俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

口から出た言葉を捕まえて飲み込みたい。

先日、バスの中で目の不自由な60代後半くらいの男性に席をお譲りしました。

降車場所がわたしと一緒だったので、肩をお貸しして家まで送って差し上げました。初めて知ったんですけど、目の不自由な人は手を握るより導く人の肩をつかんだ方が動きが分かるらしいですね。あとで次女(8)が教えてくれました。

家までの道中、その人は何度も「助かりました」「ありがとうございます」を繰り返すものだから、逆にこっちが申し訳なくなってしまって。家までといっても近かったので全く手間ではなかったんですけどね。

 

いい人アピールするわけではないけれど、まぁ良いことが出来たと思います。
ただ、わたしはやらかしました。

その人は目が不自由になってからまだ日が浅いらしくて。だからまだ上手に歩けないのだと教えてくれました。
そこでわたしは「へー全然見えないんですか?」と聞いてしまったんです。
その人は「強めの光なら見えるんですけどね」と笑って返してくれましたが、あとで思い返したらものすごくデリカシーの無いことを聞いてしまったのではないかと。

わたしとしては何の他意も悪気もありませんでした。だからこそ会話の流れでごく自然に出た言葉だったのです。
悪意がなかったからと言って許されるわけではないことも分かっています。だから猛省しました。歩きながら「んあぁぁぁぁもうっ!!」ってなりました。

 

悪意がないというのはたちが悪い。本人は悪いと思っていないのだから気づいて治すのが難しい。気づいた時には今回のように時すでに遅しで、取り返しのつかないことばかりです。

放たれた言葉はいったん相手の耳に届いてしまったが最後、取り消すことは出来ません。気をつけよう気をつけよう気をつけたいよう。