俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

電車内のメイクは悪いと思わないけど、奥さんや娘たちにはやって欲しくない。 

わたしは鼻の下とあごにヒゲをたくわえている。


たくわえるって言えば聞こえはいいけど、大した手入れはしていない。伸びてきたらハサミで切るだけ。しかも鼻毛用の。


ヒゲを伸ばしている理由は2つ。


1.顔が引き締まって見える

2.剃るのが面倒


織田信長公にヒゲがなかったら貧相な顔になる。織田信成君にヒゲがあったら引き締まった顔になる。そういう事。これ以上の分かりやすい例があるなら提示して。


それにヒゲがあった方が小顔に見える。

家具類を一切置いていない部屋より、物がとっちらかった部屋の方が狭く感じるのと同じ理屈。たぶん。


でもいちばんの理由は剃るのが面倒。これに尽きる。

毎朝の出勤時にヒゲを剃る時間なんてあるはずがない。そんな時間があるならウンコの放出に費やす。ヒゲを剃るためだけに10分早く起きるのもまっぴらゴメンだ。


ヒゲですらそうなのだから、毎日きっちりメイクをして外出している人を、わたしは本当にすごいと思う。

奥さんも近所のコンビニに行くのですら簡易メイクを施す。大変だなと思うけど、でも早く出掛けたい時はヤダとも思う。


私「ねーもう早く行こう」


奥「メイクするから待ってね」


私「いいよメイクなんて。そんな事しなくても俺は君に夢中だよ」


奥「まぁ。お上手だこと」


私「ベッドの上ならもっと上手なところを見せられるぜ」


奥「あら。私を満足させる事が出来て?」


私「試してみるかい?」


奥「フフ。お手並み拝見」


みたいなやり取りはしないけど、メイクなんていいからすぐ出かけようぜ誰も見ちゃいねえんだよ自意識過剰になってんじゃねえぞブァブァーとはいつも言っている。

 

ヒゲを剃るのですら面倒なのだから、メイクをするのはもっと面倒だろう。だから電車内でメイクする事もアリだと思う。

電車内でのメイクには否定的な意見も多いと聞くけど、その行為自体に大した問題はなさそうに思えるんだけどな。


例えば電動シェーバーでヒゲを剃っている人が電車内にいたら、それはイヤだ。だってヒゲを撒き散らしてそうだから。

ヒゲってのは顔にある分にはまだいいけど、顔から離れ落ちた時点でものすごく不潔なものになる。ヒゲを切ったあとの洗面台を見ると、自分でもヒィッてなる。


でもメイクは違う。

ヒゲ剃りは汚いものを撒き散らしているけど、メイクは汚いモノをきれいに覆い隠そうという善良な行為だ。

ヤバイヤバイ。いま非常にマズい方向に話が進んでいる気がしてならない。


違くて。そうじゃなくて。

電車内でメイクをしても実害はないじゃない。粉が飛ぶとか匂いがキツイとか、そこまでのものかね。

満員電車で強行するとか、メイク道具を横において二人分のスペースを使ってるとか。そんなことじゃない限り、電車内でのメイクが問題とはどうしても思えない。


早い話が自分の倫理観というか道徳観に合わないってことじゃないかと。

でもそれなら分かる。

わたしも自分に実害がない限り、電車内でメイクする行為自体には何の問題も感じない。

でも道徳観としてなら、奥さんや娘にはやって欲しくない。


恋人や会社の人にすっぴんは見られたくないけど、電車の中の知らない人達には見られてもいいわけでしょ。その「知らない人にはどう思われてもいいや感」を勝手に感じてしまって苦手。

この人は好きな人とか偉い人の前ではニコニコするけど、そうじゃない人にはぞんざいな態度を取るんだろうなと、そこまで考えてしまう。

わたしの一方的な道徳観ではあるけど。


でもわたしは奥さんの前でチンコを見せるけど、でも電車の中でチンコは見せないぞ。

もし見せたら「あーこの人は電車の中でチンコ見せちゃう人なのね」って思われてしまうじゃないか。いやそれは単に猥褻物公然陳列罪。いったい何を言っているんだわたしは。