洗練された野生。

洗練された野生。

有終の美を飾りたいブログ。

『八雲さんは餌付けがしたい』というマンガにハマった。

我が家はお世辞にも裕福ではないから、家族の欲しがる物をあれやこれやと何でも買ってあげる事は出来ない。それについてはひとえに己が不徳と致すところであり、稼ぎの少なさを家族に謝罪しながら毎日を低頭平身で生きているというのはウソだピョーン。でもわたしの稼ぎが今より良ければ奥さんや娘たちの望みをもっともっと叶えてあげられたんだろうなぁなんて事を思いながら日々を過ごしているのは本当。

 

そんな我が家ではあるけれど、こと『本』に関してだけは財布のヒモが破滅的に緩いというかチャックが壊れて経済観念がダダ漏れしてやすぜダンナァ状態だったりする。なぜかというと奥さんもわたしも本が好きだから。ナスを好む人は100パーの確率でズッキーニも好む傾向にある事が科学的に証明されているのと同様に、本好きのわたし達はブックオフをこよなく愛している。

 

だから週末になるとブックオフをハシゴする事も珍しくはない。でも立ち読みはノー。いくらブックオフサイドが許していてもノー。だって立ち読みジャマじゃん。ただでさえ狭い通路にはびこって痴漢よろしく商品をベタベタと触りまくった挙句に買わない。知らないけどたぶん絶対に買ってない。まぁ買わなくてもいい。でもどいて。その棚見たいからちょっとでいいからどいて。おどきになってねTEACHER。あとそこなお子様。せめて立ち読みにして。通路に座り込んでの座り読みはしないで。それがブックオフにおける無課金ユーザーのせめてもの作法。立ち読みが許されているからと言って他者の邪魔になっていいわけじゃない。考え違いをしないでほしい。

 

いま我が家のメンブァーがハマっているのはマンガだ。少し前にわたしが家族に向けてプレゼンした企画『読んだことのないマンガの一巻だけを買って面白いマンガを新規開拓しよう』が見事に採用の運びとなったからだ。そして今回新たに発掘されたマンガが、タイトルにもある『八雲さんは餌付けがしたい』だ。

 

 

厳密には長女が発掘したマンガだけど読んだらとても面白かったので、長女にはわたしが発掘したことにしてもらった。

 

八雲柊子という28歳の未亡人が、ひょんなことから隣の部屋で一人暮らしをする16歳の男子高校生に食事を作って食べさせる。それがストーリーの骨子。料理は出てくるけどグルメマンガではないので作中に細かいレシピが出てきたりはしない。感想という体で料理の詳細を説明しまくる世界の渡部改め多機能トイレ男爵(1万円)みたいな輩も出てこない。食べると突如「ウンメエェェ!!」と激しくヤギ化する不審人物も不在。非常に好感の持てる作品。

 

恋愛要素はほんのり。普段お酒を嗜まない若奥さんが記念日に少しだけ梅酒を口にした時に頬にさす桜色くらいのほんのり具合。今のところ八雲さんはただ食欲旺盛な男子が美味しそうにガツガツとご飯を食べる様子を見ていたいだけっぽいけど、大和くんサイドは八雲さんに恋愛感情を持ってそうな感じはある。

 

そのほんのりもまた良い。恋愛要素が薄いんだ。このシチュエーションに恋愛がガッツリ絡んできたり、あまつさえエロ要素なども含まれてくると、この作品の良さが失われる気がしてならない。いや、ほんの少しのエロ要素はあるにはある。でもそれは相手が年頃の男子高校生だから、そういう要素も描かないと逆に不自然でしょってくらいの、いわばいい意味のエロ。ノンエロリー。いやエロリーハーフ。

 

そのさじ加減が絶妙に良い。わたしが思うにこれはきっと作者の方が女性だからではないか。これが男性の作者ならこうはならないだろう。きっとエロねーちゃんとエロガキが織りなす単なる『エロストーリーは突然に』にしかならなかったはずだ。あるいは『東京エロストーリー』か。いや『エロという名のもとに』も捨てがたい。あるいは『エロジェネレーション』の線も考えられるな。待て待て。『一つエロの下』を忘れるところだった。そしてここは一気に『振り返ればエロがいる』で畳みかけるか。おっとそっちが医療モノで来るならこちらも考えがある。いいのか? 『エロい巨根』を出すぞ。間違えた『エロい巨根』だ。また間違えた『エロい巨塔』。

 

ここまでは以前に書いて投稿した記事だけど、今回この作品を読み終わったのでちょっと追記。

結論、わたしの理想通りの結末ではなかった。ネタバレになってしまうから詳しくは書かないけど、結末を受け手に委ねる感じだったのが個人的には残念。これいちばん苦手なタイプの結末。100人の受け手がいたら100人の結末があるみたいなの苦手。それをされるとどれだけ過程が良くても全てが無駄になったと感じる。射精の瞬間に勢いあまってペニーレインが抜けて外田氏になった。誰? しかもコンドームの中に。でも言ってみればこれも中田氏か。誰? カオス。それが昨夜。わたしのブログはエロリー過多。悔い改めたいと思います。

晩酌について一言だけ言わせてもらいたい。

いわゆるひとつの晩酌の話をしたいんだけど、この晩酌という言葉には何とも言えないオヤジ臭が漂っていてどうにも止まらないのでリンダが困っちゃうという噂があるけどそれは信じちゃいけない。なぜならわたしの心はウブだからだ。

 

わたしが人見知り大魔王なのはご存じの通りと思うけど、ウブ。本当にウブ。コンビニとかレストランではお店の人の顔をまともに見られないほどのウブ。こないだ家族でファミレスに行った時、わたしの注文時の声が相当にイケボだったらしく、次女に「あの店員さんがかわいかったからでしょ」と言われた。知らん。かわいいもなにも当該店員の顔面を見ていない。わたしが把握しているのは恐らくはサル目ヒト科ヒト属に属する人類即ちホモサピエンスであろうという推測に留まっており、老若男女も判断できない。

 

この老若男女という言葉は或いはジェンダー不平等になってしまうのか不安になる年頃。このご時世なので言葉の隅から隅までずずずいと神経を張り巡らせ奉らないとすぐに大火事が発生するから厄介。ネットの世界だから炎上などという言葉だけで済んでいるけど、現実世界なら放火という立派ではない犯罪。しかも重めの罪。気に食わないからと他人の家を放火したら当然に罪に科せられるわけだからして、ネット世界においても無神経に炎上させた場合は『サイバー放火』とでも名前を付けて罪を科すのはどうかと提案したいけれど、そんなことしたら世界中が罪人で溢れかえり司法の機能がパンクしそう。

 

どちらにせよ言葉は慎重にチョイスするに越した事はなく、初めに戻るとわたしは晩酌などというオヤジ臭い言葉は使いたくはない。たとえリンダが困っちゃってもだ。リンダが困っても個人的には一向に困らないがマンダが困ると久子が悲しむからそれは避けたい。なぜなら萬田久子さんは事務所の先輩に『道頓堀 心子』という芸名を付けられそうになった過去があるからだ。どういう方向性? 萬田の心中をお察し申し上げます。

 

別に晩酌なんていう大層な慣習ではなくて、わたしは夜ご飯の時においしくお酒を飲みたいだけ。ただそれだけなのに、そうはさせまいとする強大な敵がわたしの前に立ちはだかっている。それがお酒は夜ご飯と一緒には飲まないという知人、名付けて『お酒は夜ご飯と一緒には飲まない知人』だ! その知人は夜ご飯というか米の飯と一緒にお酒は飲まない。お酒は最初におつまみでひとしきり楽しんだ後で、お酒をやめて米の飯を食べる。

 

だからわたしが夜ご飯と同時にお酒を飲み始めるとすごく不思議がる。「ごはんと一緒にお酒飲むの? 変わってるね」とか言う。是非丁重にモミアゲをつまんで踵が浮くほどに持ち上げて差し上げたい。どうしてわたしの方が変わっていると言い切るのか。自分の普段の慣習が普遍的なものであるというその自信は一体どこから来るのか。卒業していったい何解るというのか。ゴメンちょっとだけ尾崎出た。それはともかく少しでいいから「ちょっと自分って変かなー」みたいな視点で物事を考えた方が良くはないかな? かくいうわたしも自分の方が普通だとは思ってはいたけれど、それでもあなたの事を変わってるとかおかしいとかは思わないし言わないよ。あとこないだヒトカラ郷ひろみさんの『言えないよ』を歌って94点出した。

 

その知人には前にも、飲み会が始まって真っ先にチャーハン頼んだら「それ早過ぎない?」って言われた事があった。その時は確かご飯ものを食べると腹に溜まっちゃうからって言ってた。腹に溜まっちゃダメかな。え…と、好きになっちゃダメ…かな。ゴメンちょっとだけ乙女出た。むしろ本望なんだけど腹に溜まって。ゲロ吐きに来たわけじゃねんだわ。腹を満たしに来たんだわ。何の食べ物で満たされたっていいんだよ。ローストビーフでももずく酢でもババロアでもババアでもいいんだよ自分の好きなものなら。ちなみにわたしは熟女好きではないけれど。ていうかわたしの年齢で熟女というと70歳とかになっちゃうんじゃないかな。それは熟女というか老婆というかローバー。ランドローバー。ランドローバーというメーカーが販売するレンジローバー。ややこしい。

 

何が言いたかったかというと、こないだ家でおでん食べてた時におでんのおつゆで出汁割りってのをやってみた。前にテレビで観た。どこぞの飲み屋でおっちゃんたちがお酒におでんの出汁を入れて飲んでた。正直あんなもんが旨いわけがないと思ってた。変なもん飲んでるなと。酔っぱらってわけ分かんなくなってんじゃねえかなと。

 

で、試してみたら何とビックリ。しっかりとマズかった。いや正確には3口目まではおいしかった。出汁がいい味を出してたから。でも3口目以降で突如気づいちゃう。これは出汁割りがおいしいんじゃなくて出汁がおいしいんだ。だったら出汁を飲めばいいんであって、何もお酒に入れる必要は全くない。

 

出汁割りはマズい。そう結論付ける寸前でたったいま速報が入ってきた。出汁割りってどうも日本酒で作るっぽい。わたし焼酎に入れてたわ。いいちこに。真相は闇の中。続報を待て。

既成概念に縛られたくない。

既成概念に縛られたくないです。

 

こないだテレビを見ていて思った素朴な疑問ですけどね。犬のことをワンちゃんって言うけど、猫のことはニャンちゃんって言わないですね誰も。だいたいみんなネコちゃんって言います。逆に犬のことをイヌちゃんと言う人を見たことがない。

 

でも異質なのはワンちゃんの方でしょうね。だってワンというのは鳴き声だからして。その理屈だとライオンはガオちゃんだしトラもガオちゃんだし熊もガオちゃんだけどサヨナラはGAOちゃんの大ヒット曲。好き。流れる季節に君だけ足りないの好き。

 

あと声。熊って何でフランケンみたいな声なんでしょう。これ絶対なんですよ。甲高い声の熊、見たことあります? ないですねわたしは。だいたい口いっぱいに焼き芋を頬張ったみたいな声で「リスくんこのドングリあげるよぉ~」なんて言うんです。いらんもんねその声で言われても。いったんそのドングリ口に含んでそう。

 

声の高い熊がいたって良いじゃないですか。安田大サーカスのクロちゃんだって、あの人あのガタイと見た目なのにあんな声だから視聴者の意識にフックするんであって。「女の子を泣かせちゃダメだしんよ!」はフランケンボイスじゃ聞きたくないな。

 

こういう既成概念には縛られたくないです。

『青天を衝け』で気が付いた衝撃の事実をお教えしたい。

f:id:wp-dandy:20220212193544p:plain

別の世界線ヤン・ウェンリーさん

ついこないだ、撮りためていた『青天を衝け』をやっと観終わりました。

 

それでなんですけどね。青天を衝けを観ていて、わたし衝撃の事実に気が付いてしまいましたよ。知りたいです? 衝撃の事実。知りたかったら今すぐ雪印のコーヒー牛乳買ってこい。1リットルのやつ。

 

www.meg-snow.com

 

好きなんですよ子供の頃からずっっっと。このコーヒー牛乳がすっごく。

 

中学生の頃です。家に遊びに来た友達が、わたしの飲んでいるコーヒー牛乳をみて「いいなーいいなー」って物欲しそうにずっと言うんですよ。あんまりしつこいから根負けして、コップに分けてあげたんです。そしたらその友達が「ドモドモ」って言ったんです。

 

わたしがどんな思いでこのコーヒー牛乳を分けてあげたと思っているのか。うちはちょっとした貧乏だったんです。このコーヒー牛乳は自分のなけなしのお小遣いを貯めて買った貴重な品。しかも500ml。1リットルじゃないんですぞ。コップ一杯を分けたらもう半分も残らないんですぞ。そういう貴重なコーヒー牛乳を分けてもらっておきながら、なに? なんて? 口をついて出た言葉がドモドモ?

 

そうじゃないでしょ? 両手を地に付け額を擦り付け「この度はあなた様がなけなしの金銭で購入されし雪印のコーヒー牛乳、そのような貴重な品ををお分けくださいまして、まことに恐悦至極に存じます」これが正解ですよ。それなのに言うに事欠いてドモドモの一言で済まされたこと、わたし30年以上経った今でも忘れることが出来ません。

 

途中でちょっとだけムックみたいな口調になってしまったけど、ここまで書けば雪印から当該コーヒー牛乳1年分が送られてくるんじゃないですかね。たぶん。

 

あまりに雪印のコーヒー牛乳が好き過ぎて、奥さんに「何歳まで好きでいられるのかな?」って聞かれたから「たぶん死ぬまで好きかな。でも君のことは死んでも好きだけどね」って答えたものだから、その日のセックスはもう燃えて燃えて。某メーカーの0.01ミリのコンドームが破れましたからね。これマジで。ビビりましたよ。何か途中から妙に感触が生々しいと思っていたら、根元のところでクルクルって丸まってんの。思わずそそり立つマイサンに向かって「寒さに凍えている猫かよ!」ってツッコんじゃいましたよ。



それでちょっと話が変わるんですけどね。青天を衝けで、ディーン・フジオカさんが五代友厚(五代才助)役で出てたんですけど、ディーンさん、武豊さんにそっくりなんですよ。

 

f:id:wp-dandy:20220212194031j:plain

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/10/kiji/20210810s00041000175000c.html

f:id:wp-dandy:20220212194058j:plain

https://mainichi.jp/articles/20210410/k00/00m/040/088000c

 

面白いですよね。わたし、ディーン・フジオカさんは超絶イケメンだと思ってるんです。でも武豊さんはホラ、何ていうかあの。いやわたし別に武豊さんがどうとか言うつもりはないんですよ。ないんですけど、でも少なくとも超絶イケメンではないですよね、武豊さんは。

似ている二人なのにこの違いはどこに起因するのか。わたし気になってネットでお二人の画像を見比べて色々と考えてみたんですけどね。さっき奥さんがあと5分くらいで晩御飯だって言ってたから、もうどうでもよくなりました。今日は焼きそばです。イエーイ焼きそば大好きー。

 

衝撃の事実? これですよ。ディーン・フジオカさんと武豊さんは似ている。衝撃の事実やないかい。

好きな事、得意な事の最大値を伸ばしたい。

f:id:wp-dandy:20220212092754j:plain

別の世界線のリサ•ステッグマイヤーさん

 

わたしが今年の初めに描いた絵です。比較的本気です。

 

少し前の記事で、今年は絵に力を入れてみたいと書いたけど、それと同じくらい、今年は文章を書く事にも力を入れていきたい。

 

自分の好きな事とか得意な事の最大値を伸ばすのに時間を使いたいんですよ。

ちょっと今から大黒っちゃいますけど、わたしもこんな年だし親も年だしあなたしかいないし。ねえ。要するにわたしに残された時間はそれほど多くないんです。

以前、社内でも有名な占いオババに手相を見てもらったら「あんた70歳まで生きられないね」ってハッキリ言われましたからね。クッソババアが。キン肉バスターをお見舞いして今すぐ冥土への引導を渡してやろうかと思いましたよ。もちろん死に装束はメイド服。冥土だけに。しかもレンタル。アキバのメイド喫茶からの。筋肉ドライバーにしないのはせめてもの情けと知れ。

 

もちろん嫌いな事や苦手なことにチャレンジするのも良いと思います。チャレンジした結果、今まで気が付かなかった意外な才能が開花する事もあるだろうし。

例えばわたし、ボカロは苦手だったんです。でも娘たちが聴いているのを一緒になって聴いている内に好きになりまして。去年からボカロ作りが趣味になりました。今までに3曲をSNSにアップして、今は4曲目を制作中。再生数は軒並みほぼ一桁。ちなみに音楽知識はゼロ。

 

こんな事もあるので、何でもチャレンジしてみる事はおススメです。ただそれは、ある程度時間があればの話。

ついこないだまで観ていた『青天を衝け』で、若かりし頃の渋沢栄一さんが忙し過ぎる自分に対して「さぁーて。時が足りねぇー」って言ってました。すごく嬉しそうに。やる気に満ち溢れているんでしょうね。何よりです。

でもそれってきっと若くて残された時間が多いからこその喜びなんですよ。これが40過ぎた中年になると「やべーぜんぜん時間ねー死すもうじき死す間もなく死す」っていう焦りに変わります。イマココ。わたし今ここなんですわ。

 

で。得意かどうかは別として、文章を書くことはそれなりにチュキダカラー。今年はちょっと力を入れてみようと。だから最近はブログに記事をアップする頻度を多めにしています。とにかく四六時中文章を書く生活をしています。

 

いまだに自分らしい文章が掴めていないですからね。ブログを始めて5年以上経つけど、全然ブレブレ。だから最近は常体ではなく敬体で文章を書いてます。いわゆるですます調。

しばらくはこの感じで書き進めてみようと思っています。

朝から警報級の雪が降るというから。

2022年2月10日(木)。

すなわち本日です。何が起こるはずだったか知ってます? そうです。地球にテキサス州と同じサイズの小惑星が落ちるはずだったんですよとかウッソーんそれアルマゲドンじゃね?

 

アルマゲ1998年ですよ。20年以上前。時はまさに世紀末。ノストラダムスが世界の終末を予言した1999年が差し迫る中で公開されたパニックムービーです。

ちなみにノストラダムスの予言とは、皆さんご存じのこれです。

 

1999年7の月

空から恐怖の大王が降ってくる

アンゴルモアの大王を復活させるために

その前後の期間、マルスが幸福の名のもとに支配に乗り出すだろう

 

うーんどうでしょう。結局は恐怖の大王が地上に降ってきた形跡は全く無く、当然アンゴルモアだかアンモニアだかの大王も復活していません。たぶん。さらに言うなら幸福の名のもとにマルスに支配された覚えもないのです。

 

でも知ってます? 今年の1月19日、何気に小惑星が地球に接近してたんですよ。リアルアルマゲドン。地球から約200万キロメートルの距離です。地球と月の距離の5倍以上。全然近くないじゃんって思うかもしれないけど、天文学的にはむっちゃ近い距離みたいですよ。

 

小惑星の大きさは幅1キロメートル。大きいか小さいかって? いや1キロメートルですよ大きいに決まってるじゃないですか。そりゃわたしの御珍宝には敵わないけど、それでも東京タワー3つ分ですよ。こんなサイズの小惑星が地球に衝突したらどうなるか分かります? 教えてもらえません? わたし分からないです。

でも140メートルでも原子爆弾1000個分に相当するらしいので、1キロメートルの小惑星ならそのパワーは推して知るべしDeath。

 

NASAでは実際に小惑星に衛星をぶつけて軌道を変える実験も始めたみたいです。でもそんな事にコストをかけるより、世界中の石油掘削業者で働いている中年のハゲオヤジを探す方が早くないですかね。

でもこれは言うほど簡単じゃないですよ。ただ中年でハゲオヤジってだけじゃ、ただの中年のハゲオヤジなんだから。そんなのいっぱいいるんだから。中年でハゲオヤジで、加えて宇宙に行けるくらいのクッソ度胸がないと。

 

そうじゃなくて。今日、何が起こるはずだったのか。東京は朝から雪が降るはずだったんですよ。

降らなかったじゃねえですか全然。午後になってやっとパラパラ降り出したくらいで。警報が出るかもしれないっていうから残り少ない有休を使って休んだんですよ。無駄だったじゃないですか。絶対会社で笑いものになってますよ。ププーあいつビビッて有休取ったけど雪降んねえでやんの。

 

アッタマきたからヒトカラに行ってやりましたよ。独りなのにメガポテトを頼んだら冗談みたいな量の山盛りポテトが運ばれてきましてね。道理で注文する時にフロントの女の子が「メガポテトですか?」って聞き直したわけです。止めてくれればいいじゃない。耳を疑うくらいなら止めてよ。それ独りじゃ食べらんないよって。わたしも頼んだ以上は残すまいと必死で食べて、間もなく下痢してずっとトイレの個室に籠ってたんだから。ウンコするためにカラオケに来たわけじゃないんですよ。

柴田恭兵さんは、いったい何が関係ないのか。

今年は絵に力を入れてみようと思っています。絵が描けるとそれだけで表現の幅が格段に広がるし、練習を続けていればドヘタでもヘタくらいにはなるでしょう。

だから最近は絵の練習を兼ねて、イラストしりとりの形で毎日絵を描いてはSNSにアップしています。せっかくなので今度からこのブログにもアップするかもしれません。その時はよろしくお願いします。

 

わたしが毎日描いてアップしている絵は、ネットで見つけた写真を模写して描いたものです。これっていま話題の『トレパク』なんでしょうか。トレースはしてないし、この絵で収益を上げてもいない。でもネットにアップしている時点で、やっぱりわたしもアウトなんでしょうかね。

 

でも実際はこういう絵はネットに溢れているわけで、アウトだけど実質グレーというか、正直よく分からない部分はあります。だからといって「関係ないね」の一言で済ますわけには行かないのだけれど。

 

関係ないね、と言えば……

 

 

f:id:wp-dandy:20220209211940j:plain



この絵はわたしが描いた柴田恭兵さんの絵です。

イマイチ似てない。それは分かってます。でもどこが原因で似ないのか。それは分かりません。なぜならわたしには絵心がないから。

 

それよりどういう事なんでしょうね。

何がって、柴田恭兵さんですよ。柴田恭兵といえば「関係ないね」でファイナルアンサーでしょう。それはいいんです。問題は何が関係ないのかって事ですよ。何が彼をそこまで排他的思考にさせるのか。

 

みんなも知らないでしょ。でも日本国民全員、柴田恭兵さんが関係ないのは知っているんです。『柴田を見たら関係ないと思え』。これが日本での常識。あと『柴田も歩けば関係ないに当たる』とか『石の上にも柴田』『二階から柴田』。二階から柴田怖え。恭平ならまだしも理恵だったらどうしよう。嚙まれるかも。

 

それはともかく、今の今まで何の疑問も持たなかった自分に恐れおののいています。それはウソです。恐れおののいてみたかっただけです。

 

だからわたし、ちょっと調べてみたんですけどね。ウィキペディアで。いやだからちょっと調べてみたって言ったじゃないですか。ちょっとって言ったらちょっとですよ何言ってんすかハゲ。ちょっとって言ってたくさんだったら、それはもうただの噓付き大魔王じゃないですか。大魔王。大王でもなく魔王でもなく大魔王ってところが笑えますよね。うるせえな黙って笑えよこの野郎。

 

調べたところによるとですね。どうやら元ネタは1980年代に流されていたポッカ缶コーヒーのCMで、柴田恭兵さんが言っていたセリフらしいんですよ。

でもそのCMが直接の要因ではなくて、そのセリフを当時の田代まさしさんや木梨憲武さんがバラエティで多用したこと、それが結果として「関係ないね」を柴田恭兵さんの代名詞にしてしまったらしいんです。

 

そのCM、気になるじゃないですか。今は本当にいい時代ですよね。YOUTUBEがあるんだから。調べましたよわたし。

でもないんですどこにも。いくつもCM観たんですけど、どのCMでも「関係ないね」なんて言ってないんですよ。

 

結局分からずじまいで、分かった事といえば改めて柴田恭兵さんが超絶かっこよかったっていう、全然関係ない事だけです。