俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

赤い腕時計。

腕時計にはあまり興味がない。


本当は腕時計はしたくない。その方が身軽だから。

でも時間を確認するにはスマホより腕時計の方が都合がいい。だからまぁいちおう腕時計は着けている。

 

でも腕時計をするからには気に入った物を身に着けたい。

でも興味がないので名の通ったメーカーの品である必要は全くない。

時刻が分かってデザインが気に入れば、100円の腕時計でも全然構わない。

でも気に入ったからと腕時計に万単位のお金を掛けるほどの価値観は見出だせないでいる。

 

そんなわたしが今年の初めに雑貨屋さんで買ってもらった腕時計がこれ。

 

 

f:id:wp-dandy:20190918234406j:image

 

 

かわいいナリしてるだろ。ウソみたいだろ。

1,000円なんだぜ。これで。

見やすいし安いし何よりかわいい。わたしが一目惚れをしたのは奥さん以外ではお前が初めてだよ。マジ卍。


この時計をしている時、中学生の甥っ子に「その時計いくら?」と聞かれた。

「1,000円だよ」と答えたらクスッと笑われて「オレG-SHOCK持ってるよ?」って言われた。

 

そんなんドヤ顔で言われても。あそーなの? ってしか思わないんだけどね。


つーかもしかしてオレいま見下されているのかな?

恥ずかしいか。いいトシこいた大人が1,000円の腕時計を着けてんのは。


聞いて驚け。こないだ買ってもらった時計なんて700円だぞ。過去最低価格を叩き出した伝説の時計だよ。

 


f:id:wp-dandy:20190918234509j:image

 

 

すごく気に入ってて満足してるけど、気温の差が激しいと文字盤の内側が結露するという初めての経験をさせてくれた特別な時計でもある。

 


f:id:wp-dandy:20190918234540j:image

 

 

あまりに安価だとこういう事もあるんだ。いい経験になった。


しかもコレ、おそらく女性モノなんだよね。ベルトも微妙に短いし。

でも気にしないんだ。女性モノでも気に入ったのならこちらの負けだ。

人がそれを見てどう思おうと関係ないね。柴田恭兵です。


今はどこに行くにもこの赤い時計ばかりを着けている。

 

見えるものなんだから、腕時計は出来るだけ良い物を着けなさいとアドヴァイスをされたこともある。

同僚はまさしくそういう考えの人で、数十万円をはたいてロレックスを購入した。カメラのキタムラで。分かるよ。ロレックスの正規販売店に入るのは敷居が高いよね。


いいよ。そういう価値観はいい。でもわたしにはない価値観だ。

数十万円を腕時計に費やすなら、その分を家族が欲しがっている物を買ったり、家族で美味しいものを食べに行ったり、家族で旅行したりする方がいいな。


気に入って着けているこの赤い腕時計が壊れた時のために、700円だけ残しといてもらえればそれでいいや。

 

でもこうも思う。わたしに経済力がないから腕時計に興味がないだけではないのかと。

経済力が底上げされたら、例えば年収が2倍になったら。わたしにとっての安い時計は2,000円になるのだろうか。

年収が10倍になったら、わたしは10,000円の時計を買うようになるのか。


違う気がする。何かロレックス買いに走るような気がする。


これはぜひ試してみたい。

そしてこのブログで報告したい。

そのためにはまずわたしの年収を10倍にする必要があるんだけど、誰かその方法を教えてもらえないですかね。


おっともうこんな時間だ。

エアロバイクを漕ぐ時間。

それでは失礼。