俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

別れた後のギャップがすごい。

わたしはいつも電車の中で、ドア横の三角コーナーに立っています。

昨日もいつもと変わらずそこにいたら、ある駅で20代前半くらいのカップルが乗ってきて私の前に陣取りました。

別に何をされたわけでもないんですけどね。ただ会話がムチャクチャに甘いんですな。

彼女が「あーぁ、このままずっと○○と一緒にいたいな」みたいなことを言えば、彼が「よしよし、すぐに会えるからねぇ」なんてアタマを撫でたりして。撫でられた彼女が「にゃーん」とか言って。

そんで彼女が急に「あーっ!! △△(自分の名前)と離れられて嬉しいんでしょ!」なんてスネて見せれば、すかさず彼が「バーカそんなわけないじゃん」つってまたアタマを撫でる。そんで彼女が「にゃーん」ですわ。これマジですからね。

いやバカにはしてませんよ。微笑ましいだけ。それにこんなことを言ってはなんだけど、そんな甘いセリフを言っても差し支えないくらいにはお二人とも容姿が整っていましたしね。ただ2回目の「にゃーん」は正直イラッとしましたけど。

さぁ。そんな甘い二人にも、いや、そんな甘い二人だからこそ、時間と距離は容赦なく二人を引き裂きます。電車は彼女が降りる駅に到着しました。

二人はわたしに背を向けて出口に向かい、何やら愛の言葉をささやき合って別れを惜しんでいました。

彼女は後ろ髪を引かれるように電車を降ります。彼の表情は見えませんが、その背中からは深い悲しみが感じて取れます。

電車が動き出しても二人は手を振り合っていました。互いの姿が見えなくなるまでずっと。

 

車内に残された彼が手を振るのをやめました。きっと彼女が見えなくなったのでしょう。そしておもむろに肩に掛けていたリュックに手を突っ込み、しばらく何やらガサガサさせたあと、コンビニのおにぎりを取り出して食べはじめました。

オイ彼。ついさっきまで、まるで今生の別れかと思うくらいの切ない別れ方をしておきながら、その直後に食えるもんかねコンビニのおにぎりを。

何というかもう少しね。彼女の姿が見えなくなってから、窓の外を眺めたりして物思いにふける時間をじゅうぶんに堪能してから食いなさいよおにぎりを。

絶対「ずっと食いたい」と思ってたよね? 彼女と別れたらソッコー食おうと心に決めていたよね? ていうかむしろコイツ(彼女)早く帰んねえかな、くらいには思ってたよね? じゃないとあの亜光速でのおにぎりイーティングは実現不可能だぜ?

わたしを含め、君たちの周りにいた人たちは見てんのよ。君らが繰り広げていた甘い甘い『君たちワールド』をさ。文句の一つも言わずに見守ってきた身として言わせてもらえればね、こちらサイドの心の折り合いも少しは考えてもらわないと。もはや君たち二人の問題ではなく、我々の納得が必要な事態にまで発展しちゃってんだから。

おにぎりはダメよ。