読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

ドッジボール大会で目撃した光景が忘れられない。

先日の土曜日。地域主催のドッジボール大会がありました。参加したい子たちで集まってチームを組み、保護者がひとりリーダーになってチームを率いる。長女(10)も出場したのでわたしも観に行きました。

多くのチームが出ているんだけど、競技ですからね。当然ながら勝者がいれば敗者が存在します。女の子は敗けてもわりとあっけらかんと笑っている子が多いんですけど、やっぱり男の子にとっては真剣勝負なんですかね。敗けて悔しさを全身で表現する子もいれば、うつむついてグッと耐える子など、じつに悲喜こもごもです。

 

そんな光景に目を細めていると、わたしの右側から大きな声がしまして。

「ホラ謝ろう!  みんなで謝りに行くぞ!!」

声の主はどこかのチームリーダーと思われる大柄の男性。チームの子どもたちに向かって声を張り上げているところでした。

リーダーの男性も含め全員が同じ野球のユニフォームに身を包んでいたので、恐らくは少年野球の子どもたちで構成されたチームでしょう。そしてリーダーはその野球チームのコーチですかね。

その一団がわたしの前を横切り、わたしの左側にいた、これまたユニフォームを着た男性の前に立ったんです。

そんでそのリーダーがね。その男性に向かって、

リ「監督すいません!負けてしまいました!!」

子「すいませんでしたぁー!」

突然のことでわたしが呆気にとられていると、リーダー今度は地面に両ヒザを付き、なんと土下座ですよ。

リ「すいませんでした!!」

それを見た子どもたちも土下座します。

子「すいませんでしたぁー!!」

監督もまんざらではないんでしょうね。

監「アッハッハ。イヤイヤまぁまぁ」

それを見て周りの保護者たちが微笑ましく笑い合うというね。

 この人たちなりの考えや事情があるんでしょうね、きっと。でもわたしにはそれは分かり得ません。
だからわたしはわたしの考えで言いますがね。

 

バカじゃねぇの?
監督だかコーチだか知らんが今すぐやめろ。お前らに子どもを指導する資格はない。可能なら大人であることを辞退しろ。周りの保護者は人の親であることをいま一度考え直せ。

なぜ敗けたことを監督に謝らなければならない?

しかも土下座までする意義とはなんだ?

子どもたちは一生懸命にやったのではないのか?

自分たちで出場を決め、チームメンバーを募り、もしかしたら当日に向けて練習を積み重ね、そうして臨んだ当日ではないのか?

それで敗けたことの何が悪いのか?

リーダー。あなたは監督に「子どもたちは一生懸命やりました! どうか褒めてやってください!!」と言うべきだったのではないか?

監督。あなたは「土下座をさせるとは何事か! お前たちは胸を張れ!!」とリーダーを叱咤し、子どもたちを激励すべきだったのでは?

周りの保護者たち。あなた方は土下座をしている子どもたちの姿を笑うのではなく、心を痛めるべきだった。

あなた達は全力を出して敗けた誇り高き子どもたちを、ただの「敗けた悪者」にしてしまった。この罪は重いぞ。

 

まぁね。よく見りゃ土下座をしたリーダーも子どもたちも半笑いでしたからね。パフォーマンスなんですよね。茶番なんです。それを分かっているからこそ監督も周りの保護者たちも笑うんです。

わたしだってそれはまぁ分かってるんですよ。

でもね? そもそもですよ? そもそもパフォーマンスとして土下座なんてさせられたらたまったもんじゃねぇんですよ。

土下座ナメんな。人が地面に頭をこすりつけて良いなんていう場面が人生においてどれだけあるというのか。

人としての尊厳をだね。笑いを取るためのパフォーマンスで地に落とし、それを見て何も感じずに笑っていられる神経がトリハダが立つレベルで気持ちが悪いっつーのよ。

 

自分の子がこのチームじゃなくて良かった。当事者だったらブログで不満をブチまけさせてもらうだけでは済まなかった。

でもそこはわたしも大人ですから。当事者でもないですし、敢えてそれを口にすることはしませんけど。リーダーの男性大柄で強そうですしね。わたし殴られるの怖いしヤダし。

 

ちなみにこの土下座をさせたリーダー、知っている人でした。と言っても会っても挨拶をするレベルでもないですけどね。

仮に将来、この人たちと知り合いになれる機会があったとしても、わたしの530,000の戦闘力を以って全力で拒否します。到底友だちになれそうもない。

わたしはこんなだから友だちがいないんだなぁ。