俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

性への目覚め〜首筋を噛んだらヤバイことになった。

『性への目覚め』ってのは、何がきっかけなんでしょうね。


自分の場合を思い出してみますと、幼稚園の頃ですかね、『股間に何かをオシツケルト気持ちがいい』ことを学びましてね。

オシツケルトってなんだろうケルト神話か何かに出てくる神獣かな誤変換にしてもちょっと知的な感じが醸っていてその意気や良し。正しくは『押し付けると』です。


だからね。股間に何かを押し付けると妙に心地が良いことに気が付いてですね。ところ構わずいろんなところに股間を押し付け回っていた時期があったわけです。マーキングをする犬のようにね。


そんである時です。パンツを脱ぎ捨てマッパのオマタでサビッサビの鉄柱にまたがって腰を激しくグラインドさせていたら股間が血だらけになりまして。


太陽が東からのぼるくらいに当たり前のことなんですけど、自分でも何でそんなことをしたのか謎です。強いて言うなら『性への飽くなき探究心に従った結果』といいますか。そんでチンチンに赤チンを塗ってもらうという冗談みたいな治療を施されたのでした。

思い起こせば、それがわたしにとって性への目覚めだったのではないでしょうか。


話を現代に戻します。

少し前のことなんですけど、家族でファミレスに行った時に長女(11)の首筋を噛んだら彼女の様子が少しおかしくなりまして。

話がイキナリ過ぎましたかね。順を追った方が良いでしょうか。じゃぁ改めて。


・家族でファミレスに行った。

・わたし後ろに大きく伸びをした。

・隣に座っていた長女のうなじが見えた。

・わたし首筋噛んだ。

・長女の様子がおかしくなった。


いいか引くんじゃない。絶対にだ。そのまま、そのままだ。よーしいい子だ。

文面で見ると気色悪いことは認めますけどね。わたしとしては何の悪意もないイタズラの類なんですよ。

事実、長女も嫌がる素振りを見せるでもなく「うわぁー」っておどけていましたからね。誰も不幸にはなっていないんですよ。


ただ後日ですよ。

長女がわたしのところに来て「おとうさん首噛んでぇ」って言うんです。

何でって聞いたら「気持ちよかったから」って。


ヤバイヤバイ目覚めてる目覚めてる。

冗談じゃないっつーのよ。彼女が私くらいの年齢になってだね。ふと自分の性の目覚めをさかのぼっていった時に『ファミレスで父親に首筋を噛まれたこと』だと思い行き着いてしまったら、いったいどんな心持ちになるのか。もしかしたら大きな嫌悪感を抱かせてしまうかもしれない。もう家に遊びに来てくれなくなるかも知れない。孫に会えない!!


その後も3回くらい噛んで噛んで言われましたけど「俺は噛まない!なぜなら噛みたくないからだ!」と断固拒否したので事なきを得ましたが、あれはやっぱり性への目覚めだったんですかね


まだだよ。こんなことで目覚めるんじゃない。

何か他の手法で目覚めろ。机のカドでもシャワーの水圧でもいい。何ならわたしのように股間をどこかに押し付けまわってもいい。

ただしマッパでサビッサビの鉄柱はオススメしない。なぜなら生理を待たずしてお股が血だらけになるからだ。