俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

『つもり』を教えてほしいんだ。

立春を過ぎ、暦の上では春が始まったのだと言われても寒いものは寒い。まだまだしっかりとした防寒対策は必要だ。


わたしは昔からどんなに寒くても重ね着は3枚と決めている。

今の季節なら、上半身はTシャツ+セーター+上着。下半身はパンツ+スボンだ。うるさいズボンでいいんだ。ボトムスなんて言ってられっかハーゲ。


それ以外の防寒対策はしたことがない。マフラーもニット帽もズボンの下に履くタイツも。

それらをした方が圧倒的に暖かいことは容易に想像はつくし、正直な気持ちを言えばやってもいいかな、いやむしろやりたいかもって思っているけど、でもできない。長年の自分に課した3枚ルールが邪魔をしてそうさせない。ここまで来ると、もはやルールというより意地だ。


それに、マフラーでも帽子でもタイツでも、それらをわたしが受け入れた時点でわたしは確実に10歳は老いる。

今まで張りつめていた糸が切れてしまう。固く閉ざしていた門が開いてしまう。

それらを着用した瞬間、すなわちわたしは老いに屈したことになる。

年を重ねることは受け入れられても老いはダメだーそこまで悟ってはいない。年と老いは違う。よく分からないけどなんか違うと思う。


さて今日の朝。わたしの前で信号待ちをしているおじさんが黒い帽子をかぶっていた。

暖かいんだろうなって思いながらおじさんの白髪の頭頂部を見ていたら、おかしなことに気がついた。


なぜわたしにこのおじさんの頭頂部が見える? 何だこの帽子は頭部全体を覆ってはいないのか? これでは帽子というより筒ではないか? 筒というよりもはや海苔だろうこれは。ちょうどおじさんの頭頂部から見える白髪頭と海苔みたいな帽子が絶妙なハーモニーを奏で、まるでしらすの軍艦巻きだ。

 
f:id:wp-dandy:20180227081127j:image


ヤバイ笑けてきた。おじさんの頭がしらすの軍艦巻きであるはずはない。これは絶対だ。なのにもう絶対にしらすの軍艦巻きにしか見えなくなった。


馬鹿にする気はない。わたしとてそこまで悪人ではない。多分違うと思う。違うんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。

そうではなく『つもり』を教えてほしいんだ。


改めてよく見ていたら、同じような帽子をしている人が結構いらっしゃることに気がついた。

なぜだ? ファッションのためにその帽子をかぶっているのではないのだろう? 防寒のためではないのか? なぜ頭頂部を隠さない? そこは最も隠すべきところではないのか? 全身を漆黒のスーツに身を包んで局部を露出しているアキラ100%さんのようなものだとなぜ気が付かない?

それに頭頂部には『百会』という急所があるのだぞ? そこを強く押されると下痢をすると子どもの頃に言われなかったか? 真偽は定かではないしそれはどうでもよかったすまない。


世の中にはまだまだ自分の知らない世界があるのだと痛感した朝。

今日も一日楽しく過ごしましょう。