俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

ブログをはじめて4ヶ月が経ったらバカ野郎になっていた話。

ふと振り返ると、このブログを始めてから4ヶ月くらいが経過した模様。

些細なキッカケから始めたこのブログも記事数が100を越え、嬉しいことにわずかながらも読者になってくれた方もいて。

今やわたしにとってブログを書く、見るという行為は日常の一つになりました。ありがとうみなさん。ありがとうはてなブログ

 

ブログも4ヶ月継続すると、少しずつ『自分らしい文章』みたいなものが出来てくる実感がありますね。

そしてその自分らしい文章を読んでくださった方々からホシを付けてもらったりコメントをいただく。

ホントに嬉しいことですね。たまりませんね。まるで自分を承認してもらったように感じます。ブログを続ける励みにもなります。

でもここに悪魔が潜んでいるんですよね。

いつの間にか「次もホシがもらえるような記事を書こう」とか「みんなが同意してコメントをくれるような内容の記事を書こう」とか考え始めているバカ野郎がいるんですよ。わたしですけど。

もちろんホシを付けてもらうのもコメントをいただくのも嬉しいし大歓迎ですよ。それを原動力にするという考えも何も悪くない。

ただそれでは『わたしらしくなかったな』という話です。

いったん座り心地が良すぎるソファに座ってしまうと、もう二度と動きたくなっちゃうんですね。

 

ブログという形で発信しているわけですから、それを目にしていただく方たちのことを考えないわけではありません。

でもわたしは別に物書きのプロではないですからね。誰かの依頼で何かのテーマの記事を書いているわけでもないです。

だからなにかに迎合する必要はないわけで。

 

バンドなんかもそんな感じないですか?

自分たちが表現したい音楽の曲を作る→売れる→また作る→ちょっと売り上げ下がる→売れそうな曲を作る→売れる→いつの間にか自分たちがやりたい音楽じゃなくなってる→解散

なに大物アーティスト気取ってんだよとかね。大人気ブロガーでもなんでもないくせしやがって何を偉そうにとかね。

自分でも思いますけど、取り返しのつかなくなる前にと思いまして。

 

それだけです。

それではまた。