインデー。夢が冷めちゃうんだもん。
もしかしたらあの人わたしのこと好きなんじゃね? とかね。せめてそういう妄想をするくらいはいいじゃない。

一年かけてそういう妄想貯金を積み立ててもだね。バレンタインデーにその妄想が妄想であると思い知らされてゼロに戻っちゃうのよ。
まーた貯金し直しなんだよ妄想貯金。

唯一もらえたのは……いや、もらえたとカウントしてよいものか。わたしが加入している保険会社の生保レディから、ちっちゃいハート型のチョコ1個よ。

なんだろう。この明らかなる義理チョコに、妙な感じで神経を逆なでされまして。

「いらぬわ!!」って生保レディのコメカミめがけてぶん投げてやろうかと思いましたよ。

完全なやつあたりですけどね。えぇ。