俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

勝負に勝って試合に負けた話。

私は本にカバーはしません。読んでいる内に中の本がすべってズレる感じが気持ち悪いからです。だからカバーはもちろん、元々の表紙も外してむき出しの状態で読むのです。

だから電車とかだと自分の読んでいる本が周りの人にバレてしまうのですが、それが少しだけ恥ずかしい。読んでいる本のタイトルで自分という人間を値踏みされているような。

自分のセックスを見られている感じがするんですよ。

「あー、そこでそう攻めるんだ。ふーん」

「えっ? そこから次そっちいくかー、へーえ」

みたいなね。手の内を見られている気恥ずかしさがある。

 

まぁ基本的にはなんの本を読んで周りにどう思われてもアッシには関わりのないことなのでいいんですけどね。そもそも自分が思っているほど周りは誰も見ちゃいないし。

でもこの本は強敵でしたね。前に紹介させてもらった『おてんばエリザベス』。

おてんばエリザベス (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

おてんばエリザベス (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)

 

 

なんたってこの表紙ですから。普通に考えれば40過ぎたおっさんが手に取る本ではないですよね。満員電車で痴漢の濡れ衣を着せられて、無罪の証明にどれだけ有利な状況や証言があったとしても「この人電車の中でこんな本読んでました!!」って言われたら絶対に勝ち目はないですよ。

それでも大抵の本は表紙を外せば無地な紙の中身が出てくるもんですけど、この本の場合は表紙を外してもまんま同じ絵が出てきましたからね。カラーで。

でもわたし負けず嫌いですから。

「オレが電車の中おてんばエリザベスを読んで誰に何の迷惑をかける? 否。誰にも迷惑はかけない。誰にもだ。ならば何を恥ずかしがる必要がある? 悪いことはしていない。堂々と読め。逃げるな」

 

でも女子中学生の視線が痛かったなぁ。大体の人が二度見三度見するし。

勝負に勝って試合に負けるってこういうことだろうなぁ。