俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

意匠性と利便性のはざまで。

扇風機が壊れたので新しいのを買うことにした。

 

壊れたっていっても首が回らなくなっただけで羽は回るから、風を発生させるという基本的な機能は失われていないんだけど。

でも一部の機能が失われただけなのに、新しい物に買い換えないとならないなんて。

 

この壊れた扇風機を見て、同じ課で働くオジジのことを思い出した。

このオジジは定年後に働ける5年の嘱託期限が迫っていて、あと数ヶ月で長年勤めた会社にI Love You SAYONARAすることになる。

全然悲しくはないんだけど。だってちょっとクセが強いんだこのオジジ。

オジジのクセについてはこの記事に詳しいから読んでみて欲しい。

 

 

wp-dandy.hatenablog.com

 

 

会社の規定としては65歳でおしまいだけど、オジジ本人的にはまだまだ働けるという気持ちはあるだろう。働きたいかどうかは知らないけど。

嘱託期限が過ぎるというだけで、まだ働けるのに会社を去らなければならないオジジ。

風を起こすことは出来るのに、首が回らなくなっただけで買い換えられてしまう扇風機。

時には起こせるはずだったムーブメントを起こせなくなってしまったH Jungle with t

この三者に、何か共通した物悲しさを感じてしまった。あ、浜ちゃんは単なるとばっちり。わたし浜ちゃん大好きです。

 

 

新しい扇風機はアイリスオーヤマのにした。他にパナソニックや日立なんかの製品もあったけど、アイリスオーヤマ安かったから。

 

 

 

 

他の人はどうか知らないけど、わたしのイメージではアイリスオーヤマは安かろう悪かろうのメーカー。予算の都合で選ばざるを得ないメーカー。申し訳ないけどそれが正直な感想。

ステレオを買おうとして家電屋さんに行ったけど、予算の都合でパイオニアじゃなくてアイワを買った若かりし頃のわたしを思い出したな。分かる人には分かってもらえるはず。

 

少ししてAmazonから届いた扇風機は、ちゃんと作りがチープだった。一つ一つの部品が安っぽい。でもこれをしてアイリスオーヤマが悪いということではなくて、払った値段相応ということだと思う。

だから文句はない。一人1万円くらいの宿泊費しか出していないのに「料理がイマイチ」「部屋がボロい」「従業員の態度が悪い」とか、まるで自分が一流ホテルに泊まっていると勘違いしてホテルのレビューに言いたい放題に書き散らすような、わたしはそんな人間じゃない。

 

でもイマイチな点が2つあった。

一つは首を旋回させるとキシミ音がすること。わたしは神経質だから、寝静まった部屋で聞こえる空気清浄機の作動音ですら気になるんだよ。

ホラ、わたしは家族の前でオナラはしない派の男性じゃない? だから夜中、家族が寝静まった頃にそっと、本当にそうっと放屁するんだ。でも我が家の優秀な空気清浄機が全力で匂いを中和しにかかってゴーッとか爆音をたてるからきっとバレてるね放屁。

この空気清浄機は、わたしが仕事から帰ってきた時もゴーッていう時があるから、ご主人に対してそんな態度を取るならもうぶっ壊してやろうかと思っている次第だよ。

あ。首振り時のキシミ音は、必殺仕置人の念仏の鉄みたいに首のあたりをゴリッてしてやったら治ったから不問といたす。

 

もう一つイマイチだったところがあって。首の旋回を司るスイッチがない。

分かるかな。一昔前の扇風機ってこの辺りに上下するツマミがあって、そこで首振りを制御していたでしょ。こういうの。

 

 

f:id:wp-dandy:20200529235909p:plain

赤線が現場。

 

 

ないんだよそれが。

こないだお風呂上がりに暑くて扇風機をつけて。首が回ったから止めようと思ったらツマミがなくて。仕方ないから下部の操作パネルのボタンで首振りを止めたんだけど、その時にわたしの枝毛バリッバリのロングヘアーが巻き込まれそうになって。危うく毛髪をごっそりいかれるところだったの。

いくら安価でも人様の毛根を奪うようじゃ家電としては失格でしょ。自然の摂理で脱毛してしまうならまだしも、これじゃ脱毛じゃなくて奪毛だよ。フフ。フフフ。

 

でもこれはアイリスオーヤマだからっていうか、パナソニックや日立なんかの大手家電メーカーでも付いてなさそうなんだよね。

何ていうか、意匠性を優先し過ぎて利便性を犠牲にしているんじゃないかと思う。

 

あと300円を販売価格に上乗せしてもいいから、ぜひ首振りのツマミを復活させて欲しい。

わたしの心もとない毛髪が巻き込まれてしまう前に。