俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

ウチの会社に幽霊が出るらしいけどアナ雪2も観た(ネタバレなし)。

「ウチの会社、幽霊が出るんだってよ」


昼休み中の雑談で、同僚がそう教えてくれた。


桐島が部活やめる的なサラッと感で報告されても、気持ちの折り合いがつかない。

若い時に愛用していたギャッツビーのスーパーサラサラムースくらいにサラッと言われたので、整髪料に書いてある『ベタつかない』という謳い文句に何度もダマされた若き日の思い出が鮮明によみがえってきてしまい、同僚の頭を軽く小突いてしまった。


確かに前々からそういうウワサはあった。でもそれはあくまでウワサの域を出ない話であって。

わたしがそう言うと同僚は「火のないところに煙は立たない」と言うのだけど、でもそれはお前が火元をよく確認せずに火事だ火事だとアホみたいな顔で騒いでるだけであって、よくよく火元を確認してみればそれは煙などではなく、グリーンマイルのコーフィが口から金色のコバエを出しているだけかも知れないじゃないか。そっちの方が怖いじゃないか。


わたしにとって幽霊というのはテレビの中だけの話なんだ。いい歳こいたオッサン連中が肯定派と否定派に分かれて罵り合うその様を、酒でもあおりながらケケケと観てるのが最高なんだ。

幽霊とは言わばファンタジーの世界の住人であって、わたし的には幽霊はハリー・ポッターと一緒。ハリー・ポッターが突如として現実世界に現れ「どーもこんちはハリー・ポッターっす」みたいな雑な自己紹介もそこそこに東京駅のホームの柱に全力疾走して顔面強打で鼻血ブーして「あれおっかしいな」って当たり前だろバカ野郎。この日の本にホグワーツ魔法魔術学校行きの列車など来ないものと知れ。


みんなが目撃する幽霊の姿が一緒らしい。

グレーの作業服を着ているおっさんが血だらけの様相を呈していて、会社内の様々なところに出没するんだって。たまに首がない時もあるらしい。無くすなよ。たまに無くしていいもんじゃないだろ首は。ビニール傘じゃないんだから。


しかもいろんな場所に出没するということは地縛霊じゃなくて浮遊霊か。じゃあわたしがお気に入りで使ってる、あまり人の来ない少し奥まった場所にあるトイレとかにも出るんだろうな幽霊。マジか。もう誰にも邪魔されずにゆっくりウンコできないじゃん。


ここまでの話で、確かに何だかちょっとリアリティを帯びてきたことは認めるよ。でもそれじゃ幽霊否定派を辞任するわたしを納得させるには弱いよ。ていうか辞任しちゃったよ。こんばんわ。今日から幽霊肯定派になりましたわいだんです。


でも結局はウワサだから。わたしは見てないし幽霊。だからお前もいちいちそんなウワサに振り回されてないで仕事しろ同僚よ。お前が目を閉じて腕組みして天井を見上げて何かを考えているように見える時は、日本の起訴された場合の有罪率99.9 %をはるかに超えるイレブンナインの高確率で何も考えておらず寝ているのを知っているよ。

 

え、上の人たち呼んじゃったの? 除霊師さんを? マジで? いやマブで?

ヤヴァい。怖え。なんか急にとてつもなく怖え。リアリティの株価が急上昇だ。こんなことなら幽霊肯定派の株を買っておけばよかった。何だかんだ言ってわたしも宜保愛子さんとかで育った世代。否定派には所属しててもやっぱり怖いんだそういうオバケ系。


あ。数日前に上層部の連中が神主みたいな人の後をぞろぞろと付いて歩いてたのを見たけど、アレもしかして除霊師さんだったのか。

敷地内の建物を取り壊すために地鎮的なもので呼んだんだと思ってた。


だとしたら上層部の連中は一体なにを考えているのか。何でそこいらの神主を連れてきてしまうんだ。

すごい実力の持ち主なの? その神主が?

そんなにすごいの?アニメバージョンのフレンドライクミーをカラオケで90点に迫る高得点を出せるほどの再現度を誇るわたしより?

「アホーニューワー」でアラジンとジャスミン一人二役でこなしつつねっとりと歌い上げることのできるこのわたしより?


そんなこと知ったこっちゃない。そういう問題ではない。その神主さんはすごい人なのかも知れないけど、こっちの納得の問題なの。

ぽいやつを連れてこないと。もっと除霊師っぽいやつ。そうなったらもうそこは無道でしょ。織田無道しかいないでしょ。みんなが恐れる浮遊霊を成仏へと導いてくれる頼れる除霊師がkemioだったらどう思うの。絶対に除霊なんて出きなさそうだと思ったけど、意外と達観したあのノリで上手に除霊してくれそうな気がしてきた。あげみざわ


それはそれとして。

神主さんの後に付いて役員たちが神妙な顔をしているのを見ていると気持ちが良くて仕方がない。ふだん威張り散らしている奴らが借りてきた猫みたいな顔をしている。心地よい。心地よいついでにとお前とお前、それとお前は幽霊に祟られてしまえ。

おっとやめよう。人を呪わばアナ二つ。いやアナは一つでいいや。今のところそっちの趣味はわたしには無いので。

アナ雪2観た。イマイチだった。ぴえん。