俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

いつやるか? 〇〇でしょ!

 やぁ。長年の努力がようやく実を結び、最近になって林修先生の名言「いつやるか? 今でしょ!」をさらに発展させた究極の至言「いつやるか? いつでしょ?」を完成させたわたしが降臨。分かんねえよ分かんねぇ答えになってねぇっつーの質問に質問で返すなってよく言われるけど何がいけないのかわたしには皆目見当も付きません。質問で返してきた人をたしなめる前に、ご自分の質問が果たして相手に通じる言い方であったのかどうか、まずそこを検証しくさった方がよろしいのじゃなくって? なんてお蝶婦人が言ってやしたぜアニキィ。さっき。部室で。

 

 さて。今のわたしは自分史上かつてないほどに髪が伸びています。というか伸ばしているのです。自らの意思でね。敢えてね。どのくらい長いかというと、襟足を引っ張ると肩に付くくらい。結構長いでしょ。


 髪が肩に付くといえば吉田拓郎さんの歌に『結婚しようよ』ってのがあって。


“僕の髪が肩まで伸びて君と同じになったら 約束通り町の教会で結婚しようよ”


 という歌詞で始まるんですけど、あなたの髪が肩まで伸びたら彼女の髪は腰あたりまで伸びてるかもしんないからコレ一生結婚できずに搾取され続けるパティーンじゃないかな、なんて拓郎氏が心配になった年の瀬の今。


 今回ほどではないにしても基本は常に髪が長めなのですが、残念ながら周りからの評判はあまりよろしくないのです。今はそうでもないですけど、義父などはわたしの顔を見るたびに「ちょっと髪長いね。そろそろ切った方がいいんじゃないの?」ってうるさいのうるさくないのって超うるせぇのでありんすよ南方先生。


 何だこの野郎。自分こそ温泉記号みてぇなアタマしやがってよぉ。冷まして湯気の部分無くすぞ。俺があんたの顔を見るたびに「ちょっと髪薄いスね。いっそのこと全剃りした方がいいんじゃないスかぁ?」とか言ったらどないする? ねぇどないするねん? なぁどないしはりますのん? あなたが言っているのはそういうことよ。言うほど腹は立たないけどね。俺も人間が出来てないからちょっとはイラッとするんだよ。


 同じ会社の女性なんかにも「髪長いね。切ったら? その方が似合うよ」って言われたことが何度かあります。あのね。マイルドに言ってくれたつもりかもしれないけど、短い方が似合うってのは逆に言えば「長いのは似合わんぞ」って言ってんのとなんら変わらんのよ。わたしがあなたに「長い髪似合わないから切ったら?」って言っても納得してくれんのかね。そんで言われた通り切ったとして、それが絶望的に似合わなかったら「短い髪も似合わないから、全剃りしたら?」って言ってもいいの? ダメなんでしょどうせ。ついでに言えばあなたに似合うと思われる髪型を目指してねーのよ俺。


 分かりますよ。多分ですけど悪気なんてこれっぽっちもないんでしょう。じゃなきゃ他人の髪型に対してそこまで切り込んだコメントは言えるもんじゃないですから。そりゃね。あなたは髪の長いおっさんが近くにいたらうっとおしいでしょうよ。わたしだって人に好感を与えているとは思ってないです。でもわたしが好きでしている髪型よ。別にその髪であなたの頬をペシペシしているわけじゃないでしょう? あなたがどう思おうと勝手だけど、それを本人を前にして口に出すのはデリカシーがなくない? なんて今までこのブログで人のことを散々ハゲだのハゲだのあるいはハゲだの言ってきたわたしが言えることではないですよねスイマセン。


 まぁそんなわけですから、わたしはいま髪を後ろで結んでいます。これが厄介んですけどね。自分自身は長い髪が好きなんですけど、でも長い髪をうっとおしいと感じているのは誰あろうわたし自身なんです。なので後ろで結んでいないと落ち着かないんです。


 じゃあそこまでしてなぜ髪を伸ばすのかという話なんですけど、そこにはちゃんとした理由があるんです。このブログでも何度か触れていますが、わたしの前頭部の毛量が日を追うごとに乏しくなって来てまして。それがいまわたしが髪を伸ばしている大きな理由なんです。

 このままだとわたしはハゲます。近い将来確実に。そうなってから長髪にと思っても遅いんですよ。ない袖はいくら振りたくても振れないんだから。わたしに残された時は少ないんです。ならいつやるか? いつでしょ? 違う今ですいま。何もせず座して死ぬのを待つわけにはいかんのですわ。


 そんな折も折り、とあるショッピングモールでこんなタイムリーなものを見かけました。


f:id:wp-dandy:20181228181259j:image


 ゴムの詰め放題です。やりましたよもちろん。だって今のわたしの必需品ですから。それにウチは子どもが2人とも女の子ですからね。元々わたしはいつも両手首に髪ゴムをはめているのです。


f:id:wp-dandy:20181228181320j:image


 右がわたしが詰めたやつ。左が奥さんの。結果は53個も詰められた。内訳は黒5、青7、緑1、黄5、ピンク11、赤24。わたしは赤が大好きなんです。赤がなければ黒よりPINKを選ぶ45歳男性それがわたしと知れ。


f:id:wp-dandy:20181228181405j:image


ちなみに奥さんは51個。


 もし街なかで、赤いダウンを来て赤いスマホをいじり、髪を赤いゴムで一つに結んでいる醜い中年男性がいたら、それは高確率でわたしです。もし見掛けても絶対に声はかけないでくださいな。わたしは極度の人見知り大魔王なのです。


f:id:wp-dandy:20181228181432j:image