俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

心に余裕がなかったのはわたしの方だった。

歩く速さと寿命や健康には関連があるんだって。早歩きをする人の方が健康で病気にかかりづらいらしいですよ。


わたしは次女(8)より歩くの遅いんですけど、それは意図的にそうしているのであってね。外を歩きながら色々なところに目を向けるのが好きなんですよ。そういう『心の余裕』を持っていたいんです。そのためにはセカセカ歩いてちゃダメなんです。


そんなわたし以上にデフォルトで歩みが遅いのはお年寄りです。すごく遅い。

でもそんなお年寄りに限って、いっっっつも前に出てくるんですよね。

例えば昨日。


1.わたしの前をお年寄りが歩いている

2.わたしの方が速いので抜かす

3.前方の踏切が閉まったので止まる

4.さっきのお年寄りが追いつく

5.お年寄りがわたしの前にズイっと出る

6.踏切が開く

1.わたしの前をお年寄りが歩いている

2.わたしの方が速いので抜かす


正直ね、わたしそんな時こう思ってます。

『いや歩くの遅いでしょ? 前に出ても抜かされるんだからさ。はじめから後ろにいるがいいじゃない。後ろから迷惑そうな顔をされて、時には舌打ちなんかされながら追い抜かされるのイヤでしょ? なのに何でわざわざ少しでも前に前に出ようとするかな。そんなに急ぐ差し迫った理由なんてそうそうないでしょう? 俺の倍近く生きているだろうに、その年になってもまだそんな心の余裕すら持てないの?』


言い訳するわけじゃないですけどね。別に迷惑そうな顔もしませんし舌打ちだってしませんよ。でも少しイラッとするのは事実です。歩く速度ではなく、その心持ち、余裕のなさに対してね。


と、今の今までそう思っていたんですけどね。もしかすると衝撃の事実にぶち当たっちまったかもしんない。


たまにお年寄りが踏切を渡り切れずにヒヤヒヤする場面に出くわすことってありませんか?

もしかするとお年寄りは、早めに踏切を渡り始めないと途中で遮断機が閉まってしまう恐れがあるから、少しでも前に前に出ようとするんじゃないかな。自分の歩みが遅いのをちゃんと理解しているからこその行動だったんじゃないかな。

わたしそんな考え方、したことなかったや。


と言うよりね。別にそういう理由じゃなかったとしても別にいいじゃない。誰に迷惑をかけているわけでもなく天下の往来を歩いているだけなんだから。前に出ようが後ろに下がろうが、元よりわたしにとやかく言われる筋などないんですよ。


というわけで、心の余裕がなかったのはお年寄りではなくアッシの方でございました。何が『街を楽しむ心の余裕』だっつーのダセぇ。


お笑いコンビのカミナリがいたら

「余裕が無いのはおめえの方だな!!」

って突っ込まれているでしょうね。


また反省すべき点が増えてしまいました。


『お年寄り』『踏切』に関連する過去記事はこちら。

よろしければ読んでください。