俺があいつを見返す日。

俺があいつを見返す日。

わたしがある人を見返すための意思表明として立ち上げたブログです。日々のこと、夫婦のこと、子育て、商品レビューなど、なんでも。

エブリデイ献立。

ウチのご飯は奥さんが作ってくれている。おいしいやつ。奥さん料理上手だからね。


結婚してからも娘たちが生まれてからも、自身が働きだしてからもそれは変わらなくて。十数年に渡って朝昼晩、ずっとわたし達のご飯を作り続けてくれている。きっとこれからも。全くもって感謝に堪えない。


でも別に奥さんがご飯を作らなきゃならない義務はどこにもないわけで。だから食事作りを分担しようとか、週末のご飯作りはわたしが担当するとか、そういう提案は何度かしたことがある。でもそのたびに奥さんから丁重に断られた。


理由は3つ。わたしに負担をかけたくない。あまりキッチンには立ち入って欲しくない。そして何より家族のために料理を作ってあげたい。好きでやっている事だから大丈夫なんだって。


いくら好きでも大変には違いない。で、何がいちばん大変なのって聞いたら、料理を作る事より毎日の献立を考えるのが大変なんだって。


だからパソコンで我が家のメニュー表を作った。奥さんが作ってくれる料理を毎回写真に撮ってメモをして。いわば奥さんの料理レパートリーの一覧。


奥さんにはすごく感謝された。ありがとうこれで毎日の献立を決めるのがとても楽になると。でもしばらくすると、奥さんがそのメニュー表を全然活用していないことに気がついた。


聞くと、メニュー表を作ってもらった事は嬉しかったと。でもそのメニュー表を見るたびに、自身のレパートリーの少なさが目に見えて嫌になってしまうんだって。


少ないだなんて、全然そんなことを思ったことはないけど。ただ異様な頻度で『〇〇丼』みたいなモノが出てくるなーなんて、そんな事をちょっと思ったことはあったけど。


多分だけど奥さんにとっては、一週間を5枚の服で着回しているような感覚なんだろうね。またこれ着るのか。わたしはこの服しか持ってないのかっていう。


じゃあレシピ本を見て作ってはどうかって提案してみた。ウチにはあるんだ。買ったはいいけどほとんど使っていなさそうなレシピ本が腐るほどに。


それを使って週末に一週間分の献立を決めて、その分の食材をまとめて買ってしまう。それで少しは献立を考えるのが楽になるんじゃないかと。

ただ、毎日レシピにあるような凝った料理は大変だから、比較的お手軽に作れるようなレシピ本を使うとかの工夫もして。


この方法は今のところ結構うまく行っているみたい。奥さんも毎日のメニューに悩むことはあまりなくなったというし、いろんな料理を作れて楽しいと。食べる側も楽しい。毎日の食事が前よりもっと楽しいものになった。使っていなかったレシピ本も活用できていいことだらけ。


ただ、前にも増してレシピ本が尋常じゃなく増えた。そしてまだまだ増え続けている。

この分だとミニマリストへの道は遠いかな。目指してないけど。ミニマリスト