俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

生理になりました。

 場所はきっとどこかの埠頭。突端に設置されていた簡易トイレに入り、用を足したあとにおしりを拭いたらティッシュに大量の血が付いていた。周囲の人曰く、どうやらわたしは生理になったらしい。夢の話だけど。


 ひと月ほど前のショッピングセンターにて。長女(12)がトイレに行きたいというので、わたしが付き添ってトイレの前で待っていた。

 ところが待てど暮らせど長女が出てこない。人のトイレを待つのはただでさえ長く感じるものだけど、それにしても遅すぎた。

 大丈夫かアイツ。自分がひり出した排泄物のオイニーでぶっ倒れてるんじゃねぇだろうな。多少心配になってきた頃、長女が陽気におまたせぇーとトイレから出てきた。


私「ずいぶん遅かったね。オナカ壊した?」


長「ううん出なかった。でも拭いたら何か茶色いのが付いてて気になったから」


私「世間ではそれをウンコという」


長「違くて。それとはちょっと違う感じの」


私「えーそれってもしかして血じゃないの? 生理になったんじゃない? ちょっとお母さん呼んでこようよ!」


長「ちょっと! 生理とかそんな大きな声で……。たぶん違うと思うけど」


私「何で違うのさ。ウンコじゃないなら血だろ絶対。それ以外のどんな体液が出せるんだお前は。髄か?」


長「だから生理とかウンコとかっ!!」


私「ねぇ○○ちゃーん(奥さんの名前)ちょっと来てー! なんか茶色い物質がーっ!!」


長「わーーーっ!!」


 ただのウンコでした。てへぺろ。使い方が合っているかどうかは知らない。


 ここまでのやり取りで、わたしという人間のデリカシーの無さが十二分に伝わったことと思う。確かにわたしはデリカシーが無いのかもしれない。でもいいじゃないか別に。ウンコなど誰でもするのだから。普段からブリブリしているクセにすました顔をするんじゃない。80年代のアイドルかよ。


 あとウンコのことを『ウ○チ(うまるち)』とかボカシて言うのもやめなさい。うんちもうまるちも大差ないことに気が付いていないのか? うまく隠したつもりかもしれないが、出てるよ。ほとんどハミってっからおいなりさんが。


 そこまで言うならはっきり言った方がよっぽど潔いぞ。それともお前のウンコはヴォルデモート卿か? 『名前を言ってはいけないあの人』かよもったいつけやがってぇ。モノの名前は正しく言うべきだとダンブルドア校長先生もおっしゃっていたじゃろ?

 

 結局は生理の血ではなく大便だったわけだが、正直、残念な気持ちもあった。というのも、わたしには娘の著しい成長を寂しく思う反面、親として娘の成長を早く見たいというワクワク感も併せ持っているからだ。

 だから長女の胸が膨らんできた時も、奥さんはまだ必要ないと言ったのに早々にブラジャーを買い与えたのはわたしだ。ブラジャーを着けた長女をひと目見てみたかったからだ。

 

 

 

 

違う、そうじゃない 


 久々のご登場に感謝する。

 そう。違うのだ。ヤバめの誤解しないでいただきたい。わたしは長女のブラジャー姿が見たいのではない。ブラジャーを着けるほどに成長した長女の姿が見たいのだ。人生の節目に着るウェディングドレスに目を細めて良いのなら、成長の節目で着けるグローイングブラジャーにだって、親として目を細めていいじゃないか。

 グローイングブラジャー。フフ。フフフ。

 

 そしてブラジャーと同じ理由で、成長した長女の姿を早く見たいがために『早く生理になればいいのに』と思っていた。だから前述の生理疑惑騒動が大便という形で収束したことに落胆していたのだ。

 だがそんなわたしに、奥さんは穏やかな口調でこう言った。


「生理なんて遅ければ遅い方がいいんだよ。辛いんだから」


 ですよねー……。

 申し訳ない。早く生理になればいいのになどと、あまりに無神経だった。

 下腹部の鈍痛やら頭痛やらダルさやらその他諸々の不調が月イチで訪れることが約束されている人生だぞ。しかも以前に何かで読んだことがある。生理の前後にもその影響で様々な不調が出るそうで、実質、生理の影響を受けてない日はほぼないらしい。ハードモード過ぎてクリアできる気がしない。


 わたしは男だけど、わたしなりに生理は辛いものだろうという事は分かるので、奥さんが生理になった時はできる限り楽をして欲しい。

 だから我が家には『らくらくデー』というシステムがある。生理になった1日目と2日目は、極力何もせずに楽をしてもらう。なぜ1日目と2日目なのかというと、奥さんはその辺りがもっともキツイらしいから。

 わたしの優しさをひけらかしたいわけではない。まぁ事実わたしは優しいんだけれども。相手が奥さんだから優しくて当然だ。


 でも10年くらい前にお義母さんがこんなことを言っていた。


「生理だからって甘やかさなくていいのよ。生理は病気じゃないんだから」


 奥さんの実家に行った時、生理だった奥さんにわたしが「生理なんだから座ってていいよ」と声をかけた時にそう言われた。

 明らかにトゲのある言い方だった。きっとご自分はそのように教育されてきたんだろうな。その経験からいえば、生理だからといって労っている(労られている)のが甘えに思えたのだと思う。


 わたしはといえば、病気かどうかではなく辛いかどうかで判断すべきであって、病気じゃなくても辛いなら大いに労るがいいじゃないか。これまでずっとがんばって生理と付き合って来たんだから、ここいらで少し荷物を下ろすくらいいいだろ。と言いかけたけど口をつぐんだ。生理について男性が女性に言及できることなどないし、するべきではないのかもしれないと思ったから。


 でもお義母さんの言うことにも一理あるのかもしれない。長女もそろそろ生理が始まるだろうけど、そうしたらわたしは長女にもらくらくデーを適用すべきなのか? 辛いことなのだから楽をすればいいという半面、これからずっと付き合っていかなければならない痛みに対して、これが通常営業だと慣れていくことも必要なのか? これは奥さんに要相談だな。


 だいたい早く生理になれ、などと無神経なことを言っていたわたしだが、いざ長女が生理になったら、わたしは見ていられるのか? 苦しんでいる長女の姿を。


 チーッス生理さん。あ、ウチまだいいっす。大丈夫ッス。