俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

マクドナルドに電話をしたら耳が真っ赤になった話。

我が家はみんなマクドナルドが大好きなジャンキーファミリー、いわゆるジャミリーなんです。

そんな我が家にとって幸せなことは、徒歩数分圏内にマクドナルドがあること。よく利用させてもらっています。

ただ、そのマクドナルドは我が家ではとても悪名高いんです。すぐ品物の入れ忘れをしやがるんですよ。それがものすごく多い。記録はしていないので定量的な表現はできないんですけど体感的にね。

例えば過去にあった例では……

・飲み物のストローが入っていない

・ポテトに塩が振ってない

・ナゲットのソースが入ってない

・注文したはずの品物が入ってない(そもそも注文したことになっていない)

とかね。これがそれぞれ2、3回ずつある感じ。

まぁわたしも鬼ではないのでね。この程度なら寛容でいられますよ。ストローや塩なら家にあるものを使えばいいし。わたしマスタードソースをこよなく愛しているのでナゲットのソースがないのは正直ヤダけど、これも家にある調味料で何とかならないわけではない。注文したことになっていないのは、こちらが確実に注文したという証拠がない限りは強く主張もできないし。

 

でもわたしが許容できるのはここまで。

・プチパンケーキのソースが入ってない

・注文した品物が入ってない(お金は支払い済み)

上記の場合はお店に電話し、多少の呪詛の言葉をお見舞いしたあと、お忙しいところをまことに恐縮ですが徒歩数分の距離をかけて家まで届けてもらいます。

いやだって、プチパンケーキはあのリンゴソースありきの食べ物だもの。カレー頼んだのにルーが掛かっていないのと同義よわたしにとっては。

あと、お金取られて品物が入っていないというのはもう論外でしょう?

で。当たり前ですけどこういうのって家に帰って袋を開けてから気づくんです。でもこれだと双方にダメージが大きい。だから最近は奥さんが気を利かせて、注文したあとに渡されるレシートと、受け取ってからの袋内の品物を確認をして、確実であることを確認してから帰路につきます。
 

さて。そんな話をつらつらと書いたあと、話は去年にさかのぼります。

 
f:id:wp-dandy:20170622224226j:image
f:id:wp-dandy:20170622224243j:image

食べかけの写真でお目汚ししちゃいますけど、安心してください。ビッグマックですよ。

お分かりになります?

そう。下の段に肉、いわゆるパティが挟まっていないんです。一口食べて違和感を感じたので開けてみたらこのザマですわ。
え? そういうパティーンで来ちゃう?  パティだけに。奥さんがいくら確認したってこれは避けられないよ。

もちろん電話しました。声の印象から年配の女性と思われる方が応対してくれたんですけど、すぐに代わりを持ってきてくれることになりまして。

わたしその時に聞いたんです。このパティが挟まっていないビッグマックはどうしますかって。そしたら「交換で」って言われましてね。

いや当然。当然ですよ。そりゃそうです。

でもね、今までこういうパターンの場合って「よろしければお召し上がりになっていただいて……」な感じがほとんどだったので、ちょっと面食らっちゃって。

食べたいわけじゃないんですよ? 食べたいわけじゃないんですけど、ただ、家族が食べるのをずっと指をくわえて横目で見ている40代男性のキモチ、考えたことあって?

そんなひもじいわたしを気の毒に思ってくれたのでしょう。奥さんが「私のエグチ(エッグチーズバーガー)食べなよ」って言ってくれたんです。なんて優しい。

 

渡されて一口かじってみれば……。
f:id:wp-dandy:20170622224349j:image
f:id:wp-dandy:20170622224405j:image
エグチよお前もか……。今度はエッグが入ってねえっつーの。おいおい、こんなコトもあるのかね。

それはそれとして急いで電話しましたよ。だって早くしないとビッグマックを届けてもらった後にまーた来てもらうことになっちゃいますからね。

今度は若めの男性が応対してくれまして。

私「もしもし。買ったビッグマックにパティが入っていない件で先ほど電話した者ですが」

店「あハイ」

忙しいんでしょうね。明らかに余裕がない様子でした。

私「さっきのビッグマックの他にエグチも買ったんですけどね」

店「あハイ」

私「フフ。エグチの『エグ』がフフ。入ってなかったんですよフフフ。」

店「『エグチのエグが入っていない』ですね分かりました先ほどのビッグマックと一緒にお届けしますのでお待ちください」

私「あハイ……」

わたしなりにね。わたしなりにですよ。忙しくて殺伐としているであろう現場の空気を少しでも和ませられるような一服の清涼剤のつもりで投入した渾身のギャグをね。そんな蕎麦屋の出前をさばくかのような感じで無機質に応対されたらね。繰り返されちゃったりして。「『エグチのエグが入っていない』ですね?」なんつって繰り返されちゃったりして。ギャグを冷静に繰り返すのはやめろ。いいか絶対にだ。

 

わたしは一体誰に何の気を使っているのか。電話口で怒鳴るでもなく努めて穏やかに話をし、届けてもらう際の道中の安全を願い、届けてくださった方に満面の笑みでお礼を言い、それで受けた仕打ちが「『エグチのエグが入っていない』ですね?」。わたしの耳は真っ赤っかです。

別に新しい品物なんかどうでもいいんです。いやどうでも良くはないけど、なんだろう、納得が欲しいかな。
せめて電話口の男性が、わたしの受けた苦痛を分かち合う気持ちさえ見せてくれていたら。そのことが残念で残念でならないのです。