俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

中年ジャンプ。

15年間の長きに渡って利用させてもらっていたコンビニが、昨日の午後を以って閉店してしまいましたよ。

わたしの職場でもそのコンビニを利用していた人は結構いましたからね。今回の閉店情報はちょっとした衝撃を伴って社内を駆け巡ったのです。

「おい聞いたか? あのコンビニ閉店だってよ」

「ウソだろマジかよ。何でだよ!?」

まるで桐島が部活をやめちゃうらしいくらいの感じで。読んでないから知らないけど。

 

コンビニ閉店の情報は上司の耳にも入りまして。これからどこで買う?みたいな話になりました。

そしたら上司が言うにはですね。「俺があのコンビニに立ち寄っていたのは月曜日だけで、ジャンプを立ち読みするためだけだったから問題ない」と。

いやーあると思うなボク。問題。

50を過ぎた中年真っ盛りのあなたが『週刊少年ジャンプ』を愛読していることは何ら問題ありませんがね。生活に困窮しているわけでもないのに、ナニ?ジャンプを立ち読みするためだけに?月曜日にコンビニに立ち寄って?さんざん手垢を付けて読みまくり?あまつさえ何を購入するでもなく店を後にすることを自信満々に『問題ない』?

いやーありますってそれ問題。わたしの感覚では完全にアウトですな。

わたしがあなたの家に毎週月曜日の朝にお邪魔してですね。両手をこすり合わせながら「これこれ。毎週これを楽しみにしてたんだ」なんつってあなたの奥さんのパイオツを揉みしだいて帰っていったらどうします。しかもお礼もなくお金を払うでもなく。

ごめんなさい違うなお礼とかお金とかそういう問題じゃないな。どうもわたしは例えがヘタでいけない。

 

要するに立ち読みがキライ。それだけ。