俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

前回の記事の反応と辞世とトシキについて。

冷え込みの厳しかったある日の朝。

白い息を吐きながら歩いていると、標識の上で鳴いているカラスのクチバシから白い息が。

なんだお前もかと、少し親近感が湧いた。

いいよカラス。いい。

大井競馬場前の歩道橋の上でわたしを襲いし過去は不問に致す。

 

ありがたいことに、前回の記事『100円ショプのスマホリングが砕け散るの巻』に対し、いくつかの反応をいただいた。

 


リングが壊れたのはわたしがものすごい握力を獲得したからではないかという、全く予想だにしなかったご意見を寄せてくれたのはナマけものさん (id:flightsloth)だ。

 


何の抵抗もなく読み進めることができる、水みてえな長文を書く人だ。

わたしは勝手に『生獣(なまけもの)さん』と呼ばせてもらっている。その方がヌラッとして、柔らかな舌触りと喉越しが味わえるからだ。


確かに。わたしの握力がものすごいことになっていた可能性は否定できない要因だ。

リングが壊れた原因を製造側にあるものと思い込み、当方の瑕疵を考えなかった点において反省すべきだと、結構マジメに思ったりした。


ただ、多分だけどわたしの握力は増加していない。

なぜならわたしは昨夜未明、Gするために自らのスーペニを握っているからね。

もしわたしの握力が増加していたら、今ごろわたしのスーペニはもうムッヒャムヒャだわ。

でもホラこの通り、何の問題もないでしょ。でしょって言っても見せるわけにはいかないけれども。


つーか費用対効果が見合っていないよね。ハイリスクローリターンっていうのかな。

自分の握力が増大していないことを証明するために昨夜のGのことまで赤裸々に告白してもさ。明らかに自分が負った傷の方がはるかに大きい気がしてきたよ。

 

ダイソーだったら壊れたリングを交換してもらえるとアドヴァイスをしてくれた人もいた。

最近わたしが読者登録させてもらったブログで、まままっこりさん (id:mamamaccori)だ。

 

 

まままっこりさんというくらいだから、まぁまぁマッコリが好きなお人なのだろう。あるいはまんまマッコリ=すなわちマッコリそのものっ。


まままっこりさんの文章は軽妙でユーモアあふれるため、通勤中の電車内で読むとニヤニヤさせられて周囲の女子高生とかにキモがられるという呪いが発動するので、読む時と場所を選ぶ厄介極まりないブログだ。


わたしが購入したのはダイソーがどうかは分からないよ。ダイタイソーかもしれないけどソーじゃないかもしれないとだけは言っておく。

でも交換という選択肢はまったく思い浮かばなかった。結果的には3度も足を運んだ挙句に200円の赤字が発生しているわけだから、初めから交換しに行っていれば傷は浅くて済んだのに。


こういうことある。

通勤電車の中でお腹が痛くなって、素直に途中の駅で降りて用を足せばいいのに、面倒だし何とかなるだろうとそのまま乗ってたら猛烈な便意に襲われた上に電車が緊急停止して閉じ込められるとか。

持病のパニック発作と激しい下痢のダブルパンチ。


今まで何回も経験したけど、それでもまた同じ目に遭う。

人は成長できる生き物だけど、同じ過ちを何度も繰り返す生き物でもあることを、ゆめゆめ忘れるでないぞ。

いい感じにまとめられたところで次の方どうぞ。


Nintendo3DSスマホリングを貼るシステムを特許化すれば大金持ちになれるというアドヴァイスをしてくれたのは、KOMMA08さん(id:konma08)だ。

 


勝手に『パンダじじい』という心無いあだ名で呼んでいるのに、ぜんぜん怒らないというパンダのように心が広いお人。どなたか教えてくださいパンダの心は広いのですか?


なぜパンダじじいかというと、ご家庭内の空気が剣呑になった時に、わが身を犠牲にしてものごっつうクオリティの低いパンダのコスプレで登場した回があったからだ。



それ以来わたしは敬意をこめてパンダおやじと呼ばせてもらっている。

もしわたしが特許で大金持ちになった暁には、うまい棒(納豆味)を差し上げる約束になっている。1本。

 

前回の記事に言及してくれたのは、id:afurikamaimaiさんという、わたしが読者登録をさせてもらっている人だ。

 


afurikamaimaiさんのブログは核心を突いた鋭い文章だったりして、気付かされたり考えさせられたりすることが多い。

なのでコメントしたりブックマークをしたいと思ったことが何度かあるのだが、正直ちょっとビビッてしまって出来ずにいた。


ただ、最近は以前とは文章のテイストが少しだけ変わられたようにも思えるので、きっと知らぬ内に中の人がそっと入れ替わっている疑惑がわたしの中に根強くある。


それはともかく、ここまで読んでいただけた方ならもうお分かりかもしれないが、わたしはけっこう人様のIDの理由が気になる。

だからafurikamaimaiってナニって思ってしまう。

素直にかんがえるのであればアフリカのマイマイマイマイはカタツムリだから、これはきっと『アフリカカタツムリ』だろう。

そういう生き物が実在するのかどうかは分からないけど、ググったら何かスッゴイの出てきそうだからやめておく。


あるいはafurik・ama・imai=アフリック・アマ・今井さんならどうか。ドンピシャだったらどうしようと思ってこっちはググってみたら何もヒットしなかったので一安心。

スイマセン人様のidをネタにするのはもうやめます。


さて。afurikamaimaiさんは、前回のわたしのブログにちらっと書かれていた『辞世』について言及してくれていた。

 


わたしも同じようなことを思っていた。いったい辞世とはいつどのタイミングでしたためたものなのか、と。

死を目前とした状況で辞世をしたためるような屈強あるいは達観した精神力など、少なくとも今のわたしは持ち合わせていない。


切腹の沙汰が降り、自らの腹に刃を立てるその直前に辞世など詠めるか?

戦で今まさに敵に討ち取られようという刹那に辞世などしたためる余裕があるか?


絶対に無理だ。辞世どころか切腹前で脱糞。討ち死に前でも脱糞。

かのヤワラちゃんだって「田村で金。谷でも金」との名言を残しているではないか。ではないかじゃないんだよ全然関係ないだろ。


仮にわたしが今際の際の状態にあったとしても、たぶん案外に大した事は考えていない気がする。

これまでの人生を回顧するとかそんなことではなく、何かものすごくどうでもいいことを考えているのではないか。

せいぜい「何か玉こんにゃく食いたくね?」くらいだろ。

これで辞世を詠んだら「こんにゃくや……」で始まっちゃって末代までの恥。ていうかお家の存続すら危うい。


以上のことを踏まえると、やは普段から辞世をストックしていると考えるのが妥当か。

そしてそれらが読まれるのは必ず夜だ。

当然だ。いくらストックとは言え、死に面しているわけでもない平素の精神状態で辞世など詠めるわけがない。

それができるとしたら『夜の魔力』を借りるほかない。だから辞世は夜だ。

そして朝起きて枕元に置かれた昨日の辞世を読み返し「ンアァァァンモゥッ!!」ってなるまでがセットだ。

 

ところでさっきわたしが仕入れた最新のトシキを一つ教えて差し上げたいんだけど。

いやもうこれ打ち間違えなんだけどね。トシキじゃなくてチシキ。知識。トシキなんて知らんわ。

でもこれも何かの縁。せっかくだからトシキについて考えてみるよ。


まず、トシキと言えばカルロス・トシキをおいて他にない。

また、トシキを語る上でオメガトライブも忘れるわけにはいかないであろう。

そしてこれらを総じてカルロス・トシキ&オメガトライブと称するわけだが、ちょっと待ってほしい。オメガトライブといえば杉山清貴ではなかったか。


これは80年代音楽シーンの巨人といわれた杉山清貴擁する2万5000のオメガトライブを、手勢わずか2000のカルロス・トシキが奇襲にて討ち果たした、世に名高い『オメガトラの戦い』か。


だいたい超いまさらなんだけどカルロス・トシキって誰よ?

ゴーン? カルロスだけにゴーン的な?

カルロスがゴーンしたように杉山清貴もゴーンした末のトシキ・ゴーン?

バッカ名前変わってんぞカルロスどこいった? やっぱりカルロスはゴーンしてしまう運命なのか。


じゃぁ例えばだけど、杉山清貴カルロス・トシキと同一人物である可能性は何%かな。

え? 0? ゼロ? ズエロ?

ムッシュそこは1000%でしょ。何なら君は1000%でしょ。

お前この野郎。あんまりいい加減なことばっかり言ってると、アクアマリンのままでいさすぞ。

 

トシキについてはこの辺で。またいずれ日を改めて。

わたしが皆さんに教えて差し上げたい知識とは以下のことだ。


『予想だにしない』の『だ』って何よって今までずっと思っていたけど、何とあれは『だ』じゃなくて『だに』で一つの言葉だったんダニ。

だに=すら(さえ)って意味で、この場合だったら「予想すら(さえ)しなかった」という意味になるダニよ。

勉強になったダニね。


ハイみんなが静かになるまで5分かかりました。

だから本官、全然本題に入ることが出来ませんでした。

もういいですか? 話を戻してもいいですか?


戻す話などもうない。