俺があいつを見返す日。

ある一言をきっかけに、ある人物を見返すきっかけとして立ち上げました。日々のことから夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも掲載します。

映画レビュー『マスク』

20年以上前の映画。ジム・キャリーさんのやつ。これ。

 

マスク [DVD]

マスク [DVD]

 

 昔に一度観たんですけどね。改めて観ました。なぜなら当時はまったく面白くなかったんですよね。前に観た時はわたしが20代の頃だったはずなので、いま観たらまた違った評になるかなって思って。

あるでしょう? 子どもの頃は苦手だったのに、大人になったら食べられるようになったものって。ちなみにわたしの場合はナスがそうなんですけどね。そんな感じです。

面白くなかったんですけどね。結論から言ってしまえば今回も。

面白くないってのはアレです。笑えないってこと。月並みですけど、洋の東西では笑いのツボが異なるんですかね。

ハチャメチャな感じは好きですよ。作品としては別に嫌いじゃないです。元々ジム・キャリーさん好きだし、キャメロン・ディアスさんなんか「バカじゃねえの?」 ってくらい超絶かわいいし。ていうかジム・キャリーさんはコメディアンだけど、普通にしてたらかなりのイケメンですからね。

 

笑えないけどハチャメチャな感じて観ていて楽しくはある。そしてキャメロン・ディアスさんがムチャクチャにかわいい。

『マスク』はそんな映画でした。