俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

ポテトチップスを食べるときの最適解と謎の印について。

ポテチおいしいからね。どんな時も食べ続けていたい。本を読んでいる時も、ゲームをしている時も、今こうしてスマホを触っている時でも。片時も離れられない。それが、あそれがポテチ。

でも手が汚れるんだな。手が汚れるから本もゲームのコントローラーもスマホもギトギトになっちゃう。わたしは汚れた手を服で拭くクセがあるから、服もシミだらけになっちゃうんだな。 

 

そこでコレですよ。

2010年7月31日。我が家にもたらされた画期的アイテム「ポテチの手」。

ポテチの手 のりしおタイプ
手を使わずにポテチをつかめるので手がベトベトしなくて済む。さらにはポテチの粉をふるい落とす機能も兼ね備えている優れもの。

これで長年の悩みが一気に解決した……かに思えたんだけど。

ダメだったなー。ちょっとムズイんですよコイツ。

大きいのはともかく、小さめのポテチをつかもうとすると手がプルプルすんの。ポテチをつかむためにものすごい集中力が必要で、もう本を読むとかゲームするとかの次元じゃない。わたしは何かをしながら片手間にポテチを食べたいんであって、ポテチを食うことを生業としているわけじゃねぇっつーの。

つかんだポテチを口に運ぶ時の角度も不自然で手首に負担が掛かるし、使用後の衛生管理もめんどっこい。

最大のネックはポテチの手を持ったまま本やゲームのコントローラーが持てないこと。これがいちばんヤダ。

そんな苦労をしている内にふと我に返ってしまいましてね。

「なぜこの歳になって、いまさらこんなジョークアイテムの習熟度を上げていかなければならないのか?」と。

 

じゃあどうするの? 箸でしょ。

箸ですハシ。箸で食うのが一番なんですポテチは。使い慣れているし、なんたって手が一切汚れないんだもの。これで全て解決です。

箸を使うという案は、数年前に電車で見た男子高校生たちがやってたのをパクったんです。見た時は衝撃を受けましてね。目からウロコというか、思わず膝を打つというか、とにかく感動しました。

感動すると同時に自分の頭の固さに落胆もしたんですけどね。

だって、きっとこの男子高校生たちにとっては、ごく自然の行動だったハズなんですよ。

「なんかハラ減んね?」
「コンビニでポテチ買わね?」
「でも手汚れね?」
「一緒に割り箸貰えば良くね?」

こんなもんです。彼らアタマが柔らかいからね。これが若さなんですよ。

わたしなんぞ、
「アァッ! ポテチを食べると絶対に手が汚れてしまう! この現象からはどうやっても一生逃れられそうにない! 手を使わずに食べる方法があればいいのに! もはやポテチを食べるのをやめなければならないところまで事態は逼迫しているのか!? イヤだやめたくない!!」

箸があんだろ箸がよジジィ。数年前のわたしのアタマを引っ叩きたい。アタマ固すぎて足元が見えてないんですよ。これが老いですな。

 

さて。そんな老いたるわたしですが、ついに一人でポテチひと袋を食べ切れなくなるほど老いが進行してしまいましたよ。

だから最近は必ず袋の裏側の真ん中から開ける「パーティー開け」で、他のみんなにも食べることを強要するんです。これね。

f:id:wp-dandy:20170222070312j:image

そんで最近なんですけど、謎の印の存在に気が付いちまったんですよ。

これ、カルビーのコンソメポテチの裏側なんですけど。

f:id:wp-dandy:20170222064824j:image

f:id:wp-dandy:20170222065106j:image

真ん中あたりに2つの「*」の印があるでしょ?

そんで家にあるポテチやそれ以外のスナック菓子をかたっぱしから確認したんですけどね?

ないのもあったけど、結構な率で印があったんですよ。何なんでしょうねこれは?

 

敢えてまだ調べてないんですよ。せっかく日常で見つけたミステリーは大切にしたいですからね。

いずれこの謎の仮説を立てた上で調査を開始したいと思います。