俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

慌ただしい年末からの幸せな結末。

 昨年末のある日の朝。

 思いの外トイレが長くなり、いつもの家を出る時間を数分過ぎてしまいました。焦ったわたしは急いでトイレから出て、早足で玄関に向かいながら慌ただしくダウンに袖を通したのです。

 その俊敏な様子が、『あぶない刑事』みたいだと奥さんに言われたので、玄関で座って靴を履きながら「たーかーやま。どーこ行くんだ!?」とモノマネをしました。全然似てないと奥さんに大爆笑されました。


 わたしは普段からいろんな人のモノマネをします。望まれれば出来る出来ないに関わらず取り敢えずトライはしてみるし、似ているとはいい難いにしても「まぁアリかな」と評されるくらいには一定のクオリティを保っている自負もあります。でもその時のあぶデカのモノマネは酷過ぎると。カケラも似ていないと。あまりのクオリティの低さに奥さんが大爆笑したのです。


 違うよハニー。きっと君は勘違いしている。わたしがモノマネをしたのは舘ひろしさん演じるタカことダンディー鷹山でも、柴田恭兵さん演じるユージことセクシー大下でもない。中条静夫さん演じる近藤捜査課長だったんだよ。そう奥さんに告げると、今度は2人で大爆笑。そんな時ですね。この女性と結婚できて本当に良かったと思えるのです。

 慌ただしかった朝から一転、シアワセな年末の朝でした。