俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

誰かわたしとフォークダンスを踊りませんか?

ハーフパンツっていうのかな。あの丈の短いズボン。劇男一世風靡改めCHA-CHAの勝俣さんがよく履いているやつ。

 

 

 


昔はバミューダパンツって言っていた気がするんだけど、これはすでに死語なのかな。ここ最近は耳にしないから、たぶん死語と化して死後の世界に旅立っていかれたのだろうな。


避暑地で有名なバミューダ諸島で履かれていたのがその名の由来らしい。

でもわたしにとってバミューダと言えば、それはもう『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』をおいて他にない。

魔の三角水域といわれるバミューダトライアングルの謎に迫る物語で、何度観てもワクワクがとまらない大好きな映画だ。昨日も寝しなに観た。おかげで寝不足。

 

 

 


ドラえもんの秘密道具で深海底にキャンプに行くんだけど、しずかちゃんのママは『ドラちゃんが連れて行ってくださるなら安心だわ』って言ってた。

学習せえ。今までドラと出掛けて、我が子が何度身の危険にさらされてきたのか知らないのか?

そう。知らないんだ。なぜならドラえもんは保護者にそんなこと報告しないから。いつだって子どもたちは清々しい顔で戻ってくるし。ダメだなドラえもん報連相が出来ていない。

 

ほうれん草に憧れていた時期があった。

昔、ポパイってアニメがテレビでやっていて。前腕筋群だけが異様に発達した水兵さんが、恋人のピンチになるとほうれん草の缶詰を食べてパワーアップしていた。

 

 

ポパイ ポパイの高いびき AAS-303 [DVD]

ポパイ ポパイの高いびき AAS-303 [DVD]

  • 発売日: 2015/06/29
  • メディア: DVD
 

 


それを見て「ほうれん草ってどんなに美味しいんだろう!」って思ってたけど全然美味しくなくて。

でも大人になってからその美味しさが少しだけ分かるようになったと思ったら「ほうれん草より小松菜の方がいいの」という奥さんの策略により早々にほうれん草を引退して普通のおじさんに戻ってしまって草。ほうれん草だけに草。


ハーフパンツね。

男性があれ履いてるのカッコ悪いわ。すごく。ハーフパンツがカッコ悪いのか、カッコ悪い人がハーフパンツを履いているのか。その辺の議論は措くとして。


人それぞれの趣味嗜好だからどうこう言うつもりはないけど、個人的にはアレを履こうとする男性の感性がまったく理解できない。何が楽しいのか。楽くはないな涼しいんだなアレは。


でも涼しいのは自分だけだぞ。ちょっと太めの自然薯みてえなスネを見せられるコッチの身にもなってくれ。収穫されたいのかこの野郎。


わたしは一度も履いたことがない。そしてこれからも絶対に履かない。涼しそうだと思うけど。時々ものすごく羨ましく思うけど。でも履かない。


履いてる男性は知人にもたくさんいるけど、通勤時に見かける私立小学校に通う小学生も、おんなじようなズボンを履いているよ。それ知ってて履いてんのかな。

今度ハーフパンツを履いている人に「お前どこ小?」って聞いてみよう。

 

ところで唐突だけど『遅羅保魔神酒祭』ってご存知?

もし退魔のための儀式だと思った人がいたならすごい。

大正解で、これは『オクラホマミキサー』と読む。そう。フォークダンス。退魔は一切関係ない。ただ急に思いついたから書いただけの戯れ言だ。


これは曲のタイトルではなくダンス名らしくて、よく聞くあの曲名は『Turkey in the Straw(藁の中の七面鳥)」と言うらしい。


フォークダンスなんてもう一生踊る事はないんだろうな。

小中学校の頃は嫌で嫌で仕方がなかったイベントだったけど、そう考えると一抹の寂しさを感じるものだ。


そうだ。

誰かわたしとフォークダンスを踊りませんか?


あ、わたしは踊らないので

ゴメンなさい。

エデンの園を探しに行ってきます。

娘たちが通う小中学校から、近所に出没した不審者情報のメールが送られてくる。怪しげな男性に声をかけられたとか、後をつけられたとか、身体を触られたとか。


うーん。この街には『リトル・フシンシャ』みたいな地域でもあるのかな。ロサンゼルスのリトル・トーキョーみたいな。こんなにも不審者情報のお便りがどしどし寄せられると、そんな風にも思ってしまうよ。


実際はそんな事ないんだろうけど。五期振りを1匹見たら家じゅうが五期振りだらけに思えてしまうあの感覚と一緒なんだろうな。五期振りじゃなくてカブトムシだったら良かったのに。


そういえばこないだから、ウチの近所でカブトムシが捕れるようになったよ。その辺の木に普通にいるから捕り放題。休みになると虫取りアミを持って近所を駆け回っているよ。1,350円で売れるからね。我が島にとっては貴重な財源だ。


え、あつまれどうぶつの森の話だよ? いつからって、初めからだよ何言ってんのさ。太陽がこの世界をあまねく照らし始めた頃から、わたしはあつ森の話しかしていない。


 それにね。わたしは不惑の40代だよ? ガラスの10代じゃないんだ。40過ぎの男がローラースケートに乗って虫取りアミ片手に近所を駆け回っていたら、それはもう立派な不審者だよ。


そもそもわたしはコンクリートジャンゴーのある地域に住んでいるからね。摩天楼よ摩天楼。違うアントニーは関係ない。大トニーはもっと関係ない。それはお笑い芸人のマテンロウ。そうじゃなくて、80年代後半から90年代前半にかけて、マイケル・J・フォックスがいっぱい住んでいたといわれるあの摩天楼。だからカブトムシなどいないんだ。


これ知ってるかな。摩天楼って別にニューヨークだけの意味じゃないってこと。摩天楼ってのは天にも届きそうな高い建物、即ち超高層ビルが立ち並ぶ場所の事だから、ニューヨークに限らないらしいよ。あ、知ってた?


でもこれは知らなかったでしょ。摩天楼は英語だと『Skyscraper(スカイスクレイパー)』って言うらしい。

そう。聡明かどうかはイマイチ判別のつかない読者様たちなら、もうお気づきだよね。プリンセス・プリンセスが冷たい泉に素足を浸して見上げていたのは、何と摩天楼だったんだよ!!


話は変わるけど、オニヤンマって捕まえたことある? わたしまだ一回しかない。だってあいつら速いじゃん。すぐ川の向こうに行っちゃうし。普通じゃ絶対に捕まえられない。

でもたまたまこっちに向かってきたから、何の期待もしないでサッとアミを振ったら捕れてた。あれはムチャクチャ嬉しかったな。持って帰ってもウチで飼えるわけじゃないから、写真だけ撮ってリリースしたけどね。



f:id:wp-dandy:20200708071627j:image


え、あつ森の話なんて初めからしてないよ。現実にあった話をしてんの。当たり前じゃないの。現実世界でオニヤンマを捕まえたって事がすごいんだからさ。

だって、いる? 読んでくれている人の中で、オニヤンマ捕まえたことのある人。あいつらってムッチャ速いんだぜ。時速70Km。オオスズメバチすら捕食するんだから。想像を絶する捕獲難易度よ。

 

もーう……。

こうしてブログを書いている今この瞬間に、不審者情報が送られてきたよ。今度は近所に下半身を露出した男性が出没したらしい。

あのね。もう本当にゴメンなさいって気持ちでいっぱいになるのよ。違うよ。下半身を出した不審者ってのはわたしじゃないんだよ何言ってんの。ゴメンなさいってのはそういう意味じゃないんだから。何ていうのかな。男性を代表してというか、そんな感じのやつ。


男性ってのはどうしようもないなと。だってこんな事するの男性ばっかりじゃない。男性が下半身基準で物事を考えがちなのは否定しないけど、でもだからといって公衆の面前で下半身を露出していい理由にはならないからね。


隠しておけばいいじゃない。どうしてすぐに出しちゃうの下半身を。羞恥心はどこに置いてきちゃったの? え、ヘキサゴン? 何それ。野久保君が全部持ってっちゃった? よく分かんないけど、それなら仕方がないか。


じゃあエデンの園に行って、もう一度禁断の果実を食べて来なさいよ。そうすれば羞恥心が生まれて、あなたのその粗末なイチジクをイチモツの葉で隠すようになるでしょうよ。逆ゥッ!!

 

でも隠すってのは奥ゆかしい事だけど、隠さないってのも潔くてカッコいいよね。インディー・ジョーンズの時のショーン・コネリーが必死にハゲを隠した挙げ句にヘアスタイルがバーコードだったら、ショーン・ハゲリーだもんね。ハゲソン・フォードもいい迷惑だよ。うん。長女(14)からは発想が小学生だってよく言われる。しかも低学年。


でもこと『隠さない』という点において、わたしの知人Nの右に出る者はいないな。

Nはエライ人とか自分の得になる人に対して、エグいくらいに媚を売るしゴマもするのよ。


普通だったら周囲から嫌われてしまう人物なんだけど、Nがすごいのは、自分のそういうところを一切隠さないってこと。周囲に対しても媚を売る相手に対しても隠さない。「俺は無条件でエライ人の言うことだけを聞く!」と公言してはばからない人。「オレはガンダムで行く」に通じるカッコよさがある。ゴメンなかった。


だからわたしはNの事が嫌いになれないんだよ。何だか潔いというか、そこに清々しさすら感じてしまうんだ。


わたしだったらそうはできないもの。

日ごとに心許なくなる我が頭髪を見ながら、どうやってこの頭皮を隠そうか、そんなことばっかり考えてる。


温泉に行けば、服を脱ぐ前にちょっとワンダーなアンダーサンをシゴイた上で皮を剥いて2割増くらいの状態にする。あぁ、まだ言ってなかったっけ? わたしのアンダーサンは完全体ではないんだ。


もちろん温泉に入っている間、ずっとエッチな事を考えて半勃起の状態を保っているよ。これがけっこう難しいんだ。気を抜くとすぐに縮んじゃうし、エッチな事を考え過ぎると完勃起しちゃってただの不審者になっちゃうし。


自分でも嫌になる時があるんだけど、何でわたしのブログはすぐにハゲとか下ネタになっちゃうんだろう。コンプレックスの裏返しなのかな。別に下ネタを書きたいなんて1ミリも思ってないんだけど。やっぱり羞恥心がごっそりと抜け落ちてんのかな。


ちょっとわたし、エデンの園を探してきます。

禁断の果実を口にするまでは戻らないつもりなので、次に皆さんの前に姿を現せるのがいつになるか分かりません。


今までありがとうございました。

自分の安全は自分で確保しないとね。

緑のおばさん。


通学路の交差点に立って、子どもたちの安全確保をしてくれる。地域によって違うかもだけど、わたしが子どもの頃はそういう呼び方だった。


英語では『lollipop woman(ロリポップ・ウーマン)』って言うらしいね。手に持ってる標識が棒付きキャンディーに似ているからだってさ。

何かカッコいいな。日本じゃ緑のおばさんなんだぞ。どこを探してもセンスのカケラすら見当たらない。もう少しだけ頑張れなかったのかな。翡翠の守り人とか碧緑の番人とか。色々あったはずだよ。


緑のたぬきと何ら変わらないじゃないの。誰が考えたんだ何のヒネリもないな。交通ルールを無視する赤いおじさんを送り込んで、緑のおばさんと飽くなき戦いを繰り広げさすぞ。


でもロリポップウーマンって聞くと、何だろうね、あばずれ臭が半端ない。交差点で舌出して中指立ててそうなイメージ。

『阿婆擦れ』って書くらしいね。擦れは世間擦れみたいな意味だろうけど、なに阿婆って。アバ? ABBA? ホット・スタッフの? それはドナ・サマー。ダンシング・クイーンの方か。あーだんだん分からなくなってきたけど、だだんだんってのがバイキンマンが操るロボットだという事は知ってる。

 

 

アンパンマン プリちぃビーンズS Plus だだんだん

アンパンマン プリちぃビーンズS Plus だだんだん

  • 発売日: 2013/07/04
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 


そのだだんだんの事で昔から困っていて。いやマジで。事態は皆さんが考えるよりもっと深刻だ。

だだんだんって聞くと、脳内で勝手にだんだだんに変換されちゃうんだよ。だんだだんね。だだんだんじゃなくてだんだだん。


じゃあだんだだんは何かっていうと、別にだだんだんの上位互換ロボットとかじゃなくて昭和の演歌歌手の人。『段田男』と書く。

 

 

男華

男華

  • 発売日: 1987/03/21
  • メディア: カセット
 

 


少なくともロボットではなさそうだ。だってこんな角刈りのロボットを作る意味なんて世界中のどこにもない。ただ、段田男さんはロボットではないけど香田晋さんでもないという事は肝に銘じておく必要はあるだろうね。

 

 

香田晋 BSCD-0078

香田晋 BSCD-0078

  • アーティスト:香田晋
  • 発売日: 2018/01/01
  • メディア: CD
 

 


段田男。この人の曲は全然知らないんだ。でも夕やけニャンニャンに準レギュラーで出演されていたらしい。

えー全然気が付かなかったんだけど。夕やけニャンニャンにいたっけなこんな角刈り。記憶にないんだけど。


そりゃそうなんだ。だって夕やけニャンニャン観たことないんだから。ついでに言うとおニャン子クラブも全然知んない。

わたしもいちおう世代ではあるはずなんだけどね。ぜんぜん興味がなかったから、曲もまともに聴いた事はない。


でもつい最近、初めて『セーラー服を脱がさないで』を歌詞を見てまともに聴いたんだけど。


[http://www..com/:title]


これすごい歌だね。ワイセツじゃん。みんなわたしの事をワイセツだ何だって中指を入れるけど、間違えた後ろ指を指すけど、こんな歌を歌うこの人たちの方がよっぽどワイセツじゃない?


歌詞を見ても、普通に「エッチをしたいけど」とか言ってるしさ。「男の子はその時どうなるの興味津々」とか言ってるけど、あなたたち女の子はMI・MI・DO・SHI・MAでいらっしゃるわけだからして、そんなのとうに知ってるでしょ? 勃起よ。ボッキボキに勃起してまっせそん時の男子。たぶんカウパーも出てる。そうだね。俗に言う先走り汁の事だね。地方によってはガマン汁という事もあるけど、別に地方によるわけじゃないかもしれないね。


だからね。だだんだんからだんだだんへの変換に困っていてね。でも敵はどうやらもう一段階の変換を残していて。だだんだんからだんだだんになって最終形態は何とばんばひろふみに脳内変換されちゃうんだよ。マジで。ばんばひろふみ強いよ。だってSACHIKOあるからね。名曲。

 

[http://www..com/:title]


わたしはぺこぱさんの面白さは一切理解できないんだけど、話が脱線したから時を戻そう。


緑のおじさんだよ。

通勤途中にいらっしゃるんだ。交差点に立って、児童の安全を守ってくれている緑のおじさんが。多分60代後半くらいの。


そのおじさんがね。エア素振りしてんのねゴルフの。

いや、もちろんいいんだよ。子どもたちの安全確保をしつつ、誰もいない時にたまにエア素振り。文句はない。


でもそのおじさんの場合、9割が素振りで子どもたちの安全確保が1割なんだよね。

おじさんが素振りしている時に子どもたちが来て、ロクに周囲を見もしないで通してるように見えるんだ。


だからわたしは自分の娘たちに、そういう方たちに感謝しつつも、安全確保は必ず自分でしなさいと伝えているわけ。

その人が大丈夫といっても、もしかしたらその人も見えてないところから車が来てるかもしれないし。必ず自分の目で見て音を聴いて五感を研ぎ澄まして安全確認しなさいと。


だって近所のスーパーの警備員さんなんてさ。わたしが車で駐車場から出ようとするじゃん? 警備員さん、赤い誘導棒をせわしなく動かして行け行けってするじゃん? だからわたしもそれ信じて行くじゃん? 車来てるじゃん? ぜんぜん行っちゃダメじゃん? 危うく事故じゃん?


あんまちゃんと見てくれてないんだよ。

信じるか信じないかはあなた次第なら、わたしはあの警備員さんは信じない。

自分の安全は自分で確保しないとね。

 

ハッカ油をマスクに。どう価値を見出すかの問題。

ネットで注文していたハッカ油が届いたんだ。

 

 

天然ハッカ油スプレー100ml 天然和種ハッカ100%

天然ハッカ油スプレー100ml 天然和種ハッカ100%

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 


ねえ何で? 何でわたしがこのハッカ油を金玉袋に一吹きしてアヒャーッてしなきゃなんないわけ? 言わなくてもわかるよ。どうせそんな想像したでしょう? 

でも知ってる? わたしは確かにちっさい人間だけどね。でもだからといって別にアホではないのよメイビー。


そんな事をしたら大惨事が起きる事は、わたしだけでなく世の男性なら誰でも知ってんの。みんな幼少期にキンカンやムヒを金玉袋にヌリヌリしてアヒャーッてなってんだから。あなた方の近くにいる金玉袋に聞いてごらんなさいよ。きっとおんなじこと言うよ。

 

マスクに使うんだよ。

気温と湿度が上がってきて、そろそろマスクを付けるのも厳しくなってきたからね。ハッカ油をマスクに吹きかけると清涼感が得られるんだって。テレビでやってた。

でも果たしてどこまで効果があるのか分からないでしょ。だから試してみようと思って買ってみたんだ。


マスクの外側にハッカ油を一吹きして出勤してみた。おお。火照った全身の中、まるで山あいの清流に鼻だけを浸したかのような清涼感に包まれた。

良いんじゃないかな。清涼感は得られたよ。鼻だけだけど。


あとはその人がどういう価値を見出すかだね。なんせ鼻という限られたエリアにおいてのみの清涼感だから。つるっぱげの頭に髪の毛を一本だけ植毛して「これでワシも薄毛とサヨナラやっ!」って思える人なら価値はあるのかもしんない。


あとその効果は30分くらいしかもたなかった。駅まで歩いて電車に乗っている途中でその効果が切れた。毎日1時間30分の通勤時間を要するわたしにとっては、ちと厳しいかな。


あとはその人がどういう価値を見出すかだけどね。月初めにつるっぱげの頭に植毛した唯一の髪の毛が月の初旬に抜けちゃった時に「これでまたつるピカハゲ丸くんに逆戻りやっ!」って嘆いちゃう人だとキツイかも知んない。


ちなみにつるピカハゲ丸くんって、よく見ると実は毛が3本あるけどね。

 

 

 


だから1本じゃつるピカハゲ丸くん以下だけどね。「でも波平とは同じだから」だなんて思わない方がいいよ。みんなアイツの事を髪の毛1本だと誤認しているかもしんないけど、実は両サイドに残毛があるって事を見落としがちだから。


30分で効果がなくなるのなら、またハッカ油を吹きかければいいじゃないって思うかもしんないけど。でもハッカ油って結構なオイニーだから、電車やバスの中でマスクにスプレーし直すにはアンパンマンレベルのリンリンな勇気が必要なんだよね。そしてわたしにはないんだよね。そのリンリンな勇気。

 

以上がマスクにハッカ油を使った感想。

正直もうちょいは期待してたんだけどな。そもそも清涼感は得られても、体温を下げてくれるわけじゃないんだよね。

でもマスクを付ける事が不快なんだから、鼻だけでも清涼感を得られるのなら、それは目的達成と言えるのかもしれない。


ここまで書いておいて申しわけないんだけど。別の日にもう一度試してみたら、通勤の1時間30分は効果が持続したよ。30分しかもたなかったのは、わたしのハッカ油を吹きかける量とか場所が適切じゃなかったのかな。


まだ試したことのない人は使ってみてもいいんじゃないかな。人によってはすごく良い物になる可能性もあるし。メイビー。

 

でもハッカ油が余ったからといって、決して身近にある金玉袋に一吹きしてしてはいけない。これだけはマストビー。


以上。

最近になってやっとキムタクのドラマ『プライド』を観終わったばかりのわたしからの忠告だよ。

妙に口に出したくなる言葉がある。

妙に口に出したくなる言葉ってのがあるんだよね。

どうしてかは自分でも分からないんだけど、わたしの場合は昔から『ホセメンドーサ』ってのがそれなんだ。

 

でも実はよく知らなかったんだよね。ホセメンドーサが具体的に何なのか。

だからこそ我々は、今回初めてホセメンドーサについて調査したわけなんだけど。

 

ボクサーだったよ。プロボクサー。

ホセ・メンドーサっていうメキシコのバンタム級統一王者。『コンピューター付きファイティングマシン』と呼ばれるほどの頭脳と技術を持ったキング・オブ・キングス

ある試合で壮絶な戦いを繰り広げ、辛くも判定勝ちを収めたけど、試合後のホセの髪の毛は真っ白になっていたらしい。すごいね。

その試合の相手ってのがジョー。矢吹丈。『あしたのジョー』の主人公。マンガのキャラだったよホセメンドーサ。

 

 

さて。

昨日の夜に道を歩いてたら免許証が落ちてたんだ。裏になった状態でね。

正直に告白するとね。ほんとゴメン。拾わないで素通りしちった。

だってこっちは仕事帰りなんだよ? クタクタなの。この免許証を拾ったら交番に届けなきゃならないんだよ。そんなのホセメンドーサじゃん。

 

うん。この一言を書きたかったがための冒頭のホセメンドーサだし、今回の記事なんだよ。

バカめ。そうとも知らずにここまで読み進めおってからに。世の中にはどこに罠が潜んでいるか分からない事を身をもって知ったところで、曲の紹介に行きたいと思います。

それでは聴いてください。新曲で『私の中の軽い尿漏れ』。

 

新曲はリリースしないしこれからもする予定がないので、話を戻します。

いったんは素通りしたけどね。ちゃんと戻って拾ったよ。だってこのまま見てみぬふりして帰ったら寝付きが良くないもん。

 

でも拾ってみたら免許証じゃなくて歯医者さんの診察券だった。ビミョー。診察券ビミョー。落とした人には悪いけど拾い甲斐がないんだよ。

免許証を落としたら半狂乱だけど、歯医者さんの診察券なら別に良くない? 身分証明にはならないだろうし、自分じゃない誰かが自分の代わりに歯の治療に来るわけでもない。

 

しかもその歯医者さん遠いんだよ。拾った場所から10分は歩く。この診察券を届けたら家に帰るのが20分は遅れちゃう。20分くらいとか思わないでくれるかな。愛する妻子に会えるのが20分遅れるんだ。これは由々しいぞ。

 

いっそもう捨てちまうか。見なかったことにしてそっと地面に戻そうか。わたしではない誰か優しい人に拾われて、どうか幸せに暮らせよ。

まぁ届けたけどね結局。その歯医者さんに。我ながら優しいなと思った。

 

みたいな事を夕食時に家族に話して聞かせたら、長女(14)が「私は自分が優しいかどうか、自分じゃ分からないな」って言った。

奥さんが「でもお手伝いとか進んでしてくれるじゃない」と言うと「それはお手伝いをした方が良いんだろうなと思うからやってるだけで、それが優しさなのかと言われると疑問」だと。

 

そうなんだよね。自分が優しさのつもりでやった事でも、必ずしも相手がそれを優しさと感じているかと言えば、そうとも限らない。わたしがわざわざ届けたあの診察券だって、もしかすると持ち主が意図的に捨てたのかもしれないし。

 

例えば持ち主は歯医者さんの受付の女性に恋をしていて。もっと受付の女性と話をしたいけど、会計と次の治療日の予約という必要最低限の会話しかできない。

そうだ。この診察券を無くしてしまおう。そうしたらそれを理由に受付の女性と話が出来るかもしれない。さらには再発行してもらったお礼として今度ぜひ食事でもという話に発展させられるかもしれない。

そんな幸せな結末に思いを馳せながらわざと診察券を捨てたのに、歯医者さんに行ったら捨てたはずの診察券が届いている。ふざけやがって誰だ余計なことをしたのは。持ち主はそう思ってるかもしれない。

 

まぁ知ったこっちゃないんだけどね。その男性の淡い恋心なんて。

 

そんなこと言ったらだよ。今回わたしが歯医者さんの診察券を届けた件だって、別に優しさからの行動じゃないんだよ。落とし主のためにやったわけじゃなくて、診察券を届けないと自分の寝付きが悪いからやっただけだもんな。早い話が自己満足。

 

自分が相手に対して優しいかどうかなんて、ホントのところは相手にしか分からない。

そして自分は相手の本当の気持ちなんか分からないんだから、自分は自分の価値観の中で、人や物に対する敬意を忘れないようにして、言いたい事もやりたい事もすればいい。

長女にはそう言いました。

 

え、マジメですが?

あのね。わたしだっていつもいつも人様の文句や下ネタばっかり書いてるわけじゃないのよ。たまにはこんな終わり方をする事もあるの。

 

今回も読んでいただき、どうもありがとうございました。

次回『わたしが女性用ナプキンを付けてみた時の話』でお会いしましょう。

読者が著しく減っていなければの話ですけど。

 

 

パンダじじいからブロガーバトンってのが回ってきた。

パンダじじいからブロガーバトンというものが回ってきた。

 

パンダじじいってのはそのまんま読んで字のごとくなんだけど、別に老齢化したオスのパンダの事じゃなくて。それはパンダじじいじゃなくてじじいパンダだから。

 

パンダじじいってのは、わたしが読者登録をさせてもらっているKONMA08 (id:konma08)さんのこと。

 

www.konma08musuko.com

 

 何でKONMA08さんがパンダじじいかっていうと、わたしが勝手にそう呼ばせてもらっているだけなんだけど。

すべての始まりはこの記事だった。

 

www.konma08musuko.com


サムネイルで見て分かる通り。KONMA08さんがパンダのコスプレをしている記事。パンダのコスプレをするのがKONMA08さんの趣味なんだって。

ストレスが溜まった時に心の安定を図るためとか、お腹が空いたけど食べる物が何もない時とか、眠らなきゃいけないのにどうしても眠れない時とか。そんな時にパンダのコスプレをしてその場を凌ぐらしい。そんな事が書かれているのが上記の記事。

 

ごめんなさいウソ。

本当はKONMA08さんの奥様とお子様が壮絶バトルをしなさって。

悪くなった家の空気を少しでも和ませようと、KONMA08さんがパンダのコスプレをしなさって。

そしたら何か奥様の逆鱗にお触れになりあそばされて。

結果的に火に油を注ぐというか、KONMA08さんの勇み足というか、完全なるヤブヘビ状態になってしまったという悲しき記録が上記の記事。これが真相。

 

結果としては悲惨極まりないものではあったけど、家庭の危機にその身を賭してパンダのコスプレをするという誇り高き姿にすっかりと魅了されたわたしは、それ以来尊敬の念を込めてKONMA08さんの事を『パンダじじい』と呼ばせていただく事にした。勝手に。

いや大丈夫。ちゃんと込められているから尊敬の念。いろいろな部分に散りばめられているけど、特に『じじい』のところにふんだんに含まれてるから尊敬の念。

 

KONMA08さんのパンダコスプレを初めて見た時に「この人はきちんとバカになれる人なんだ!」って思った。

ごめん違くて。そういうアレな意味じゃない。いい意味。いい意味のアレ。

わたしは常々『バカになれる人』でありたいと思っていて。もちろんただのバカはイヤなんだけど、普段はマジメでもバカになるべき時にバカになれる人というか、うまく言えないけど何かそんな感じ。

 

パンダコスプレをするKONMA08さんは、きっとそういう人なんだと思った。バカではなく人のためにバカになれる人。多分。きっと。ごめんよく知らないやエヘヘ。

 

 

そろそろ本題に入りたいと思う。

今回この記事を書くにあたって、久しぶりにパンダじじいの写真を見た。

前に見た時はスマホの画面だったけど、最近はブログの記事も主にPCで書くようになったので、初めてPCの大きな画面でこの写真を見た。

 

パンダじじいが思ったよりじじいだった。どうしよう。PCの画面いっぱいに思ったよりじじいなじじいが表示されている。

わたしの横を通りすがった次女(10)が二度見した。長女(14)がPC画面のパンダじじいを見て「何これ?」と質問してきた。『誰?』ではなく『何?』だった。もはや人として認識されていない。それはそうだ。元より人ではなくパンダなのだから。

 

そのパンダにしても、よくよく見ればクオリティがドイヒー。パンダっていうよりほとんど全治6ヶ月の大怪我した人。昔のギャグ漫画とかによく出て来たもんこういうの。これでパンダと言い張るその剛胆さが本当にうらやましい。

お風呂上がりにコレがリビングでテレビを観ていたら、わたしがマタギなら猟銃、ドラえもんなら地球破壊爆弾孫悟空ならかめはめ波界王拳20倍のやつ)をお見舞いする自信がある。

 

でも振り向いた時にこのつぶらな瞳で見つめられたら、一瞬で恋に落ちる自信もある。

もしすでに二人が恋仲になっていたのだとしたら、恋が一瞬で愛に変わる可能性というか恐れが100%だ。とにかくカリスマ。リスペクト。インスパイア。

その功績を評価して、KONMA08からKOMMA08にしてあげる。ちょっと発音がいい感じになるよ。差し上げるから使ってどうぞ。

  

こんな風に書いたら激怒してしまう人もいる思うけど、パンダじじいは多分だけど大丈夫。怒らないと思う。多分だけど。

わたしがパンダじじいを見て思うのは、とにかくフトコロが深いということ。

わたしみたいに読者登録はしたけどほとんど読みに行かない不義理な読者に対しても、他の方々と分け隔てなく接してくれる。そういう優しさで溢れている。優しさに溢れすぎているから、読んでいるこっちは優しさに包まれすぎてユーミンも裸足で逃げ出すレベル。

 

別にお世辞でも何でもない。わたしはお世辞は言わない訳ではないけど好きじゃないし。言葉は悪いかもしれないけど、パンダじじいにお世辞を言っても別にお金くれるわけじゃないし。

 

 

あー本題じゃなかった。これは全然本題じゃなかったー。

いま気づいた。大切なブロガーバトンについて何も触れていない。

パンダじじいからブロガーバトンというものが回ってきた。

 

 www.konma08musuko.com

 

 今流行っているらしい? わたしはぜんぜん知らなかったんだけど。

  

f:id:wp-dandy:20200612143812j:plain

こういうやつ

 

ここに必要な事を記入して次の人にバトンを回すと、ヒヤパ (id:hiyapa)さんが10万円くれるんだって。

ウソごめん違くて。このブロガーバトンの仕掛け人がヒヤパさんなんだって。KONMA08さんが言ってた。

  

hiyapa.hatenablog.com

 

 

ヒヤパさんってのはわたしも読者登録をさせてもらっている人で。

何かすごく廃墟に行く人。廃墟に行って写真撮ってきて、それをブログに載せてレポートするの。

わたしもたまにブログを覗かせてもらいに行くんだけど、ほんとすごいなって思ってる。何がすごいって、単純に「怖くないの?」ってこと。

だってわたしなんて今の家に住んでもう15年にもなるけど、未だに一人で二階に行けないんだよ。なんか知んないけど怖えんだもん。

 

で。そんなヒヤパさんから回り回ってパンダじじいからわたしに繋がれたこのブロガーバトン。リアルで友達もいないし、ネットでも誰とも深い繋がりを持っていないわたしだから、こういうのは苦手。今とてもドキドキしている。

でもパンダじじいから託されたバトンをここで落とすわけにはいかない。頑張って書いた。

  

f:id:wp-dandy:20200612155611j:plain

よくがんばった。

 

 一番古い記事はこれ。

  

wp-dandy.hatenablog.com

 

 

お気に入りの記事は困った。自分が何を書いたのか覚えていないので。

でも474記事を新しい順からざっと見返して目についたのがこれ。

  

wp-dandy.hatenablog.com

 

 

ブログの記事を書いていると、ものすごく筆が乗る時とそうでない時があって。

最近は何を書いても全然筆が乗らないんだけど、この記事の時は何でだか知らないけど、滑るようにスラスラ書けたのを何となく覚えている。

 

さて。このバトンを誰に渡そうか。

今回の記事のほとんどがパンダじじいの話題に終始してしまったから、いっそのことこのバトンをまたパンダじじいに戻そうかと考えたけど、ものすごいヒンシュクを買いそうだからやめておくことにした。

 

で。

まことに勝手ながら、S(エス)さんという方にバトンを渡させてもらった。

 

www.desunenote.com

 

 

Sさんとは、以前Sさんがご自分のブログで企画されていたラジオに誘われたけど、わたしがビビって丁重にお断りしたという、そういう気のおけない間柄。

 

www.desunenote.com

 

自分は断っておきながらバトンを渡すという失礼はこのさい目をつぶるとして、何だかSさんは行動力があって色々企画されるのが好きっぽいから、わたしのこの一方的なバトンも受け取ってくれるのではないかな。

 

 

以上がわたしのブロガーバトン。

企画発案者のヒヤパさん。楽しませてもらいました。ありがとうございました。

バトンをわたしてくれたパンダじじいことKONMA08さん。ありがとうございました。数々のご無礼を許してくれたら、いつかうまい棒(納豆味)あげるから。一本。

 

そして勝手ながらバトンを渡させていただいたSさん。よろしくおねがいします。

波平っておかしくない?

ふと波平の事を考えた。

 

波平の事をふと考えてしまう自分の精神状態は疑ってしまうけど。
でもどうしても気になってしまって。あのチン毛みたいな頭髪が。

 

だって頭に毛が一本だよ? 何で一本だよ。兄の海平だって二本なのに。兄より老いさらばえてんじゃねえぞ。
オバQだって毛が三本あるのに。山川商事でバリバリ働く54歳は、食いしん坊でイヌ嫌いのオバケ以下かよ。

 

あとそれフザケる時のやつだぞ。加トちゃんが被るズラのやつだぞ。
じゃあお前フザケてんのか? フザケて毎日会社に行ってんのかよ。よくそれで「専務に呼ばれた」とか言って取締役の前に顔を出せるな。
抜けよソレもう。なまじ一本だけ残してるから未練たらしくて見てられねえ。

 

でも頭はあんなにフザケてるけど、それでいて威厳があってしっかりとした大黒柱なのってすごいよな。
世田谷区に平屋の一軒家を所有している時点で勝ち組だから波平が羨ましくて仕方がない。

 

あの頭はヤダけど。