俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

わたしの中で折り合いがつかなかった話108選。

 ネットサーフィン(←死語)をしているとよく見かける、例えば『2018年 おすすめの○○10選』みたいな記事。

 すごく役に立つし助かるんだけど、わたしの能力で処理できるのは多くて10選くらいまでだ。


 わたしの脳はインプット量が多過ぎると回路がショートする。たとえばコンビニで「お昼に食べるご飯を選んでー」と言われておにぎりのコーナーに行く。ほぼ手付かずの状態で多種多様なおにぎりが棚いっぱいにぎっしり陳列してあると、もう回路がショートして何も考えられなくなる。インプット量が多過ぎるから。

 でも週末の早朝のコンビニのように、野球だかサッカーだかの試合のために大勢の家族が一挙に押し寄せて爆買いしていった後の、歯抜けになった状態のおにぎり棚からなら余裕で選べる。インプット量が少ないから。

 だからそんなわたしが適切に処理できる情報量は、せいぜい10選。


 何も決まっていないゼロからのスタートなら20選30選とかでも、まぁ大丈夫。何にしようかどこに行こうか、アレコレ考えている段階では探していること自体が楽しい。だから情報量が多いのも歓迎できる。でも自分の中で方向性がある程度定まってきた段階での30選は情報過多だ。ムサい。

 そんな時に80選だの100選だのってページに出くわすと、正直「あ? やんのかコラ?」ってなる。何だよ100選って名水かよ。もはや『選』になってねぇだろうとなる。参考にさせてもらっておきながら感謝の気持ちが足りていないが、それが正直な気持ちだ。

 

 さて。そんな感謝の足りないわたしは、これから『わたしの中で折り合いがつかなかった話108選』を書く。


 なんで突然にこんなことを書くのかというと、2つ目のパンを食べようと思ったら無かったからだ。ワケが分からないことだろう。わたしにだって分かんねぇ。

 

 会社で食べるお昼ご飯にパンを2つ買った。お昼になったのでスマホでニュースを見ながら1つ目のパンを食べていた。食べ終わったので2つ目のパンに手を伸ばそうと顔を上げた。机の上には何もなかった。

 こういう時はアレだ。自分の意に反して異世界から転生してきてしまった小動物みたいな謎の生命体が、ここはどこだと戸惑いながらも空腹であることに気づき、わたしの食べているパンを見て「何だか分からないけど、アイツの食べてるやつ、すごくうまそうだポオン」みたいな変な語尾でしゃべり、わたしの目を盗んでパンをかすめ取るものと相場がきまっているが、そんな生物はいなかった。


「うまかったのかヨオォォォ俺のたまごサンドはヨホオォォォッ!!」


 向かいの席に座っていた同僚のオッサンの胸ぐらをつかんでユッサユッサ揺すってやった・・・らさぞかし気持ちが良かっただろうけど、そのおっさんが食ったという確たる証左もなかったのでやめといた。

 知らぬ間にわたしが食ったんだろうけど、いやぁ折り合いがつかねぇ。

 

 あと、たまに月がものすごく大きく見える時があるんだけど、アレ目の錯覚なんだって。

 ウソつけバカ野郎そんなわけあるかよ実際にデケェ時あんだろ。アレを目の錯覚って言うなら俺が昨日ポポラマーマで食べた『ヨード卵光のレッドカルボナーラ』の上に乗っていたあの光り輝く卵黄も目の錯覚だったのかよ。世知辛えし折り合いがつかなさすぎるぜ。

 

 先日の朝。会社の自販機で麦茶を買おうと100円を投入したけど、うまく入らず釣り銭として出てきてしまった。

 んだよめんどっけーなって思いながら釣り銭口に手を入れると、500円玉1枚と100円玉5枚、計1,000円がわたしの手のひらに載っていた。あぁ、きっとわたしは1,000円札を入れてすぐに返却レバーを下げたんだ。

 バカそんなハズはねぇ。誰かが900円のお釣りを取り忘れたんだよ。なに都合の良いように折り合いをつけてネコババしようとしてんだよ。


 20代の頃に、残業を終えたわたしが帰ろうとバイク置き場に行ったらバイクがなかった。あぁ、何だオレ今日は電車で来たんだった。そう思い駅に向かって歩き出したところで我に返った。だから違う違う盗まれちったんだよ俺のマッシーンは。人間、折り合いがつかなさすぎると、逆に都合の良いように折り合いをつけだすもんなんだな。

 エンジンオイルを全然交換しないもんだからアクセルをふかすとマフラーから白い煙がモウモウと出てきて後続車の視界を90%奪うところから『死神マシーン』という異名をとっていたわたしのマッシーンは、その後わたしの実家と目と鼻の先の神社に変わり果てた姿で横たわっていたのを地元の先輩が見つけて教えてくれた。


 数年前に手足口病になった。折り合いつかないわー大人なのによー。

 

 以上、わたしの中で折り合いがつかなかった話5選は終了だ。

 ナニ108選? ないよ。そんなにあるわけないじゃん。