俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

佐藤さんのトースト。

週末にトーストを焼いて食べた。


地球が太陽の周りを回っているという事実より、もっと厳然たる事実が存在する。

それは、名も無き中年男性が週末にトーストを食べた話など、誰も興味を持っていないということだ。


当のわたしですら興味がない。

だがそれでも読んでみて欲しい。いや、読んでみるべきだ。

なぜなら皆さんは、あの誇り高き織田無道の子孫達なの? そうなんだ知らなかったよ。


でも悪いけど、くだらない話はそれくらいにしてもらっていい?

そろそろ本題に入りたいんだ。

 

皆さんもご存知の通り、わたしがマヨネーズをこよなく愛するようになったのは、1086年に白河上皇院政を始めたことが直接の理由なんだけど。

最近そのマヨネーズを使ったおいしそうなトーストの存在を知ったんだ。


それがこのCM。

佐藤健さんが出演されている味の素のマヨネーズ『ピュアセレクト』を使った『焦がしマヨたまトースト』。

 

 

食パンの四辺にマヨネーズで堤防を築くという盤石の安全設計。

中央に生卵を落としオーブンで焼いたら完成という簡単時短調理。

これを見よう見まねでやってみた。

 


f:id:wp-dandy:20190715123732j:image

 

我が家にあったマヨはどうやらピュアセレクトではなかったらしく、堤防が白子みたいにきめえ感じと相成った。

マヨが堤防として機能するのか不安だったけど、ギリギリで決壊という最悪のシナリオは避けられたみたいだ。

 

これをデロンギさんの中に投入。

適切な焼き時間が分からないので、目視で確認しながらパンが焦げ過ぎないギリギリのところでオーブンから救出。

 


f:id:wp-dandy:20190715123748j:image

 

とても美味しそうなんだけど……。

卵は周辺の白身がわずかに固まっただけで、黄身はほとんど生のままなんだけど。これでいいの?

ほら、こんな感じ

 


f:id:wp-dandy:20190715123800j:image

 

食べてみたら美味しかったけど、これ卵が生すぎて上手に食べられないよ。

トーストにかじりつくと後ろから黄身がこぼれるし、後ろを気にしながら食べると前から黄身が溢れるし。

 


f:id:wp-dandy:20190715124313j:image

 

最終的にはお皿に黄身だけ落として食べた。黄身は最後に啜った。

 

何だいコレ。どういうこと?

こんなに生じゃなかったでしょCMの卵。

佐藤健さんは黄身を皿に落としてた? それ最後に啜ってた?

そんなかっこ悪い事してなかったよね。もっと上手にかっこよくかじりついてたよね。「うっま」とか言ってさ。


うるせえ。

佐藤健さんと俺の顔面偏差値に大きな差があることは知ってんの。

俺が佐藤健さんと同等レベルの顔面偏差値だったら、今ごろはあのCMに出て「うっま」って言ってんのは俺だし、逆刃刀を持ってござるござる言ってんのも俺なの。


そうじゃなくて。

卵の仕上がりがCMと違いませんかって。

だってあれ以上焼いたら卵はいい感じになるかもしれないけど、パンが焦げちゃうよ。

マヨネーズがピュアセレクトじゃないからって言い訳は苦しいぜ?

 

こんなんだったら、はじめからトーストとたまごを別々に調理して食うわ。

すりゃ別にマヨネーズで堤防を作る必要もないし。

こんなカロリーの塊みたいなもの食わなくて済むし。

そうじゃなくても最近不摂生と基礎代謝の低下でブタみてえにブクブク太ってるってのによぉ。勘弁してくれよ。

 

?「ちょっと待てよセンパイ。そのまま行く気かよ?」

先「あ? 誰だよお前?」

?「コイツ(ブタ)の隣に住んでる幼なじみっすよ」

先「それがどうしたよ。おまえにゃカンケーねえだろ?」

幼「センパイ、コイツ(ブタ)の気持ち考えたことあんの?」

先「あ?」

幼「コイツ(ブタ)は確かに太ってるかもしれないけどさ。別に不摂生でこんな体型になってるワケじゃないんだよね。そもそも生まれた時からこの体型だし、仮に太っていたとしても、それは人間の食料事情の都合で意図的に太らされてるだけじゃん」

先「何だよおまえ。年上に向かってその口の聞き方はよぉ」

幼「そんなのカンケーねえだろ。自分の思い通りにいかなかったからって、コイツ(ブタ)のせいにするのは違うだろ?年上年上っていうけどさ。オレ達よりニ年でも長く生きてんなら、それくらいのことも分かんねえのってカンジ?」

先「てめえ!」

幼「やんのかよ? いいけどさ。たぶんだけどオレ、センパイより強いッスよ?」

先「……チッ。相手にしてらんねー」

豚「牛くん!!」

牛「は、はは……。何だ、急に足にチ、チカラが入んなくなっちまったぜ」

豚「ムチャするからだよ。3年のセンパイ相手にして!」

牛「だってオレ、豚肉も好きだからさ。トンカツとか、普段お世話になってるし。何か許せなくて」

豚「もう!!」

牛「もう、はオレのセリフだぜ? 牛だけに。牛だけにモウって」

 

あ、飽きた。突然。

バイバイ。