俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

王様の耳がロバの耳なら、わたしの耳はシャアの耳。

四十にして惑わず。

 

論語の中で孔子がのたまったとされる言葉だけど、あれはウソだと思う。


もし孔子の言葉が本当なら、ランチパックのピーナッツと苺ジャム&マーガリンのどっちを買うかで、いつも乗っているバスが発車してしまうくらいに迷うことはなかったはず。


そして迷いに迷って選んだピーナッツをお昼に食べて、先々週に歯医者さんで付けてもらった仮歯がポロッと取れることもなかったはず。


何でピーナッツバターを食べて仮歯が取れなければならないんだ。先生まるで幼稚園児にカツアゲされた気分です。

相手はピーナッツバターだぞ? これが『Be-Dad's Bader』とかだったらわたしも納得するけどさ。何か強そうだし。


『Be-Dad's Bader』は、今年の4月に表参道に出来たかもしれないシアトル系かもしれないカフェかもしれないお店鴨。鴨南蛮がオススメ。機会があれば一度足を運んでみて。そしてもし本当に存在していたら是非わたしにも教えてください。一緒に驚きましょう。

 

仮歯が取れたその日はちょうど歯医者さんの日だったから、歯科衛生士のおねえさんに一応伝えておいた。

 

私「仮歯みたいの取れちゃった」


歯「あらら。いつ?」


私「えーとね。ランチパックのピーナッツ食べてる時。ウフフ」


歯「ハハ。いやそうでなくて」


私「あ。えーと、今日のお昼かな……」

 

おねえさんすごく冷静。そこは「ハハッ!!」でしょ。何だい「ハハ」って。昨夜未明にメスとケンカしてテンション低めのミッ○ーのマネ? それとも昨日飲みすぎて二日酔いでテンション低めの○ッキーのマネ? あるいは昨日飲みすぎて二日酔いでテンション低めのミ○キーの中の人のマネかな。


もう少しノッてくれても良くない? ドヤ顔で冗談を言ったわたしの立場も考えてくださいよ。

もう恥ずかしくて、わたしの耳はシャア専用になってしまったよ。ジョニー・ライデン少佐専用でも可だけど。


あ、名誉のために書いておくけど、この歯科衛生士のおねえさんはものすごくいい人。わたしは大好き。

 

ところで。

四十にして惑わず=『不惑』ではなく本当は『不或』であって、当て字が間違っていたのではという説もあるようだ。


その場合、不或=区切らずという意味になるらしく、40になっても自分を区切らず守りに入らずガンガン行こうぜオイって意味らしいから皆さんもやったりましょうや。


もう一花も二花も咲かせましょう。

狂い咲きでもいいじゃないですか。